頭皮の脂っぽさは、遺伝より後天的な原因が多いです


生まれつき乾燥肌の人もいれば、脂性肌の方もいます。
体格や顔が両親に似ているのと同様に、肌のタイプは遺伝によって受け継がれている可能性が高いです。

もちろん頭皮も同様で、肌質はもちろん薄毛なども遺伝が大きな影響を及ぼすといわれています。

しかし、DNAが似ているからといって両親または祖父母の体質がそのまま反映されるわけではありません。

育ってきた環境や食生活、肌や頭皮のケア方法などによって現れる症状が異なってくるということは十分に考えられます。

とくに、頭皮の皮脂量に関しては、食生活やストレスなどの環境要因が大きな影響を及ぼします。
そのため、「頭皮が脂っぽいのは遺伝である」と決めてしまうよりも、生活習慣や食事の内容などを見なおすことで改善される可能性が高いです。

頭皮の状態は、遺伝子の影響を受けます

子は親に似るといいますが、顔だけでなく肌質や髪質も、両親や祖父母から遺伝している可能性は高いといわれています。

薄毛で悩む男性の父や祖父が、同じように薄毛体質だったというのはよく聞く話ではないでしょうか。

とくにAGAと呼ばれる男性型脱毛症に関しては遺伝的な要素が高いといわれており、X染色体の影響を受けるため母方の薄毛遺伝子が重要になってくることがわかっています。
そのため、父親が薄毛でなくても、母方の祖父が薄毛の傾向があった場合に隔世遺伝として受け継がれる可能性が高くなるのです。

遺伝の明確なデータや確率は解明されていませんが、両親から髪質や肌質を受け継ぐ確率は5~7割といわれています。

とくに先祖代々で似たような髪質や肌質の場合は、影響がかなり高まる傾向があります。

しかし、遺伝は、必ずしも確定の要素ではありません。
そのため、生活習慣や食事、ケアなどに気をつけていれば症状が現れない、または次第に改善されていくといった可能性は十分に考えられるでしょう。

脂っぽさは、どちらかというと後天的な要因が影響します


頭皮や髪質は遺伝する傾向があるとお伝えしましたが、頭皮の脂っぽさはどちらかというと後天的な原因で起こることが多いといわれています。

たとえば、ジャンクフードやファストフード、揚げ物などを日常的に食べている等、脂質や糖質を多く含む食事を好む方は体内に余分な脂があるため、皮脂が過剰に分泌されやすくなっています。

また、強いストレスを感じている、睡眠不足の日々が続いているなど、生活が乱れている時もホルモンのバランスが崩れて皮脂の過剰分泌が起こりやすいです。

たしかに脂性肌を遺伝によって受け継いでいる可能性はありますが、だからといって必ずしも常に頭皮がベタベタしてしまうわけではありません。

まずは、生活の乱れや食事の内容を見なおすなど、環境要因を見直してみることが大切です。
頭皮の皮脂過剰分泌は、悪化すると脂漏性皮膚炎になってしまう可能性が高くなりますので、気になる症状が現れた時は早めに気をつけましょう。

頭皮のベタベタ改善には、日々のシャンプー習慣に気をつけて

頭皮のべたつきが気になって、必要以上にシャンプーを使用したり、1日に何度も洗髪していたりしませんか?
これらの行為は、かえって逆効果です。

とくにスーパーやドラッグストアでよく見かけるシャンプーの多くは、高級アルコール系といい石油を主成分とした界面活性剤を使用しています。

安価で洗浄力が高いため、ポピュラーな商品です。

しかし、洗浄力が高いシャンプーを1日に何度も使用することで頭皮の皮脂が必要以上に奪われてしまうと、それが逆にべたつきの原因となってしまいます。

本来、皮脂は、頭皮を保護するために必要な物。
しかし、シャンプーのし過ぎによって皮脂が必要以上に除去されてしまうと、体が「頭皮の皮脂が不足している」と判断して普段より皮脂分泌を増やそうと過剰に反応してしまうのです。

頭皮のべたつきが気になる場合は、シャンプーをより穏やかな洗浄成分の「アミノ酸系」に変更してみる、シャンプーの回数を減らしてすすぎをしっかりと行うなどの点に気をつけてみるとよいかもしれません。

(まとめ)頭皮がいつも脂っぽいのは遺伝でしょうか?

1. 頭皮の脂っぽさは、遺伝より後天的な原因が多いです

顔や体格が両親に似るのと同様に、遺伝によって肌質が受け継がれている可能性が高いです。しかし、DNAが似ているからといって、必ずしも肌質が似るわけではありません。

とくに頭皮のべたつきは、後天的な原因が多いです。

2. 頭皮の状態は、遺伝子の影響を受けます

顔はもちろんのこと、肌質や髪質、頭皮のタイプも、両親や祖父母から遺伝で受け継がれている可能性があります。

しかし、頭皮の皮脂分泌量に関しては、食生活や生活習慣などが原因になっている場合も多いので、生活を見なおすことで改善される可能性が高いです。

3. 脂っぽさは、どちらかというと後天的な要因が影響します

頭皮のべたつきは、どちらかというと後天的な要因が原因になっていることが多いです。

脂や糖が多い食事を好む、睡眠不足や過度のストレスなどでホルモンバランスが乱れているなどの原因で、皮脂が過剰分泌されてしまうことが多いので気をつけましょう。

4. 頭皮のベタベタ改善には、日々のシャンプー習慣に気をつけて

頭皮のべたつきが気になるからといって、1日に何度もシャンプーをしていると逆効果になってしまうことがあります。

べたつきが気になる場合は、シャンプーを、アミノ酸系などの穏やかな洗浄成分のタイプに変更するとよいかもしれません。