日焼け後の頭皮ケアを怠ると、育毛を妨げる恐れがあります


頭皮も皮膚の一部なので、日光にあたると日焼けします。
レジャーなどで長時間頭皮が紫外線にあたった場合は、数日後に皮がむけてしまうことも。

なぜなら、紫外線にさらされた頭皮表面の細胞はダメージを受け、死んだり、傷ついたりしているからです。
本来、死んだ細胞はターンオーバーによってゆっくり剥がれるはずが、一気に剥がれ落ちてしまうのです。

とはいえ、剥がれた皮の下には新しい皮膚となる細胞が控えているので、きちんとケアしてターンオーバーが正常化すれば、健康な状態を取り戻せます。
ところが、何の対策もしていないと、未熟な細胞がムリに押し上げられているので乾燥しやすくなっています。

また、皮膚のバリア機能も弱まっており、かゆみなどの不快な症状や湿疹などの頭皮トラブルに進行し、髪の成長にも支障をきたす恐れがあるので注意しましょう。

万が一、日焼け後に皮がむけてしまったら、早めに適切なケアをして、頭皮環境を整えることが大切です。

頭皮の皮むけには保湿ケアでターンオーバーを促進!

日焼けした後、皮がむけるのは紫外線によって死んだり傷ついたりしている細胞を排出するためです。これは、自然な細胞の生まれ変わり―ターンオーバーのサイクルが乱れた状態だといえるでしょう。

またムリに成長途中の未熟な細胞を表皮に押し上げるわけですから、保湿力もバリア機能も未熟。
放っておけば、さまざまな頭皮トラブルを招いてしまいます。

そこで有効なのが肌の生まれ変わりを助けてあげるケアです。
そのひとつが頭皮ローションや乳液、オイルなどを使った保湿ケア。
頭皮に水分を与えることで新陳代謝が促進され、肌の生まれ変わりがスムーズに行われるようになります。

保湿ケアを実践して、新陳代謝をサポートしてあげれば、バリア機能も正常化し、より早く頭皮環境を整えられるといわれています。

ムリに皮を剥がさないように注意しましょう


保湿ケアを実践しても、死んだ細胞を生き返らせることはできないので、すぐに皮むけがおさまるわけではありません。

そのため、どうしても数日間は皮むけが起こってしまいます。
皮がむける期間は、気になって剥がしたくなることもあるでしょう。

しかし、ムリに剥がしてしまうと、新しい皮膚まで一緒に剥がしてしまったり、炎症を広げてしまったりする恐れがあります。

かえって頭皮環境を悪化させてしまう危険性があるので注意しましょう。

日焼け後の皮むけは、適切なケアをすれば徐々に落ち着いてきます。
自然に皮むけがおさまるまで、必要以上に剥がさないように気をつけてください。

また、皮がむけた後もしばらくは非常にデリケートな状態です。
シャンプーの時にもゴシゴシこすったり、かきむしったりすることがないように気を配りましょう。

普段から頭皮も日焼け対策をすることが大切です

紫外線によって傷ついた頭皮の皮むけを、後からケアしても予防できません。
頭皮の皮むけを防ぐには、事前に紫外線対策を施しておくことが重要です。

外出時は日傘や帽子で頭皮に紫外線が頭皮にあたらないようにしましょう。
また、分け目を定期的に変えて、同じ場所ばかりに紫外線があたらないようにしてあげることも大切です。

さらに長時間紫外線にさらされる場合は、スプレータイプの日焼け止めを活用するのも方法のひとつです。
日焼け止めにはさまざまなタイプがありますが、髪が密集している頭部には使いにくいものばかり。

しかし、スプレータイプの日焼け止めなら、外出する前にさっとスプレーするだけで、手軽に頭皮はもちろん、髪の毛の紫外線によるダメージも防げるのでおすすめです。

一度紫外線によりダメージを受けてしまった細胞を回復させることはできませんし、皮むけを食い止めるのは難しいので、なるべく事前に対策をしておくようにしましょう。

(まとめ)日焼けによる頭皮の皮むけ…ケアしたほうがいい?

1. 日焼け後の頭皮ケアを怠ると、育毛を妨げる恐れがあります

頭皮も他の皮膚と同じように日焼けし、ひどい場合には皮がむけることがあります。
皮がむけるのは、紫外線によって死んだり傷ついたりした細胞を排除するためです。

ターンオーバーが乱れ、乾燥しがちになっているので、そのまま放置していると、育毛にも悪影響を与える可能性があります。

2. 頭皮の皮むけには保湿ケアでターンオーバーを促進!

頭皮の皮むけが起こってしまったら、保湿ケアを行い頭皮のターンオーバーをサポートしてあげましょう。
また、保湿ケアは、紫外線により乾燥しやすくなっている頭皮のバリア機能を高め、皮膚を早く正常化させるのに役立ちます。

3. ムリに皮を剥がさないように注意しましょう

保湿ケアを実践したからといって、死んだ細胞はもとには戻りませんし、皮むけを完全に防げません。
しかし、気になるからと皮をムリに剥がしてしまうと、新しい細胞まで剥がしてしまい、炎症を広げてしまう恐れもあります。

皮はムリに剥がさず、自然におさまるのを待ちましょう。

4. 普段から頭皮も日焼け対策をすることが大切です

頭皮の皮むけを防ぐには、日頃から紫外線対策を行うことが大切です。
日傘や帽子で頭皮を保護する、日焼け止めスプレーを活用するといった対策を行いましょう。

また、分け目を変えるといった方法も頭皮の一部に負担をかけない日焼け対策のひとつです。