頭皮環境の悪化でフケが増えることがあります


フケとは頭皮の新陳代謝によって排出された古い角質の塊です。

なんらかの原因で頭皮環境が悪くなることで、必要以上にフケが出る可能性があります。

急にフケが増える場合は、頭皮の炎症などの皮膚トラブルが隠れていることも考えられます。

ケアをすることで治ることもありますが、症状がひどいときや収まらないときは一度皮膚科を受診することをおすすめします。

フケは古い皮膚がはがれ落ちたもので2種類あります

フケというのは、頭皮の皮膚細胞が新陳代謝で生まれ変わる過程で排出される古い角質の塊のことです。

通常、健康な状態でもフケは出ています。

健康な頭皮環境で自然と出るフケは細かく目に見えないほどなので、気にならないものです。

頭皮環境が悪化することで、一般的にフケといわれている塊となって頭皮からはがれ落ちてしまうと考えられています。

頭皮環境が悪くなると、頭皮の新陳代謝のサイクルが乱れやすくなります。

通常より早いサイクルで新陳代謝が行われると、フケの量が増えるといわれています。

大きさも通常より大きくなりやすく、見た目にも気になる状態になってしまいます。

フケとひと言でいっても、実は2種類あります。

乾いた状態で比較的細かいぱらぱらとした乾性フケと、皮脂を含み湿った状態の脂性フケと呼ばれるものです。

頭皮の乾燥が主な原因として増えるのが乾性フケ、皮脂の過剰分泌が主な原因とするのが脂性フケです。

それぞれのフケに適した対策を取ることが大切です。

乾性フケを増やす要因はいくつか考えられます

シャンプーで洗い過ぎている

頭を洗うときにゴシゴシと強く洗い過ぎたり、1日に何度も頭を洗ったりしている場合は頭皮が乾燥してフケが増えている可能性があります。

健康な頭皮環境には一定の皮脂が必要ですが、頭を洗い過ぎると必要な皮脂まで奪ってしまう可能性があります。

優しく髪を洗うことや、刺激の少ないシャンプーを使うことが予防改善に繋がります。

紫外線による頭皮の日焼け

頭というのは紫外線を浴びやすい場所です。

特につむじや分け目は頭皮が露出していて、直接紫外線を浴びる場所です。

紫外線対策を行わず浴び続ければ、ほかの肌と同じように頭皮も日焼けしてしまいます。

日焼けしてダメージを受けることで頭皮の乾燥にも繋がります。

頭皮の炎症や乾燥でフケが増えてしまうと考えられます。

また、紫外線を浴びることで髪の毛自体も傷み、抜け毛や切れ毛の原因にもなります。

紫外線対策や、日焼けしてしまったら冷やすなどのケアをすると良いでしょう。

アレルギー体質

アレルギーで頭皮が荒れることで、頭皮環境が悪くなり乾燥しやすい状態になってしまいます。

反対に頭皮の乾燥が頭皮湿疹の原因となることもあります。

アレルギーで炎症を起こしてしまうと頭皮が敏感になるので、刺激を与えないようにしましょう。

病院でアレルギーの原因を特定することも、改善するためのポイントです。

皮脂の分泌が多い人は脂漏性皮膚炎に気を付けましょう

脂性フケが急に増えたときは、頭皮の常在菌であるマラセチア菌が異常に繁殖している可能性があります。

通常の健康な頭皮にも存在するマラセチア菌は皮脂をエサにしています。

皮脂の分泌が多いとマラセチア菌が増えやすいといえます。

マラセチア菌は皮脂を食べて分解すると、脂肪酸を作り出します。

この脂肪酸は肌にとって刺激となり、頭皮を荒らす原因になるとされます。

頭皮が荒れることで新陳代謝が乱れてしまい、フケが出やすい状態を作ってしまいます。

ただでさえ皮脂が多いとフケが出やすいのに加え、マラセチア菌が増殖すると余計にフケが出やすくなるので注意が必要です。

皮脂の分泌が多くマラセチア菌が増殖して、頭皮に湿疹や炎症が出る症状を脂漏性皮膚炎といいます。

フケが急に増える症状は脂漏性皮膚炎の症状のひとつである可能性もあります。

日ごろから頭皮を清潔に保つことが大切ですが、洗い過ぎには注意が必要です。

必要以上に皮脂を落とすと、乾燥することもありますし、かえって皮脂の分泌が増えることもあります。

炎症を起こした状態で洗い過ぎると、シャンプーによって炎症を悪化させることもあります。

強く擦ったりせずに、優しく丁寧にシャンプーすると良いでしょう。

また、髪の毛が濡れた状態は雑菌が増えやすくなります。

シャンプー後には自然乾燥ではなく、ドライヤーできちんと乾かすことをおすすめします。

(まとめ)フケが急に増える原因って?

1.頭皮環境の悪化でフケが増えることがあります

頭皮環境が悪くなるとフケが増えることがあります。

急にフケが増えたり繰り返したりする場合は、頭皮トラブルが隠れている可能性もあるので、一度皮膚科を受診すると良いでしょう。

2.フケは古い皮膚がはがれ落ちたもので2種類あります

フケというのは古い皮膚細胞が、新陳代謝によって押し出されはがれ落ちたものです。

頭皮環境が悪くなると新陳代謝のサイクルが乱れ、フケの量が増えたり大きくなったりして目立つようになります。

フケには乾性フケと脂性フケの2種類があります。

3.乾性フケを増やす要因はいくつか考えられます

乾性フケは頭皮の乾燥が原因ですが、頭皮の乾燥を引き起こす要因はいくつかあります。

髪の毛の洗い過ぎや日焼け、アレルギーなどが関係していると考えられています。

頭皮に刺激を与えないようにすることが大切です。

4.皮脂の分泌が多い人は脂漏性皮膚炎に気を付けましょう

皮脂の分泌が多い人は、皮脂をエサとする頭皮の常在菌が増えやすいです。

マラセチア菌は皮脂を分解し、刺激を与える脂肪酸を作り出すことで頭皮を荒らすことがあります。

ひどくなると脂漏性皮膚炎になることもあるので注意が必要です。