頭皮の状態によって洗う回数を調整しましょう


確かに2度洗いをするとシャンプーの泡立ちがよくなり、汚れが落ちてさっぱりとした気がします。

しかし、同時に頭皮に必要な皮脂成分まで落ちてしまい、「地肌のバリア機能」が損なわれる可能性もあるのです。

そもそも洗髪には、

  • 髪に付着した汚れ(空気中の汚れやスタイリング剤、タバコの煙など)をとる
  • 頭皮の汚れ(皮脂や汗、フケなど)をとる

という2つの目的があります。

髪が長かったり、長期間洗髪できなかったりなど、髪の汚れがひどい場合、1度洗いではシャンプーが泡立たないことがあります。

泡が立たない状態で無理に頭皮まで洗おうとすると、摩擦で髪が傷む危険がありますから、こういう場合は2度洗いした方がよいでしょう。

しかし、頭皮の乾燥がひどく、乾いたフケが出ているような時には2度洗いは避けるのが無難です。

皮脂の分泌量や、どのくらい汗をかくかには個人差があります。

また、その日の気温や湿度、運動量やスタイリング剤の量によっても髪や頭皮の汚れ具合は変わってきます。

基本的に毎日洗髪をしているのであれば、日常の汚れは1度でも充分に汚れを落とせます。

その時の頭皮の状態と、髪の汚れの度合いを見て使い分けるのがよいでしょう。

2度洗いは皮脂の分泌過剰を招く場合があります

頭皮は必要な皮脂が失われると、より多くの皮脂を分泌しようとします。

その結果、しっかり洗ったせいで頭皮がよけいベタつき、また2度洗いを繰り返す―という悪循環が起きてしまいます。

これは洗浄力の強いシャンプーについてよく注意されるケースですが、アミノ酸系のシャンプーなどであっても「洗いすぎ」にはリスクがともないます。

大量に汗をかく夏や、スポーツ後をして汚れがひどい場合は2度洗いでしっかり汚れを落とすことも必要です。

しかし、冬場など頭皮が乾燥している時期にはむしろ避けた方がいいでしょう。

その場合、汚れが気になるようなら予洗いを念入りに行いましょう。

実際、髪についた汚れはお湯で洗い流すだけで7~8割が落ちるといわれています。

「いつも脂っぽくて2度洗いせざるを得ない」

という人は、皮脂分泌が増えすぎている原因が別にあると考えられます。

単に洗髪回数を増やすのではなく、食生活の改善やシャンプーを替えてみるといった工夫が必要です。

2度洗いのメリットとデメリットを把握しておきましょう

2度洗いをするメリット

  • 髪の汚れが落ちて頭皮を清潔にできる
  • 焼き肉やタバコなどの強い臭いを落とせる
  • 汚れの洗い残しが少ない
  • シャンプーの泡立ちがよくさっぱりした気分になる

2度洗いをするデメリット

  • 必要な皮脂まで落として頭皮が乾燥する
  • そのため皮脂の過剰分泌を招く
  • シャンプーのすすぎ残しが出やすい
  • 洗う時間が長くなる分、摩擦で頭皮や髪を痛めやすい

2度洗いのデメリットで見逃しやすいのは、頭皮だけでなく髪にも負担がかかるという点です。

濡れた髪はキューティクルが開いて傷つきやすくなっているため、2回シャンプーすることでより剥がれやすくなってしまうのです。

2度洗いをする場合は、髪はこすらずに指を通す程度にして頭皮をメインに洗うようにしましょう。

2度洗いで注意すべき4つのポイント

ほかにも2度洗いをする場合はいくつか注意点があります。

  1. シャンプーの量は控えめにする

    2回目のシャンプーの量は最初の半分ほどで充分です。

    頭皮の脂汚れを落とすことを意識しながらマッサージをするように洗いましょう。

  2. 洗浄力の強いシャンプーで2度洗いしない

    洗浄成分の強い市販のシャンプーでの2度洗いは皮脂を落としすぎる可能性があります。

    少なくとも2回目のシャンプーはアミノ酸系などの頭皮への刺激が弱いものを使いましょう。

  3. すすぎは念入りに行う

    シャンプーが頭皮に残ると、かゆみなどの肌トラブルの原因になるので、すすぎは念入りに行いましょう。

  4. コンディショナーやトリートメントでしっかり保護する

    洗髪後の頭皮の乾燥を防ぎ、傷んだ髪のキューティクルを守るためにも、コンディショナーやトリートメントでの保湿は必須です。

洗髪後はタオルドライ後、なるべく早くドライヤーで乾かすようにしましょう。

(まとめ)きちんと洗髪するには2度洗いが必要ですか?

1. 頭皮の状態によって洗う回数を調整しましょう

汚れがひどい場合は、1度のシャンプーで無理に洗おうせず、2度洗いした方が髪を傷めずに済みます。

しかし、毎日洗髪をしているのであれば通常は1度でも充分に汚れを落とせます。

その時の頭皮の状態と、髪の汚れの度合いを見て判断が必要です。

2. 2度洗いは皮脂の分泌過剰を招く場合があります

2度洗いをすると髪の汚れはきれいに落ちますが、頭皮から必要な皮脂まで奪ってしまい、地肌のバリア機能が損なわれる危険もあります。

頭皮が乾燥している場合は2度洗いは避け、あらかじめお湯で汚れを落とすことで対処しましょう。

3. 2度洗いのメリットとデメリットを把握しておきましょう

2度洗いには髪や頭皮が清潔になる、臭いがとれるといったメリットがある反面、必要な皮脂が落ちてしまう、すすぎ残しが出やすいというデメリットがあります。

洗う回数が増える分、摩擦で髪が傷むことも多いので、2度洗いでは髪はこすらないようにしましょう。

4. 2度洗いで注意すべき4つのポイント

2度洗いをする時は髪を傷めないための注意が必要です。

  1. 2回目のシャンプーは最初の半分の量に
  2. 洗浄成分の強いシャンプーでの2度洗いは避ける
  3. すすぎを念入りに行う
  4. コンディショナーやトリートメントでケアをする