冷風よりも温風をあてて、すばやく乾かす方が頭皮に良いです


フケなどの頭皮トラブルを気にしてシャンプーのあと自然乾燥をしている方もいるでしょう。

一見、ドライヤーの熱が髪や頭皮を傷めるイメージを持ちます。

しかし、それは間違いです。

実は、自然乾燥よりもドライヤーを使用する方が、髪や頭皮を傷めないのです。

もし髪が濡れた状態でいると、髪の毛の表面を守るキューティクルが剥がれやすくなります。

また、頭皮は雑菌が繁殖しやすくなり、フケや臭いの原因になることもあります。

フケ予防のためにもシャンプーのあとは、ドライヤーを使い、根元から乾かすことがポイントです。

そのとき、冷風を使うとなかなか乾かないため、温風を使いすばやく乾かします。

ただし、長時間のドライヤー使用は髪にも頭皮にもダメージを与えるので危険です。

そこで、ドライヤーの前は丁寧にタオルドライするのが基本です。

余分な水分が取れ、ドライヤー時間短縮になります。

またドライヤーは、乾かすだけはなく髪の毛のクセづけにも便利です。

温風と冷風を利用すれば、ボリュームアップやボリュームダウンも可能です。

ドライヤーを使いこなして、好きなヘアスタイルに近づけましょう。

髪が濡れた状態は、フケや臭いの原因になります

毎日、頭皮からは皮脂が分泌されています。

髪を洗わないでいると、頭皮にはその皮脂がたまり、フケやホコリで汚れてしまいます。

頭皮の汚れや皮脂を落とすには、1日1回のシャンプーは欠かせません。

そしてシャンプーが終わったら、しっかりタオルドライをしてドライヤーで、すばやく乾かします。

濡れた髪はデリケートです。

濡れたままの状態や半乾きのまま寝てしまうのは危険です。

もし髪を濡れたままで放置すると、髪の毛の表面を守るキューティクルが剥がれやすく傷みやすい状態になります。

また、頭皮も蒸れた状態になります。

その結果、雑菌が繁殖しやすい環境になりフケや臭いの原因になります。

フケを予防するためにも、ドライヤーの温風を使用し、すばやく乾かすことが大切です。

ドライヤーの前には、タオルドライをしっかりと


すばやく乾かすには、温風で根元から乾かすことがポイントです。

しかし、長時間のドライヤーの使用は髪にも頭皮にも大きなダメージです。

かといって、冷風ではなかなか乾きません。

では、どうのように乾かすことが良いのでしょうか。

それは、タオルドライをしっかりすることです。

タオルドライをすると、余分な水分を取りドライヤーの使用時間を短縮させることができます。

また、タオルは吸収性の高いものを用意します。

シャンプーのあとは、軽くたたくような感じで丁寧にタオルドライします。

そのあとドライヤーを使用しましょう。

ドライヤーと髪の距離は10センチ以上離すようにして乾かします。

はじめに根元から乾かし、次に髪の毛をばらすようなに温風をあてます。

このとき、ドライヤーを持っていない方の手を髪に通して、頭皮や髪の熱さを確認しましょう。

ドライヤーによる乾かしすぎに注意

ドライヤーを使用するとき、頭皮が熱くならないように注意しなければなりません。

  • 必要な水分まで蒸発してしまう
  • 頭皮が乾燥する
  • パサパサ髪になる
  • まとまりがなくなる

温風と冷風とを使い分けすれば自由自在のヘアスタイルに

ドライヤーには、温風と冷風の機能があります。

では、なぜ温風と冷風があるのでしょうか。

これは、簡単にいうと「クセづけ」のためです。

温風で根元を乾かし、ヘアスタイルの形をつくります。

次に冷風で、その形を固めます。

また、髪のボリュームアップやダウンもドライヤーできます。

薄毛が気になるなどボリュームアップしたいときは、根元を立ち上げるように乾かします。

逆に、髪の毛が多い人やくせ毛などでボリュームダウンさせたいときは、根元が浮かないように前から後ろへ温風をあてます。

このように温風と冷風を利用すれば、好きなヘアスタイルに近づけます。

洗い流さないトリートメントを活用

  • ドライヤーの前に
  • 寝ぐせ直しに
  • 紫外線が気になるときに
  • 持ち運び、外出先で

洗い流さないトリートメントとは、半乾きや乾いた髪に使うタイプのトリートメントです。

髪の毛のダメージを修復してくれるはたらきがあります。

使い方は、流さないトリートメントを毛先からつけ、髪の毛になじませます。

(まとめ)フケなどの頭皮トラブル、ドライヤーは冷風が良いですか?

1. 冷風よりも温風をあてて、すばやく乾かす方が頭皮に良いです

自然乾燥よりもドライヤーを使用する方が、髪や頭皮を傷めないといわれています。

シャンプーのあとは、ドライヤーを使い、根元から温風をあてすばやく乾かします。

冷風は、髪の毛のクセづけに使う方が向いています。

2. 髪が濡れた状態は、フケや臭いの原因になります

濡れた髪はデリケートで、濡れたままの状態は危険です。

もし髪を濡れたままで放置すると、髪の毛の表面を守るキューティクルが剥がれやすくなり、頭皮も蒸れた状態になります。

その結果、雑菌が繁殖しやすい環境になりフケや臭いの原因になります。

3. ドライヤーの前には、タオルドライをしっかりと

長時間のドライヤーの使用は髪にも頭皮にも大きなダメージを与えます。

そこで、タオルドライをしっかりすることです。

吸収性の高いタオルを用意し、タオルドライすれば余分な水分を取りドライヤーの使用時間を短縮させることができます。

4. 温風と冷風とを使い分けすれば自由自在のヘアスタイルに

ドライヤーの温風と冷風は、「クセづけ」のために便利な機能です。

温風で根元を乾かし、ヘアスタイルの形をつくります。

次に冷風で、その形を固めます。

また、ドライヤーを上手く使えば髪のボリュームアップやダウンも可能です。