乾燥しやすい冬は乾性フケが増える傾向があります


フケは脂性と乾性の2種類に分けることができます。

空気が乾燥する冬は頭皮も乾燥しやすくなるため、乾性フケが増える可能性があります。

頭皮が乾燥して荒れてしまうことで、頭皮表面が剥がれ落ちやすくなるためフケが増えると考えられます。

乾燥によるフケは、乾いていて自然と頭皮から剥がれて落ちやすいのが特徴です。

頭皮が乾燥するとターンオーバーが乱れフケが出やすくなります

頭皮もほかの皮膚と構造は同じです。

冬場の空気が乾燥する時期は頭皮もほかの場所と同じで乾燥しやすくなります。

乾燥した肌は荒れてカサカサとした状態になります。

頭皮も同じで、乾燥で荒れるとはがれやすくなり、乾性フケが増えやすくなると考えられています。

乾燥によってダメージを受けることで頭皮のターンオーバーが乱れると、乾性フケが出やすくなる可能性があります。

正常なターンオーバーでは、細胞の生まれ変わりに合わせて不要になった細胞が少しずつ剥がれ落ちます。

ターンオーバーが乱れるとこの仕組みが正常に働かなくなり、本来少しずつ剥がれるはずの表皮細胞が、塊の状態で剝がれてしまうことがあります。

これが乾性フケの正体です。

乾燥することで痒みも出やすくなり、つい掻いてしまうことで表皮が剥がれてフケとなる可能性もあります。

さらに、頭皮が乾燥してターンオーバーが乱れると、さらに乾燥しやすくなる悪循環に陥ってしまう可能性があります。

乾燥して荒れた角質層は肌を守るバリア機能が低下し、肌の水分が逃げやすくなってしまっているからです。

そのため、乾燥によりフケが出ているときには、頭皮の乾燥を悪化させないようにきちんと対策を行うことが大切になります。

冬の乾燥だけでなく頭の洗い過ぎにも気をつけましょう


冬場の乾燥以外にも頭皮を乾燥させてしまう要因があります。

それはシャンプーで頭を洗い過ぎることです。

フケは頭皮を不潔にしていると増えるというイメージが強く、その対策として頭をしっかりと洗う傾向がありますが、乾性フケの原因となっている可能性があります。

頭皮の表面は皮脂に覆われています。

皮脂というと皮膚をベタベタさせる悪いイメージがありますが、適切に分泌される皮脂には皮膚表面を守る働きがあります。

頭皮の乾燥を守るためにも適切な皮脂が必要ですが、頭を洗い過ぎるとその必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

その結果、頭皮は乾燥しやすくフケが出やすくなってしまうのです。

また、ゴシゴシと爪を立てて頭皮を洗うと頭皮表面を傷つけてしまいます。

頭皮の角質層が傷つくことで、バリア機能が低下して乾燥しやすくなることもあります。

さらに傷ついた部分が炎症して痒みを起こすこともあります。

冬はもちろん、それ以外の季節でも優しく頭を洗うことで乾性フケの予防となります。

指の腹で優しく洗うこと、お湯の温度は38度くらいにすることなどがポイントです。

さらに頭皮に優しいシャンプーを利用するのも効果的です。

シャンプーしたあとに、頭皮を保湿できるローションなどを使うのも良いでしょう。

冬の乾燥によるフケが薄毛の原因となる可能性があります

フケは抜け毛や薄毛の原因となるともいわれています。

冬の乾燥などにより乾性フケが増えると、毛穴周辺をフケがふさぐ可能性があります。

それにより毛穴周辺で痒みを伴う炎症が起きやすくなります。

この状態では髪の毛がきちんと育つことができず、抜けやすくなってしまうと考えられます。

乾性フケによる抜け毛を予防するのに、ブラッシングが効果的です。

ブラッシングは髪の毛についたフケやホコリなどの汚れを落とすことができます。

さらに、ブラッシングすることで、皮脂を髪に運ぶこともできます。

冬は髪の毛自体も乾燥して傷みやすいので、ブラッシングをすることで髪の毛の潤い維持にも繋がるとされます。

シャンプー前にも、ブラッシングを行うと良いでしょう。

こびりついている汚れを浮かせて落としやすくもするので、シャンプー前にブラッシングをしておくとゴシゴシ擦らずに頭を洗うことができます。

ただし冬は乾燥して静電気も起きやすいです。

静電気が起きやすいブラシを使うと、髪の毛を傷める原因になり得ます。

ブラシは豚毛や猪毛のものがおすすめです。

ナイロン製のものは静電気が起きやすいですし、金属などの硬い素材は頭皮を傷つけることもあるので適していません。

(まとめ)フケが冬になると増えるのはなぜ?

1.乾燥しやすい冬は乾性フケが増える傾向があります

フケには乾性と脂性の2種類があります。

空気が乾燥しやすい冬は頭皮も乾燥しやすく、乾燥によって乾性フケが出やすくなる可能性があります。

乾性フケは乾燥していて、自然に剥がれ落ちやすいのが特徴です。

2.頭皮が乾燥するとターンオーバーが乱れフケが出やすくなります

冬は頭皮も乾燥しやすい時期です。

肌が乾燥することで肌のターンオーバーが乱れ、表皮がフケとして剥がれ落ちやすくなります。

乾燥による痒みから頭皮を掻いてしまうことでもフケが落ちやすいです。

3.冬の乾燥だけでなく頭の洗い過ぎにも気をつけましょう

乾性フケの対策には、頭皮を乾燥から守ることが大切です。

そのためのポイントは、頭を洗い過ぎないことと保湿です。

頭を洗い過ぎると必要な皮脂まで奪い、頭皮が乾燥しやすい状態になってしまいます。

4.冬の乾燥によるフケが薄毛の原因となる可能性があります

フケが原因で、毛穴周辺を詰まらせることで頭皮環境が悪くなり、抜け毛や薄毛の原因になる可能性があります。

ブラッシングを行うと余分な汚れを落とすことができるので、予防に繋がるとされています。