洗髪の時、髪がギシギシする原因はシャンプーです


ギシギシと洗髪中や洗髪後に髪が絡まるのは、シャンプーが原因だといわれています。

というのも、シャンプーの種類や成分によって、髪同士が摩擦を起こしたり、キューティクルがはがれたりして、ギシギシと髪が絡まりやすくなるからです。

そこで、どんなシャンプーが髪をギシギシさせる可能性があるのか、改善のためにはどんなシャンプーを選べば良いのかについて紹介します。

まずは、ギシギシになりやすいシャンプーについてみていきましょう。

ノンシリコンシャンプーは、髪がきしむ可能性があります

髪に良いといわれているノンシリコンシャンプーは、シャンプーの中でも、髪がギシギシときしみやすいという特徴があります。

これは、シャンプー内に髪をコーティングする作用のあるシリコンが含まれていないためです。

何もコーティングされていない髪は、濡れるとキューティクルが開きやすくなります。

すると、キューティクルが開いていると髪の表面に凹凸ができてしまい、絡みやすくなるのです。

そのため、洗髪中に髪がギシギシするという場合は、使っているシャンプーがノンシリコンシャンプーではないか確かめる必要があるでしょう。

もし、ノンシリコンシャンプーであるならば、使用を中止するのがおすすめです。

どんなに髪や頭皮に優しいといわれているノンシリコンシャンプーでも、髪の傷み具合や髪質によって合わない人もいます。

無理にノンシリコンシャンプーを使うのは、やめるようにしましょう。

洗浄力の強いシャンプーも、ギシギシ髪の原因になります


髪を洗い終わり、シャンプーを流すと、髪がギシギシするという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その原因は、シャンプーの洗浄成分によるものかもしれません。

シャンプーには、さまざまな洗浄成分が配合されています。

そして、洗浄成分によって、洗浄力が強い、弱いがあります。

使用しているシャンプーが洗浄力の強いものだった場合、髪の毛の脂分まで落としきってしまい、髪がギシギシになってしまうのです。

洗浄力の強いシャンプーかどうかを見分けるためには、シャンプーの成分表を確認してみましょう。

洗浄力の強いシャンプーを使用し続けると、頭皮の健康を損なう危険性もあります。

ギシギシしているのであれば、なるべく早くシャンプーを見直し、自分に合ったシャンプーを選びなおしましょう。

ギシギシした髪の改善には、シャンプー選びが大切です

洗髪中や洗髪後のギシギシした髪は、シャンプーの種類やシャンプーの成分によるものだといえます。

そのため、改善させるためには、シャンプーを見直すのが効果的です。

では、どのようなシャンプーを選ぶべきなのでしょうか。

ギシギシしているのが気になる場合は、シリコン入りのシャンプーに変えてみましょう。

シリコンは悪いものというイメージがあるかもしれませんが、髪をコーティングすることで、髪のダメージを防ぐ役割もあります。

また、手触りも良くなり、シャンプー中だけでなく、乾いた後もつややかで、指通りの良い髪に仕上がります。

ただし、シリコン入りのシャンプーは、洗浄力が強く、頭皮にとって刺激が強くなる可能性があります。

シリコン入りのシャンプーのデメリットが気になる場合は、ノンシリコンのシャンプーを選びましょう。

ノンシリコンシャンプーの中でも、オイル配合のシャンプーはおすすめです。

オイルで髪をコーティングし、摩擦を軽減してくれる働きがあるので、ギシギシと絡む髪に効果が期待できます。

このように、洗髪中や洗髪後のギシギシした髪を改善するためには、シャンプーを見直すのが有効です。

また、トリートメントケアも同時に行うと、より効果的でしょう。

(まとめ)洗髪中や洗髪後に、髪がギシギシして絡まるのは何故?

1. 洗髪の時、髪がギシギシする原因はシャンプーです

洗髪中や洗髪後に気になる髪のギシギシした手触りは、シャンプーが原因の可能性があります。

シャンプーの種類や成分によって、髪がギシギシと絡まってしまうのです。

ギシギシと絡まるのは、シャンプーが自分の髪に合っていない証しなので、シャンプーを見直しましょう。

2. ノンシリコンシャンプーは、髪がきしむ可能性があります

ノンシリコンシャンプーは、シリコンというコーティング剤が入っていません。

そのため、髪の毛が絡みやすく、指通りが悪くなる可能性があります。

ノンシリコンシャンプーは、髪に良いとされることもありますが、合わない場合は使用を中止しましょう。

3. 洗浄力の強いシャンプーも、ギシギシ髪の原因になります

シャンプーに含まれる洗浄成分は、洗浄力が強いものと弱いものがあります。

洗浄力の強すぎるシャンプーの場合、髪の脂分も洗い流してしまい、洗髪後の髪がギシギシと絡みやすくなります。

成分表を確認し、使っているシャンプーの洗浄力を確認してみましょう。

4. ギシギシした髪の改善には、シャンプー選びが大切です

シャンプーが髪に合っていないと、ギシギシときしんでしまいます。

改善するためには、シャンプーを見直しましょう。

シリコン入りのシャンプーを使うのもおすすめです。

また、ノンシリコンでもオイル系シャンプーであれば、ギシギシした髪の改善に効果が期待できます。