体の内と外の両方を意識したケアを始めましょう


鏡を見ていて、ふと髪の生え際が薄くなっているような気がしたことはありませんか?
20代から30代、40代と年齢を重ねるうちに、同じようなヘアケアやスタイリングを続けていると、ある時から頭皮トラブルやスタイルの違和感を覚えるようになることがあります。

わずかな変化ですが、年齢による薄毛が始まるサインかもしれません。
女性の髪の毛は、女性ホルモンの働きによって健康に保たれている面があります。

30代以降の体の変化や、妊娠・出産後のホルモン減少(通常の分泌量に戻る時期)などの影響で、髪の量や質が変わってくることがあります。
女性ホルモンの減少で、相対的に、体内の男性ホルモンが優位に働くようになるためです。

食事面や生活習慣の工夫で心と体を大切にし、減少する女性ホルモンの働きを補う工夫をしていきましょう。
疲労の蓄積やストレスをできるだけ軽減していくことも重要となります。

また、これまで続けてきたヘアケアやスタイリングを見直し、効果的な方法を試してみるのもおすすめです。

女性の薄毛には女性ホルモンの影響も考えられます

年齢を重ねるうち、ある時気づく、ヘスタイルの違和感。

それが髪の量や質の変化の始まりかもしれません。
女性の髪が健康に保たれるには、女性ホルモンの働きが重要とされています。

女性ホルモンの分泌量は、20代をピークに徐々に減少していくといわれています。
その減少量はわずかなものですが、体の不調を実感するよりも前に、肌や髪への影響として現れることも多いようです。

また、妊娠・出産時はホルモン量が増加しており、その後通常の分泌量に戻る時期に、急な抜け毛や薄毛が始まる場合もあります。

これらの変化を完全に防ぐことは難しいとしても、気づいた時からさまざまなアプローチで影響を軽減する工夫は可能です。
体の内と外の両面から改善していきましょう。

食事や生活習慣の工夫で女性ホルモンをサポートしましょう


大豆製品などに含まれるイソフラボンは、体内で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるといわれ、積極的に摂取するのがよいとされています。

ホルモンバランスを整える栄養素としては、ビタミンB類、ビタミンE、ミネラル類(鉄・亜鉛など)があげられるでしょう。
中でも亜鉛は、髪の毛の細胞分裂を促進させ、発毛・育毛を促す働きをするため、ホルモンと髪の毛の両方にアプローチしてくれる栄養素として期待できます。

また、インスタント食品や脂質の多い食事、アルコールの過剰摂取は、ホルモンバランスを乱す要因となることがあるので、注意しましょう。

睡眠の質を上げて休息をしっかりとることで、女性ホルモンを正常に分泌する助けになるとともに、髪の毛の生成に関わる成長ホルモンの分泌もスムーズになるでしょう。

女性専用のヘアケア剤や頭皮マッサージも効果が期待できます

最近では、女性の体の仕組みを研究して開発されたサプリメントや、「女性ホルモンの低下」に着目した豆乳発酵液を配合したヘアケア剤なども登場しています。

洗髪時に頭皮をやさしくマッサージするのもよいでしょう。

ホルモンバランスを整えてくれるツボの中でもおすすめなのは、内くるぶしの上から指4本上あたりにある「三陰交(さんいんこう)」、内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみにある「太谿(たいけい)」です。

親指をツボに当て、3秒ほど抑えて離す、を繰り返します。

また、頭皮の血行をよくするツボとして有名なのは、頭のてっぺん、両耳を結ぶ線と顔の中心が交わるところにある「百会(ひゃくえ)」です。

手のひらで頭を包み、左右の中指を重ねるように置いて、3秒ほど抑えて離す、を繰り返します。

毎日の習慣にしていくとよいでしょう。

(まとめ)生え際が気になり始めたら、どんな頭皮ケアがおすすめ?

1. 体の内と外の両方を意識したケアを始めましょう

30代以降の体の変化や、妊娠・出産後のホルモン減少で、髪の量や質が変わってくることがあります。
食事面や生活習慣の工夫で心と体を大切にし、減少する女性ホルモンの働きを補うとともに、これまで続けてきたヘアケアやスタイリングを見直してみるのもおすすめです。

2. 女性の薄毛には女性ホルモンの影響も考えられます

女性の髪が健康に保たれるには、女性ホルモンの働きが重要とされています。
女性ホルモンの分泌量は、20代をピークに徐々に減少していくといわれています。

これらの変化を完全に防ぐことは難しいとしても、気づいた時からさまざまなアプローチで影響を軽減していきましょう。

3. 食事や生活習慣の工夫で女性ホルモンをサポートしましょう

女性ホルモンに似た働きをしてくれるといわれるイソフラボンや、ホルモンバランスを整えてくれるビタミンB類、ビタミンE、ミネラル類(鉄・亜鉛など)を摂取しましょう。

また、インスタント食品や脂質の多い食事、アルコールの過剰摂取を控え、睡眠の質を上げることで、ホルモンの分泌もスムーズになるでしょう。

4. 女性専用のヘアケア剤や頭皮マッサージも効果が期待できます

最近では、女性の体の仕組みを研究して開発されたサプリメントや、豆乳発酵液を配合したヘアケア剤なども登場しています。

ホルモンバランスを整えてくれるツボ「三陰交(さんいんこう)」や「太谿(たいけい)」、頭皮の血行をよくする「百会(ひゃくえ)」などを押す習慣を続けていくとよいでしょう。