皮脂の落とし過ぎと、油の摂取や運動の極端な制限です


頭や髪の臭いやべたつきを落とそうとして何度もシャンプーをしたり、強くこすったりしていませんか?
たしかに、頭皮の皮脂や汚れがたまると、皮脂が酸化され、嫌な臭いやべたつきの原因になります。
しかし、対処法を間違えると余計に皮脂が分泌され、より脂っぽくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

皮脂と汗が混ざり合って作られる皮脂膜は、頭皮の水分の蒸発や菌の繁殖を防いだり、紫外線などの外的刺激から頭皮を保護したりする働きがあります。

ところが、洗浄力の強いシャンプーを用いたり、シャンプーの回数を増やしたりすると、必要な皮脂まで落とすことになります。
そうすると、不足した皮脂を補う為に、皮脂の分泌が促進され、過剰分泌に繋がってしまうのです。

また、頭皮の皮脂を減らす為に極端に油の摂取を制限したり、汗をかかない生活をしたりすることも、頭皮や髪の健康に悪影響を及ぼします。
ですから、人によってはヘアケア方法だけでなく、日常生活の見直しも必要になるでしょう。

もしも、セルフケアで改善できなかったり、頭皮の皮脂以外にも気になる症状があったりする場合は、専門家に相談してください。

朝シャンは時間の余裕をもって

朝シャンをするから夜はシャンプーしないで寝るという人は気をつけてください。
日中の汚れや皮脂が残ったまま寝てしまうと、寝ている間に汚れや皮脂を好む菌が繁殖して、頭皮トラブルの原因になる場合があります。

また、睡眠中に分泌されている皮脂を洗い流してしまうことになり、頭皮をバリアする機能が低下する可能性もあります。
すると、毛髪の成長が妨げられ、抜け毛や薄毛にもつながる恐れがあるので注意しましょう。

それから、時間がないと、シャンプーやトリートメントなどをすすぎ残したり、頭皮や髪が生乾きになったりしやすくなります。
それらの行為も毛穴の詰まりや菌の繁殖を招き、頭皮にダメージを与えるので、育毛を阻害しかねません。

寝汗をかいて、どうしても朝にシャンプーをしたいという時は、しっかりとすすぎ、丁寧に乾かすことが必要です。

さらに、頭皮を保護する為に自分の肌に合ったスプレーなどでケアをしたり、帽子や日傘を使ったりして、頭皮のダメージを防ぐとよいでしょう。

油の摂取も必要です


頭皮の脂を抑える為に、油の摂取を必要以上に避けることはやめましょう。

もちろん、摂り過ぎはダメですが、脂質には必須脂肪酸が含まれており、不足すると、皮膚の乾燥や脱毛、免疫不全、発育障害など、さまざまな症状を引き起こす恐れがあるからです。

必須脂肪酸は体内で合成できない為、食べ物から摂り入れる必要があります。
必須脂肪酸には、えごま油や亜麻仁油などに多く含まれるオメガ3系脂肪酸の「α‐リノレン酸」があります。

また、青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)もオメガ3系脂肪酸です。

現代人の食生活では魚を食べる機会が減ったのでα‐リノレン酸は不足しがちですが、悪玉コレステロールを下げたり、動脈硬化を防いだりするなどの効果が期待できるので、積極的に摂りましょう。

コーン油や大豆油など植物由来の油に多く含まれるオメガ6系脂肪酸の「リノール酸」も必須脂肪酸であり、悪玉コレステロールを下げるといわれています。

しかし、摂りすぎると善玉コレステロールも下げ、免疫細胞が働きにくくなったり、アレルギー疾患などのリスクが高まったりするといわれており、α‐リノレン酸の作用の抑制にもつながるので、摂取のバランスには注意してください。

適度な運動でストレス解消

べたつきや臭いが気になるからといって、運動を控え、なるべく汗をかかないようにするのは逆効果です。
適度な運動は、血行を良くして育毛を促進したり、ストレスを解消したりする効果があるといわれています。

過度なストレスは、皮脂腺を刺激して皮脂を分泌させる男性ホルモンのテストステロンや、女性ホルモンの一つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)を増加させることがあります。
すると、それらのホルモンの作用で皮脂の分泌量が増加し、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうのです。

運動後に汗や汚れを洗い流し、きちんとケアをすれば、べたつきや臭いを心配する必要はありません。

女性ホルモンは、運動不足だけでなく睡眠不足や偏った食生活など、ささいなことでもバランスを崩しやすいので、ホルモンバランスを整える為にも健康的で規則正しい生活習慣を心がけてください。

(まとめ)頭皮の脂が多い時に自分でしてはいけない治し方は?

1. 皮脂の落とし過ぎと、油の摂取や運動の極端な制限です

頭皮に必要な皮脂まで落とすと、不足した皮脂を補う為に、皮脂の分泌が促進され、過剰分泌に繋がります。
ヘアケア方法と日常生活を見直し、改善できない場合は、専門家に相談してください。

2. 朝シャンは時間の余裕をもって

シャンプーをしないで寝ると、菌が繁殖することがあります。
朝シャンは、睡眠中に分泌された皮脂を洗い流し、バリア機能が低下する恐れがあるので、しっかりとすすぎ、丁寧に乾かし、頭皮を保護するケアをしましょう。

3. 油の摂取も必要です

油は摂り過ぎても、不足してもいけません。
α‐リノレン酸(えごま油など)やリノール酸(大豆油など)は、悪玉コレステロールを下げるなどの効果が期待できるので、バランスに注意して摂りましょう。

4. 適度な運動でストレス解消

適度な運動は、血行促進やストレス解消の効果があります。
汗をかかないようにするのではなく、ストレスなどによる皮脂の増加を防ぎ、ホルモンバランスを整える為に、健康的で規則正しい生活習慣を心がけましょう。