皮脂の酸化やターンオーバーのリズムの乱れが原因かも


夏のレジャーではついつい頭皮も日焼けしがち。
日焼けした直後、あるいは数日後に、頭皮の脂っぽさが気になったという経験を持つ人も、いると思います。

日焼けした直後に感じる頭皮の脂っぽさは、紫外線の影響による皮脂の酸化が原因かもしれません。日焼けとともに汗もかき、雑菌の繁殖しやすい状況に陥っている可能性があります。

また、このようなダメージを受けた後は、頭皮のターンオーバーのリズムが乱れがちです。

日焼けは皮膚の乾燥を生み、そのうちひび割れたり剥がれ落ちたりして、肌の日焼けと同じ状態になります。
乾燥した頭皮は、自己防御のために皮脂を過剰に分泌することもあります。

このような日焼け後頭皮の脂っぽさを軽減するためには、やはり日焼けをしない工夫が第一といえるでしょう。

また、日焼けしてしまった後のケアを心がけ、頭皮のターンオーバーのリズムを整えることが重要です。
乾燥が予想される日焼け後の頭皮には、保湿を意識したヘアケアが効果的です。

紫外線が頭皮にダメージを与えています

顔や腕など、肌の日焼け対策は万全でも、頭皮についてはついつい後回しになりがちではないでしょうか。
頭皮は直射日光にさらされやすく、体の中でもっとも紫外線のダメージを受けやすい場所といえるでしょう。

長時間紫外線にさらされた頭皮は炎症を起こし、頭皮を保護している皮脂が酸化して脂っぽさやニオイの原因となる恐れがあります。

肌の日焼けを経験した人なら想像がつくと思いますが、頭皮も日焼け後は水分が奪われて乾燥状態となります。
つっぱったような感覚の後は皮膚がひび割れたり剥がれ落ちたりして、再生されるまで時間を要するのです。

その後もターンオーバーのリズムが整わず、乾燥肌から抜けきれない状態が続いてしまうこともあります。

極端な乾燥状態は、頭皮の過剰な皮脂分泌を呼び起こし、いつもは気にならなかった脂っぽさを感じるようになるかもしれません。

頭皮の日焼けを防ぐ対策を万全にしましょう


何といっても大切なのは、頭皮の日焼けを防ぐことでしょう。
夏は少しの外出でも帽子や日傘を用意し、直射日光に当たらないことが大切です。

秋冬でも、長時間外で過ごす時は、同じように帽子などをかぶるようにしましょう。

赤くなるほど日焼けしなくても、紫外線の影響を長く受けると、ダメージから頭皮の乾燥を引き起こすことがあるからです。

最近では、髪や頭皮にも使用できる日焼け止めも登場しているようです。
塗るものやスプレーのものなど、タイプはさまざまあります。

使いやすいものを試してみるとよいでしょう。

1日限りの極端な日焼けはもちろん回避したいところですが、気づかないうちに積み重なる日常的な日焼けも、頭皮へのダメージを生むことがあります。

細やかな対策をしていくようにしましょう。

日焼けしてしまった後の頭皮ケアはやさしさと保湿

海や山のレジャーなどで日焼けしてしまったと感じたら、その日から数日はいつも以上にやさしい洗髪を心がけましょう。

頭皮を強くこすったりせず、指の腹でなぞるように洗います。
赤くなってヒリヒリするほど日焼けしたと感じた日は、シャンプーを使わないことがおすすめです。

洗髪後は、きちんと髪や頭皮を乾かし、頭皮用のローションで保湿をしましょう。
頭皮専用のローションが用意できない時は、顔用の化粧水でもよいという皮膚科医師によるアドバイスもあるようです。

その場合は、美白成分やアルコール成分が含まれていると刺激が強い場合があるので、シンプルな自然派化粧水などを選ぶとよいかもしれません。

数日経って日焼けの炎症が治まったら、自宅で簡単ヘッドスパやヘアパックなどをおこない、頭皮の保湿をすすめましょう。

(まとめ)日焼け後の頭皮、脂っぽさが気になるのはなぜ?

1. 皮脂の酸化やターンオーバーのリズムの乱れが原因かも

日焼けした直後に感じる頭皮の脂っぽさは、紫外線の影響による皮脂の酸化が原因かもしれません。
また、このようなダメージを受けた後は、頭皮のターンオーバーのリズムが乱れ、頭皮の乾燥状態を引き起こすことがあります。

2. 紫外線が頭皮にダメージを与えています

頭皮は直射日光にさらされやすく、体の中でもっとも紫外線のダメージを受けやすい場所でしょう。
顔や腕と同じように、頭皮も日焼け後は水分が奪われて乾燥状態となります。
極端な乾燥状態は、頭皮の過剰な皮脂分泌を呼び起こす恐れがあります。

3. 頭皮の日焼けを防ぐ対策を万全にしましょう

夏は少しの外出でも帽子や日傘を用意し、直射日光に当たらないことが大切です。
秋冬でも、長時間外で過ごす時は、同じように帽子などをかぶるようにしましょう。

最近では、髪や頭皮にも使用できる日焼け止めも登場しているようです。

4. 日焼けしてしまった後の頭皮ケアはやさしさと保湿

日焼けしてしまったと感じたら、いつも以上にやさしい洗髪を心がけましょう。
炎症がひどいと感じた日は、シャンプーを使わないことがおすすめです。

頭皮用のローションを使ったり、炎症が治まったらヘッドスパやヘアパックなどしたりするなど、保湿を目指しましょう。