頭皮の汚れを改善するには毛根のケアが大切です


頭皮の汚れは、汗をかく季節ほど気になります。

べたつきやかゆみ、臭いなどの症状は決して気持ちの良いものではありません。

このような汚れによる症状を改善するには、まず頭皮の清潔を保つことです。

その際、毛根のケアに注意を払うようにしましょう。

毛根は髪を作り出すところです。

そこがいつも汚れていると、髪が育ちにくく、また生えにくくなります。

ひいては、薄毛の原因にもなる可能性もあります。

汚れは具体的には角栓と呼ばれるもので、皮脂と古くなって剥がれ落ちるはずだった頭皮からできています。

皮脂の過剰分泌と頭皮の新陳代謝の乱れが原因です。

皮脂の過剰分泌と正常な新陳代謝が行われるように対処をすれば、角栓が減り、頭皮の汚れの改善が期待できます。

そのためには、皮脂の働きを知り、洗髪や食生活をはじめとした生活習慣の見直しが必要になります。

毛根ケアのできることからはじめて、頭皮の汚れをすっきりさせましょう。

頭皮汚れの原因のひとつに角栓があります

頭皮の汚れの原因にはいろいろありますが、その中のひとつが角栓です。

角栓とは、コメドとも呼ばれるもので、皮脂と古い頭皮が結びついて塊状になったもののことを指します。

色は白から黄色味がかっています。

本来なら剥がれ落ちるはずだったものですが、毛穴を覆うようにくっついていたり、ひどい場合には毛穴をすっかり塞いだりしています。

別の言い方をすれば、角栓は老廃物ですので、その老廃物が長く頭皮に留まっていることで、べたつきやかゆみ、臭いなどの不快な症状が現れやすくなります。

また、毛穴が詰まっていると、髪が細くなったり、生えてこられなかったりということが起こりえます。

ひいては薄毛を招いてしまうことにも繋がりかねませんので、注意が必要です。

皮脂の過剰分泌と頭皮の新陳代謝サイクルの乱れが角栓の原因


角栓はどうしてできてしまうのでしょうか。

皮脂の過剰分泌と頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)の乱れが原因です。

皮脂は頭皮に行き渡り、皮脂膜と呼ばれる薄い膜をつくることで、頭皮を乾燥や雑菌などから守る大切な働きをしています。

決して不要なものではありません。

ただし、必要以上に分泌されてしまうと、毛穴の中に皮脂が溜まってしまい、角栓をつくることになってしまいます。

また頭皮は、通常であれば4週間程度で新陳代謝を繰り返しています。

このとき、剥がれ落ちる頭皮の大きさは、目では確認できないほど小さなものです。

しかし、この新陳代謝のサイクルが乱れると、次第に大きくなっていきます。

そして毛穴を塞ぐようになり、皮脂と合わさって角栓をつくる原因となってしまうのです。

角栓を取り除いて健康な頭皮を保ちましょう

角栓を取り除く代表的な方法は4つあります。

  • シャンプー剤
  • 洗髪方法と回数
  • 食生活
  • 生活習慣

ひとつずつみていきましょう。

  • シャンプー剤

    シャンプーの洗浄成分を確認するようにしましょう。

    洗浄力の強いものは、皮脂や水分も洗い流しすぎてしまうため、頭皮の乾燥が進みます。

    皮脂は、乾燥した頭皮を守るため更に分泌されるため、過剰分泌を招きかねません。

    せっけん系やアミノ酸系のシャンプーなど、頭皮に優しいものを選ぶと良いでしょう。

  • 洗髪方法と回数

    髪を洗う前に、頭皮をマッサージするようなイメージで髪を軽くとかしましょう。

    適温のお湯でよく濡らし、髪につけいたほこりなどの汚れを落とします。

    シャンプーを頭全体に行き渡らせ、指の腹を使って頭皮を揉むように洗います。

    すすぎはシャンプーよりも時間をかけて行います。

    洗髪は1日1回にしましょう。

  • 食生活

    揚げ物や脂肪分がたくさん含まれるものを控えましょう。

    ジャンクフードはカロリーが高く、栄養が少ないものが多いのでなるべく食べないようにします。

    緑黄色野菜や果物でビタミン類を積極的に摂りましょう。きのこや海藻類は排出を助けます。

  • 生活習慣

    ストレス過剰、睡眠不足、運動不足などに気をつけましょう。

    これらはいずれも皮脂の過剰分泌や、頭皮の新陳代謝が乱れる原因となります。

(まとめ)頭皮の汚れを改善するには毛根のケアがいいって本当?

1. 頭皮の汚れを改善するには毛根のケアが大切です

頭皮の汚れを改善するためのポイントは、毛根のケアです。

毛根は髪を作り出すところなので、毛根が汚れたままでいると薄毛の原因になりかねません。

毛穴の清潔を保つことで健康な毛根を維持しましょう。

2. 頭皮汚れの原因のひとつに角栓があります

頭皮汚れの原因のひとつは角栓です。

角栓は、毛穴を詰まらせてしまう老廃物です。

そのままにしておくと、頭皮のべたつきやかゆみ、臭いの原因となります。

髪が細くなったり、生えにくくなったりもします。

3. 皮脂の過剰分泌と頭皮の新陳代謝サイクルの乱れが角栓の原因

角栓は、皮脂の過剰分泌と、頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れることが原因です。

頭皮に皮脂が分泌されすぎても、頭皮の新陳代謝が通常よりも早く、もしくは遅くなりすぎても、角栓をつくることに繋がります。

4. 角栓を取り除いて健康な頭皮を保ちましょう

できてしまった角栓を取り除くには、シャンプー剤、洗髪方法と回数、食生活、生活習慣の見直しなどが必要になります。

毎日の毛根ケアで頭皮の汚れを改善し、健康な頭皮や髪を保つようにしましょう。