汗を拭くのは基本ですが、ヘアスタイルにも工夫を


スポーツをするとき、もっとも気になるのは流れ落ちる汗や皮脂ではないでしょうか。
汗や皮脂は、拭く以外に対処方法はないのでしょうか?

もちろん、汗をかいたら拭くのは基本です。

汗や皮脂が頭皮に残ったままだと、菌が繁殖して臭いやかゆみなど頭皮トラブルを起こしやすくなります。汗をかいたら、こまめに濡れタオルで拭きましょう。

拭く以外にも、ヘアスタイルを工夫するという方法もあります。
首筋や目に髪がかからないようなヘアスタイルにすれば、スポーツ中でも邪魔になりません。

たとえば、ロングヘアやセミロングの場合は、「ポニーテールにした髪をお団子のようにコンパクトな形にまとめる」、ショートヘアの場合は、「シャギーやレイヤーなど軽さを出すようなヘアスタイルにする」など扱いやすいヘアスタイルがあるはずです。
美容師さんに相談してみましょう。

スポーツを継続すると、血行が良くなるため健康的な髪や頭皮を育てるのにも役立ちます。

自分らしいヘアスタイルでスポーツを楽しんで、育毛につなげましょう。

汗対策グッズで対処した後は、シャンプーで清潔にしましょう

健康志向が高まり、ウォーキングやマラソンなどスポーツを楽しむ人たちが増えてきました。最近では、見た目や機能にこだわったスポーツウエアやシューズなどさまざまなスポーツグッズが発売されています。

その中には汗対策グッズもあります。
たとえば、ヘアバンドや汗拭きシートです。

ヘアバンドは、頭皮から流れ落ちる汗を吸収してくれて便利で、カラーや細いタイプなどおしゃれなものがたくさんあります。

汗拭きシートは、香り付きのものや雑菌の繁殖を抑えるものなどがあり使い捨てで衛生的です。もちろん、スポーツで汗をかけば、その場の対処だけではなく頭皮を洗うことが大切です。

頭皮が乾燥気味な人は、お湯で流すだけでもよいでしょう。
その日の汚れはその日のうちに、シャンプーを丁寧にして清潔にしましょう。

頭皮汚れを放置すると、不快な臭いや抜け毛の原因になります。
また、顔と頭皮は一枚の皮でつながっているため、頭皮が汚れていると顔のくすみやたるみの元になるのです。

美容師さんにヘアスタイルを微調整してもらいましょう


スポーツをより楽しむためには、ヘアスタイルもポイントとなります。
スポーツに向くのは、汗をかいても崩れないようなヘアスタイルです。

濡れた状態と乾いた状態に差がなく、毛先の流れを活かしたヘアスタイルにすることです。美容師さんに相談し、髪をカットするとき微調整してもらいましょう。

またダメージヘアが気になる人は、ショートヘアがおすすめです。
髪が短いと髪が軽くなり、頭皮の負担も減ります。

スポーツ中、頭皮を守るために・・・
  1. スタイリング剤
    ヘアスタイルを固定するために便利なスタイリング剤ですが、使いすぎには注意しましょう。シャンプーで落とすとき、力をかけてしまうため頭皮にダメージを与える場合があります。
  2. 髪の結び方
    髪を引っ張ると、抜け毛の原因になります。
    毎日、分け目を替えて結ぶようにしましょう。
  3. 紫外線対策
    スポーツをする前や汗を拭いた後は、紫外線対策を必ず行いましょう。
    屋外でスポーツをすれば、紫外線の影響をダイレクトに受けて、頭皮も髪も日焼けしてしまいます。

スポーツを継続すると育毛につながります

髪に栄養素を運ぶのは血液です。そのため、血液の流れを良くすることが育毛への近道です。
では、どうすればよいのでしょうか。

その答えがスポーツです。

とくに、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がおすすめです。
有酸素運動は、全身に酸素がまわり細胞が活性化し、血液の流れが良くなります。
頭皮環境を良くするのにも役立ちます。

また、スポーツのとき感じる適度な疲れも大切です。自然と寝つきが良くなり快眠につながります。

髪は、夜の睡眠中に分泌される成長ホルモンの影響を受けて作られています。
そのため、質の良い睡眠が重要になるのです。

スポーツ嫌いな人は?

ムリにスポーツをすると、それ自体がストレスになることがあります。
スポーツが苦手な人は、日常生活でできるところからはじめましょう。

  • 正しい姿勢を意識する
  • エレベーターを控えて、階段を使う
  • 拭き掃除で体を伸ばす

(まとめ)スポーツの邪魔をする頭皮の汗や脂、拭くしか方法はない?

1. 汗を拭くのは基本ですが、ヘアスタイルにも工夫を

汗や皮脂が頭皮に残ったままだと、菌が繁殖して臭いやかゆみの元になります。
汗は濡れタオルで拭きましょう。

また、首筋や目に髪がかからないようにするなど、ヘアスタイルを工夫する方法もあります。美容師さんに相談しましょう。

2. 汗対策グッズで対処した後は、シャンプーで清潔にしましょう

スポーツをするとき、ヘアバンドや汗拭きシートを使うと便利です。
その後は、必ずシャンプーしましょう。

乾燥が気になる人は、お湯で流すだけでもよいでしょう。頭皮の汚れを放置すると不快な臭いや抜け毛の原因になります。

3. 美容師さんにヘアスタイルを微調整してもらいましょう

スポーツを快適にするには、濡れた状態と乾いた状態に差がなく毛先の流れを活かしたヘアスタイルにすることです。
髪をカットするとき、微調整してもらいましょう。

また、スタイリング剤の使い方や紫外線対策にも注意しましょう。

4. スポーツを継続すると育毛につながります

スポーツを継続して、血液の流れを良くすることが育毛への近道です。
とくに、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がおすすめです。

また、スポーツのとき感じる適度な疲れから、自然と寝つきが良くなり快眠につながります。