頭皮の毛穴に皮脂が詰まるなどの炎症があり対策としてアミノ酸シャンプーなどがあります


頭皮の毛穴が炎症を起こす原因として皮脂詰まりなどが挙げられます。

また、紫外線や空気の乾燥、さらには肌質に合っていないシャンプーや、すすぎをきちんと行わなかったなどさまざまな原因が考えられるのです。

対策として、刺激の強すぎるシャンプーからアミノ酸シャンプーなどに変えたりすることが挙げられます。

また、規則正しい生活や食生活に注意することも大切でしょう。

これらの対策は皮脂の過剰分泌予防に役立つからです。

頭皮はデリケートなので毛穴に皮脂が詰まると炎症が起きやすいです

頭皮のトラブルとして代表的なのが毛穴の炎症です。
赤みだけではなくかゆみやフケなどが症状として考えられます。

なぜ炎症が起きてしまうのかは、さまざまな理由が考えられています。
たとえば、髪の毛のカラーリングやパーマなどが挙げられるでしょう。
基本的に頭皮はデリケートな部位なためにちょっとした負担が炎症などにつながると言われているのです。

ほかにも、夏場の紫外線によってダメージを受ける場合も少なくありません。

さらに、洗髪時にも注意が必要です。
たとえば、肌質に合っていないシャンプーを使ってしまうと頭皮環境が悪化する可能性が高くなりますし、きちんと洗い流さなければ、頭皮が荒れてしまう場合があります。

また、頭皮環境悪化の1つである皮脂の過剰分泌が起きれば、その皮脂とホコリが混ざり合って毛穴に詰まる場合があるのです。
そのため、老廃物が出づらくなって皮脂が酸化すれば、過酸化脂質という物質により皮膚が刺激を受けてしまうことがあるのです。

頭皮の乾燥によって頭皮バリアが低下している状態になると、刺激を受けて炎症につながる場合もあります。
また、間違ったドライヤーの使い方をするのも刺激となるので注意が必要です。

このように、頭皮の炎症へつながる原因はたくさんあり、それぞれに対策やケアが必要なのです。

シャンプーの見直しも検討してみましょう


頭皮の炎症が起きると、赤みが出るだけではなくかゆみ、さらには痛みが生じる場合もあります。
フケなどが大量に発生することもあり、見た目的な印象も良くありません。

また、毛穴の炎症が起きた場合は薄毛や脱毛の症状が悪化することがあるのです。
毛穴の炎症が生じたならば、基本的に皮膚科に相談するのがよいでしょう。

ただ、そのような状態になる前に、日常的なケアをする必要があります。
まず考えておきたいのはシャンプーの見直しです。

たとえば、石油系合成界面活性などが含まれている洗浄力の強いシャンプーを使用しているなら注意が必要でしょう。
一般的に販売されている安価な製品に含まれていることが多く、汚れを取り除くという部分だけで考えるなら悪くないのですが、必要以上の皮脂を取り除いてしまうのです。

皮脂の過剰分泌は毛穴詰まりからの炎症を引き起こす原因の1つですが、不足をすると頭皮の乾燥につながります。
そのため頭皮の皮脂量はバランスが保たれていることがよいと言われているのです。

アミノ酸系シャンプーは頭皮に優しいため、必要以上に皮脂を取り除くことが期待できます。
頭皮の皮脂量について正常なバランスを保つ助けとなるので、頭皮環境を守りたいなら検討するのもよいでしょう。

不規則な生活や食生活も見直しましょう

シャンプー以外にも頭皮環境の乱れる原因はいくつかあります。

たとえば、生活習慣の乱れは頭皮のターンオーバーの乱れにつながると言われています。
これは不規則な生活によって自律神経が乱れてしまい、血行が停滞する可能性が考えられるからです。血行が停滞すれば頭皮に栄養分が十分に届くなる場合があります。

そうなると頭皮環境が修復しづらくなるので悪循環につながるというわけです。

規則正しい生活以外には頭皮マッサージなどを行うのもよいでしょう。
頭皮マッサージは頭皮の血行にアプローチをして、スムーズな流れ対策が期待できるからです。

食生活に関しても脂質や糖質がたくさん含まれた食べ物を食べすぎるのも良くありません。これらの食べ物は、皮脂腺を刺激して皮脂の過剰分泌を引き起こすと考えられているからです。

逆に皮脂ではなく頭皮の乾燥が生じたなら、ローションを使用して保湿ケアをするのもおすすめです。

また、ドライヤーに関しては同じ箇所にずっと熱い風を送らないことが挙げられます。

熱風により頭皮が乾燥しやすくなるだけではなく、髪の毛が傷む原因の1つになるからです。

このように頭皮の毛穴の炎症を防ぐためには頭皮を清潔にし、頭皮環境を整え、皮脂の過剰分泌を防ぐことを考えることが対策として期待できるのです。

(まとめ)頭皮の毛穴が炎症を起こす原因や対策って何があるの?

1.頭皮の毛穴に皮脂が詰まるなどの炎症があり対策としてアミノ酸シャンプーなどがあります

頭皮の毛穴が炎症する主な原因は皮脂が詰まってしまうことが挙げられます。
そのため使っているシャンプーや洗髪方法などに注意し、皮脂の過剰分泌を引き起こす不規則な生活や食生活の見直しが大切でしょう。

2.頭皮はデリケートなので毛穴に皮脂が詰まると炎症が起きやすいです

頭皮トラブルを引き起こす主な原因の1つが毛穴の炎症です。
頭皮を傷ませるパーマやカラーリング、紫外線などが原因として考えられますが、頭皮環境に適さないシャンプーにも注意しましょう。

皮脂の過剰分泌につながる可能性があるからです。

3.シャンプーの見直しも検討してみましょう

石油系合成界面活性剤が含まれたシャンプーは洗浄力が強すぎて必要量の皮脂を取り除く可能性があります。
毛穴の炎症対策として、頭皮の皮脂量はバランスを保つ必要があるからです。

そのため皮脂のバランスを保ちつならアミノ酸シャンプーがおすすめです。

4.不規則な生活や食生活も見直しましょう

シャンプーの見直しばかりではなく、不規則な生活や食生活にも注意しましょう。
頭皮の皮脂量を増やすことにつながる場合があるからです。
また、乾燥をしたなら、保湿ケアなどをするのも大切です。

総合的なケアをして炎症予防をしましょう。