汚れて頭皮環境が悪くなると脱毛しやすくなる可能性があります


頭皮が汚れた状態だと、毛穴を詰まらせたり菌の繁殖を促したりして頭皮環境が悪化しやすくなります。

頭皮環境が悪いと健康に髪の毛が育たずに脱毛に繋がる可能性があります。

脱毛症の対策を行うときは、頭皮の汚れにも注意することが大切です。

過剰な皮脂分泌で頭皮が汚れると脂漏性脱毛症に繋がる可能性があります

頭皮で過剰に皮脂が分泌されると、頭皮が汚れやすく脂漏性脱毛症の原因となることがあります。

皮脂が多すぎると頭皮に汚れと一緒に付着し、頭皮の衛生状態が悪くなってしまいます。

汚れが毛穴を塞いだり炎症を起こしたりして髪の成長を妨げ、毛が抜けやすくなるとされます。

さらに頭皮にいる常在菌のマラセチア菌は皮脂をエサにして増えます。

皮脂で汚れた状態は、マラセチア菌が増殖しやすい環境です。

マラセチア菌は皮脂を分解して脂肪酸を作り出します。

脂肪酸は頭皮への刺激となってしまいます。

その刺激により炎症を起こすことを脂漏性皮膚炎といい、脂漏性皮膚炎の影響で髪の毛が抜けることを脂漏性脱毛症と呼びます。

脂漏性皮膚炎になるとフケの増加や、痒み、頭皮の炎症、頭皮にできるかさぶたなどの症状がでます。

脂漏性皮膚炎は男女関係なくなるもので、女性でも脱毛になる原因になります。

脂漏性脱毛症を改善するには、皮膚炎を治していくことも必要です。

過剰な皮脂分泌で頭皮が汚れると脂漏性脱毛症に繋がる可能性があります

フケによる頭皮の汚れも脱毛の原因になってしまうことがあります。

皮脂の過剰分泌と反対に、皮脂が少なすぎると頭皮が乾燥しやすくなります。

頭皮が乾燥すると頭皮の新陳代謝が乱れやすく、古い角質が塊ではがれやすくなりぱらぱらと乾いたフケが増えることがあります。

皮脂が毛穴に詰まるのと同様に、フケが毛穴の周りをふさぐことで炎症が起きやすくなり、それによって毛が抜けやすいと考えられます。

このようにフケが毛穴に詰まって起きる炎症により毛が抜けやすくなるのを、ひこう性脱毛症と呼びます。

頭皮の汚れをきちんと落とそうとして念入りに頭を洗い過ぎると、必要以上に頭皮の皮脂まで奪ってしまい、頭皮の乾燥に繋がることがあります。

汚れが溜まっている状態も良くありませんが、強く洗い過ぎないように注意する必要があります。

ほかにも頭皮の乾燥の原因にはホルモンバランスや生活習慣の乱れなどが関係していることもあります。

正しいシャンプーで頭皮汚れによる脱毛を防ぎましょう

頭皮に汚れを溜めず清潔に保つためには、正しくシャンプーを行うことが大切です。

汚れをしっかりと落とすためにはゴシゴシとしっかり何度も洗ったほうが良いとも思われがちですが、シャンプーのしすぎはかえって頭皮環境を悪くする可能性があります。

何度も洗うと頭皮に必要な皮脂まで奪うことに繋がるからです。

強く擦ると頭皮を傷つけてしまうこともあります。

頭皮に優しく、不必要な汚れだけを洗い流すのが大切です。

そのために、まずはシャンプー前のブラッシングをしておくことをおすすめします。

ブラッシングすると頭皮にこびりついた汚れが浮いて、落ちやすくなると考えられます。

髪の絡まりをほぐして指通りを良くする目的もあります。

次にしっかりとお湯で地肌と髪を予洗いしましょう。

ただお湯で洗い流すだけで、ある程度の汚れが落ちてくれます。

そうすることで必要以上にシャンプーをしなくても汚れを洗い流せます。

シャンプーを手のひらでしっかりと泡立てるのも大切です。

髪の毛につけてから泡立てると、髪の毛が傷む原因になります。

そして泡立てたシャンプーで、優しくマッサージするように洗っていきましょう。

爪を立てず、指の腹でマッサージするように洗います。

洗った後はしっかりとすすいでください。

頭皮にシャンプーが残っていると、頭皮への負担となります。

頭を洗い終わった後は、濡れたままにせずドライヤーでしっかり乾かしましょう。

濡れたままにしておくと雑菌が増えやすくなるとされているからです。

(まとめ)頭皮の汚れと脱毛には関係があるの?

1.汚れて頭皮環境が悪くなると脱毛しやすくなる可能性があります

頭皮が汚れていると、髪の毛が育ちにくい状態になり脱毛に繋がるとされます。

頭皮環境が悪化しないよう、汚れを落とし頭皮を清潔に保つことが脱毛症対策のポイントになります。

2.過剰な皮脂分泌で頭皮が汚れると脂漏性脱毛症に繋がる可能性があります

頭皮で皮脂の分泌が活発な場合、皮脂をエサとするマラセチア菌が増殖する可能性があります。

マラセチア菌が作る脂肪酸が頭皮への刺激となり、炎症やそれに伴う脱毛症を引き起こすことがあります。

3.過剰な皮脂分泌で頭皮が汚れると脂漏性脱毛症に繋がる可能性があります

頭皮の汚れを落とそうと頭を洗い過ぎると、皮脂を落としすぎて頭皮が乾燥してしまうことがあります。

それによりフケが増えやすくなり、毛穴を詰まらせ炎症することによる脱毛症をひこう性脱毛症と呼びます。

4.正しいシャンプーで頭皮汚れによる脱毛を防ぎましょう

頭皮の汚れを落とすためには、正しいシャンプーを行うことが大切です。

強くゴシゴシと洗うのではなく、頭皮を優しく洗うようにするのがポイントになります。

洗い過ぎは逆効果になることもあるので注意しましょう。