刺激の強い成分はフケを出やすくする可能性があります


フケというのは頭皮の古い細胞がはがれ落ちるもので、特定の成分によって作られるということはありません。

ただし頭皮環境が悪くなるとフケが増えやすくなると考えられるため、シャンプーなどのヘアケア商品に含まれる刺激の強い成分には注意が必要です。

刺激の強い成分が頭皮にダメージを与えることで、フケが出やすい環境になる可能性があるからです。

頭皮環境が悪くなるとフケが出やすくなります

フケには主に乾いた乾性フケと、湿った脂性フケがあります。

乾性フケは頭皮の乾燥によって増えやすく脂性フケは皮脂の過剰分泌で増えやすいという違いがありますが、どちらにも共通していえることがあります。

それは頭皮環境を悪くすると良くないということです。

フケとは頭皮の細胞が新陳代謝で生まれ変わる過程で、古い角質が表面に押し出されはがれたものです。

健康な状態でも起こる現象で、通常は目に見えて気になるほどの大きなフケが大量に出るということはありません。

しかし、頭皮環境が悪くなると肌の新陳代謝のリズムが乱れやすく、塊となったフケができやすくなるのです。

頭皮環境を悪くする原因は生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどいくつか考えられます。

また、ヘアケアやパーマ、カラーリングなどを行うときに刺激の強い成分が頭皮にダメージを与えてしまうことも原因といわれています。

強い成分の刺激で頭皮が炎症を起こしてしまうこともあります。

フケに悩まされているときには、頭皮環境の改善を考える必要があります。

強い洗浄力を持つ成分がフケを増やすことがあります


頭皮の汚れや皮脂を落とそうと、洗浄力の強い成分を含むシャンプーで髪を洗いすぎるとそれが原因でフケが増えることがあります。

皮脂がすっきりと落ちて、一見すると頭皮に良さそうに感じるかもしれません。

しかし皮脂は悪者ではなく、ある程度は頭皮にとって必要なものです。

皮脂は頭皮の保湿、外部の刺激から頭皮を守るといった働きをもっています。

そのため皮脂を落としすぎると、頭皮が刺激に弱く乾燥しやすい状態になってしまうとされます。

皮脂を落としすぎることは、乾燥だけでなく皮脂の過剰分泌を促すこともあります。

必要な皮脂を奪いすぎると、それを補おうとして皮脂の分泌量が増えると考えられています。

その結果、皮脂の過剰分泌に繋がり頭皮環境を悪くしてしまうのです。

洗いすぎが良くないといっても、頭をまったく洗わないわけにはいきません。

フケの対策としては優しくきちんと頭を洗うことが大切です。

強く擦って洗わないようにするなどシャンプーの仕方を見直すのと同時に、シャンプーの成分も気にしてみましょう。

アミノ酸系の成分などがフケの対策に効果的です

頭皮や髪に優しくシャンプーできるといわれているのが洗浄成分にアミノ酸系の界面活性剤を使っているものです。

一般的にシャンプーというと高級アルコール系の界面活性剤を利用しているものです。

高級アルコールというのは品質が高級ということではなく、アルコールの構造に関するものです。

高級アルコールを原料とした界面活性剤は泡立ちの良さや適度な洗浄力があり、シャンプーに用いりやすい成分といえます。

一般的に用いられることが多い成分ですが、肌質などによっては刺激が強いこともあります。

石鹸系の成分を配合したシャンプーもあります。

天然由来原料を用いた石鹸系のシャンプーは一見すると肌に優しそうですが、アルカリ性で洗浄力が強い特徴があります。

人の肌というのは弱酸性なので、場合によっては刺激が強く皮脂を奪い過ぎる可能性があります。

上記二つに比べて、頭皮や髪に優しいといわれているのがアミノ酸系のシャンプーです。

アミノ酸系の界面活性剤は洗浄力ではほかに劣り、きちんと洗えていないと感じるかもしれません。

しかし保湿性もある成分で、頭皮を優しく洗うことができます。

そのため、肌の乾燥が原因のフケに良いといわれています。

皮脂の分泌量が多いひとにはアミノ酸系シャンプーでは洗浄力が足りないともいわれます。

しかし皮脂の分泌が多い場合でも、洗浄力が強すぎるものはおすすめできません。

保湿量があるアミノ酸系成分は、皮脂を摂り過ぎたことによる過剰分泌の対策にもなります。

シャンプーの前にきちんとブラッシングや予洗いをすることで、汚れが落ちやすい状態を作り洗浄力の低さをカバーすると良いでしょう。

(まとめ)フケの原因となる成分はあるの?

1.刺激の強い成分はフケを出やすくする可能性があります

フケを作る成分というのはありませんが、刺激の強い成分によりフケが出やすくなる可能性はあります。

刺激のある成分が頭皮にダメージを与えることで、フケが増えると考えられます。

2.頭皮環境が悪くなるとフケが出やすくなります

頭皮環境が悪化すると、代謝のリズムが崩れたり炎症を起こしたりしてフケが増えやすくなります。

頭皮環境を悪くする原因はいくつか考えられていますが、そのひとつに刺激の強い成分が頭皮にダメージを与えることです。

3.強い洗浄力を持つ成分がフケを増やすことがあります

シャンプーは頭皮を清潔に保つのに必要ですが、洗い過ぎると必要な皮脂まで奪ってしまいます。

皮脂がなくなることで乾燥しやすくなったり、反対に皮脂が増えやすくなったりすると考えられています。

4.アミノ酸系の成分などがフケの対策に効果的です

頭皮にダメージを与えないために良いといわれているのが、アミノ酸系成分が配合されたシャンプーです。

洗浄力は他と比べてやや落ちるものの、保湿力もあり頭皮や髪に優しく汚れを落とすことができるとされます。