頭皮の皮脂過剰は毛根にもダメージを与える可能性があります


頭皮の脂っぽさとともに、薄毛や抜け毛が気になっている女性も多いでしょう。
頭皮は髪の毛を健康に保つ土壌ですから、その頭皮のコンディションが悪くなると発毛や育毛にも影響が出る恐れがあります。

髪の毛は、毛根にある毛乳頭や毛母細胞の働きによって生えてきます。
この毛乳頭や毛母細胞の働きが弱まると、髪の毛が抜けやすくなったり、細くなったりするのです。

毛根の働きが弱まる原因にはさまざまありますが、頭皮の皮脂過剰により毛穴が詰まったり、ターンオーバーのリズムが崩れたりして、毛根を保護・栄養補給がうまくいかなくなることがその1つとしてあげられるでしょう。

頭皮の脂っぽさとともに薄毛や抜け毛が気になる場合は、頭皮環境を整える助けをしてくれるスカルプケアがおすすめです。
スカルプケア用のシャンプーやコンディショナーは、髪が生える土壌である頭皮環境を整え、毛根の活動を活発にしてくれる働きがあります。

頭皮の皮脂は、頭皮そのものの保護や髪の毛の保湿のために重要なものです。

頭皮の皮脂量を適切にコントロールするためにも、シャンプー剤や洗い方に気を配り、毛根の健康を促進できる頭皮を目指しましょう。

毛根を健康に保つ頭皮のコンディションが大切です

薄毛や抜け毛が気になり始めた女性の髪の毛は、毛根にダメージが起こっていることも考えられます。
日々ヘアケアに気を遣っていても、女性の髪の毛や頭皮は過酷な環境にさらされているのです。

頭皮が皮脂や埃、ヘアケア用品などによって汚れると、毛穴の詰まりや雑菌の繁殖を呼び起こし、頭皮トラブルから毛根の不健康につながることがあります。
頭皮は髪の毛を育てる土壌ですから、頭皮のコンディションの悪化は発毛や育毛にも影響を及ぼす恐れがあるのです。

一方で、頭皮が分泌する皮脂は、雑菌の繁殖を抑えるバリア機能、髪の毛の天然のコンディショナーとしての働きをする必要なものです。
頭皮を清潔に保とうとしてシャンプーで皮脂を取りすぎるのも、毛根の健やかな維持を損なう可能性があります。

皮脂を適量に保つ健康的な頭皮環境を整えましょう


シャンプーは、いわばその日の髪の毛を美しく保つことに特化しているものも多く、洗浄力が強い場合もあります。
スカルプシャンプーは、髪の美しさだけでなく、頭皮環境を最適な状態に保つことを目的としたシャンプーです。

頭皮に必要な皮脂を落とし過ぎず、適量に維持するようにつくられています。
皮脂には、皮膚をコーティングして保護したり、肌表面を弱酸性に保って雑菌の繁殖を抑えたりする役割があります。

頭皮の脂っぽさが気になる人も、また逆に乾燥が気になる人も、スカルプシャンプーとコンディショナーを試してみると、頭皮環境の改善が期待できるかもしれません。

頭皮環境が整うことでターンオーバーのリズムが正常に保たれ、そこで長い間過ごすことになる毛根を保護し、十分な栄養を行き渡らせることにつながります。

正しいシャンプーとヘアケアで毛根を健康に

頭皮の皮脂量を正常に保つ効果のあるスカルプシャンプーですが、洗髪のしかたそのものにも気をつける必要があります。

汗や脂っぽさが気になるからといって、日に2回以上髪を洗うのは禁物です。
洗髪は1日1回、夜に行うのがよいとされており、熱いお湯を避けて40度より低い温度で洗うのがよいでしょう。

また、シャンプーの後の洗い流しを徹底すること、洗髪後はドライヤーを使ってしっかり頭皮と髪の毛を乾かすことが重要です。

皮脂の分泌量などを適切な状態に整えるためには、2~3ヶ月から半年といった気長なケアも必要かもしれません。

しかし、3~6年という髪の毛の寿命を考え、将来の毛根の健康を維持したいなら、やはり気になり始めた時から頭皮ケアを見直していくことも大切といえるでしょう。

(まとめ)脂っぽい頭皮では、毛根にもダメージがある?

1. 頭皮の皮脂過剰は毛根にもダメージを与える可能性があります

頭皮は髪の毛を健康に保つ土壌ですから、その頭皮のコンディションが悪くなると発毛や育毛にも影響が出る恐れがあります。
頭皮の皮脂量を適切にコントロールするためにも、シャンプー剤や洗い方に気を配り、毛根の健康を促進できる頭皮を目指しましょう。

2. 毛根を健康に保つ頭皮のコンディションが大切です

頭皮が皮脂や埃、ヘアケア用品などによって汚れると、毛穴の詰まりや雑菌の繁殖を呼び起こし、頭皮トラブルから毛根の不健康につながることがあります。

皮脂は雑菌の繁殖を抑え、コンディショナーの働きをするので、シャンプーで皮脂を取り過ぎるのもNGです。

3. 皮脂を適量に保つ健康的な頭皮環境を整えましょう

頭皮に必要な皮脂を落とし過ぎず、適量に維持するようにつくられたスカルプシャンプーとコンディショナーを試してみてはいかがでしょうか。
頭皮のターンオーバーのリズムが正常に保たれ、毛根を保護し、十分な栄養を行き渡らせることにつながります。

4. 正しいシャンプーとヘアケアで毛根を健康に

洗髪は1日1回、夜に行うのがよいとされており、熱いお湯を避けて40度より低い温度で洗うのがよいそうです。

また、シャンプーの後の洗い流しを徹底すること、洗髪後はドライヤーを使ってしっかり頭皮と髪の毛を乾かすことが重要です。