頭皮からポロポロでる白いツブは、脂ではなく角栓です


何気なく頭をかいた時に白い塊が爪についたり、ポロポロと白い塊が落ちてきたりすることがあります。
その原因は、角栓です。

角栓というと鼻の頭にできるイメージが強いかもしれませんが、実は頭皮にもできます。
角栓とは古い角質と皮脂が混ざり合ってできる物です。

穴が多く、代謝のよい部分にはどこにでもできる可能性があります。
頭皮は体の中でも毛穴の数がダントツに多く、新陳代謝がよいために角栓ができやすい部分なのです。

角栓で毛穴が詰まってしまうと頭皮環境が悪くなってしまうため、炎症を起こしたり、薄毛や抜け毛の原因になったりします。

角栓は皮脂の過剰分泌が原因になっていることが多いので、日々のシャンプーや食生活を見直しましょう。

角栓ができる理由は、皮脂の過剰分泌です

角栓とは、皮脂と古い角質が混ざって固まってしまった物です。
健康な頭皮の場合は、皮脂腺から分泌された皮脂が徐々に分解されていくため問題はありません。

しかし、なんらかの理由により過剰に分泌されるようになってしまうと、分解が追いつかなくなり毛穴に溜まっていくのです。
その結果、代謝の際に剥がれ落ちた古い角質と結合して、角栓となってしまいます。

また、角栓は、3割が皮脂、7割が古い角質(タンパク質)で構成されています。
もし、角栓が皮脂だけで作られているのであれば、シャンプーの際に温められて溶けて流れ出ていくので影響がありません。

しかし、タンパク質は温められると凝固する性質があるため、一度固くなってしまうと、なかなか除去できずにやっかいな物になってしまうのです。

角栓は、頭皮にさまざまな悪影響を及ぼします

毛穴に角栓が詰まった状態のまま放置していると、毛髪の成長を妨げてしまうことはもちろん、頭皮にもさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

  • 頭皮が臭くなる
    頭皮には常在菌といわれる菌が複数存在していて、バリアの機能を持っています。
    しかし、分泌された皮脂が毛穴に溜まっていると一部の菌にとってエサが増えることになり、結果的に常在菌のバランスが崩れて頭皮環境が悪化してしまうのです。

    また、常在菌が皮脂を分解する時に「ノネナール」というガスが発生させるのですが、ノネナールは加齢臭の原因物質です。
    「皮脂が多い=菌のエサが多い」ということになり、ノネナールの発生量が増えるため頭皮から不快な臭いがするようになってしまいます。

  • 脂漏性皮膚炎
    頭皮の皮膚常在菌のバランスが崩れると、雑菌が大繁殖して炎症の原因となります。
    そのひとつが脂漏性皮膚炎です。

    カビ菌であるマラセチア菌が増えすぎると罹患してしまい、かゆみや湿疹、大量のベタベタしたフケなどの症状が現れるようになります。
    一度発症すると、なかなか根治が難しいので、皮膚科などでしっかりと治療をすることが重要です。

角栓ができないように、毎日の生活に気をつけましょう


皮脂の過剰分泌が起こる主な原因は、頭皮の乾燥、脂質や糖質の多い食事、ストレス、睡眠不足などといわれています。
角栓ができないようにするためには、皮脂の過剰分泌をさせないように自身の生活に気をつける必要があります。

そのためには、まず生活習慣を見直してみるとよいでしょう。

食事はジャンクフードやファーストフードを避けるようにし、バランスよく摂取してください。
また、睡眠不足やストレスはホルモンバランスの乱れから皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうため、こまめにストレス発散を心がけたり、睡眠時間を確保したりするように気をつけましょう。

頭皮の乾燥は、紫外線・エアコンなどの風などはもちろんのこと、シャンプー剤が肌に合わない場合も起こります。
シャンプーの洗浄成分が強すぎる場合、洗うたびに皮脂を取りすぎてしまうため保護しようとして過剰分泌になりがちです。

ドラッグストアやスーパーでよく見かける高級アルコール系のシャンプーは、洗浄力が強い傾向があります。

気になる症状がある場合は、アミノ酸を主成分とした洗浄力が穏やかなシャンプーに切り替えてみるとよいかもしれません。

(まとめ)頭皮からポロポロ落ちる白い物は、もしかして皮脂?

1. 頭皮からポロポロでる白いツブは、脂ではなく角栓です

頭皮から白いツブのような物がでてくる時があります。それは皮脂と古い角質が混ざり合ってできる、角栓という物です。
角栓で毛穴が詰まると頭皮環境が悪化して、炎症を起こしたり、薄毛や抜け毛の原因になったりするので気をつけましょう。

2. 角栓ができる理由は、皮脂の過剰分泌です

角栓は皮脂が過剰分泌している時にできやすい傾向があります。

しかし、角栓は3割が皮脂、残り7割がタンパク質なので、お湯で洗っても溶けて流れ出てくれません。
一度固くなってしまうと、除去が難しいので、できないように気をつけましょう。

3. 角栓は、頭皮にさまざまな悪影響を及ぼします

角栓が詰まったまま放置していると、毛髪の成長を妨げるため薄毛や抜け毛の原因になります。また、頭皮から不快な臭いがするようになったり、炎症、かゆみ、フケなど脂漏性皮膚炎の症状が現れたりします。

脂漏性皮膚炎は発症すると、なかなか根治が大変です。

4. 角栓ができないように、毎日の生活に気をつけましょう

皮脂の過剰分泌は、頭皮の乾燥、脂質や糖質の多い食事、ストレス、睡眠不足などが原因になっていることが多いです。

頭皮の乾燥はシャンプーが肌に合わない時にも起こるので、気になる症状が現れたらシャンプーを変えてみるのもよいでしょう。