入浴後のケアを怠ると、フケの原因になります


お風呂上がりは、誰でものんびりくつろぎたいものです。

しかし、だからといって、髪を乾かさずに長時間放置したり、そのまま寝てしまったりしていませんか?

実は、お風呂上がりのヘアケアを怠ってしまうとフケの原因になることがあります。

また、フケだけでなく、かゆみや臭いや炎症などの頭皮トラブル、抜け毛や切れ毛など毛髪トラブルの原因になることもあるので、注意が必要です。

健康な頭皮と美しい髪を保つためにも、お風呂上がりのヘアケアをしっかりマスターしましょう。

髪や頭皮の自然乾燥は絶対にやめましょう

髪や頭皮をドライヤーで乾かすべきかどうか、ときどき話題になり、議論されることがあります。

これは、ドライヤーの熱が頭皮や髪に悪影響を与えるという懸念からです。

たしかに、ドライヤーの熱によって、頭皮や髪が傷んでしまうことはありますが、自然乾燥をするのにもリスクがあるので注意が必要です。
自然乾燥によるリスクには、以下のようなものがあります。

  • 頭皮の乾燥
  • 雑菌増殖
  • 臭い
  • フケの発生
  • キューティクルがはがれる
  • 髪のパサつき

これらのリスクを回避するためにも、ドライヤーを使ってなるべく早く乾かした方が良いといえるでしょう。

それでもドライヤーの熱が気になる場合は、ドライヤーの冷風を活用すると、ダメージを軽減することができます。

ドライヤーを正しく使って、髪を乾かしましょう


お風呂上がりのケアの基本は、なるべく早く、きちんと乾かすということです。

髪を乾かすときのポイントは2つあります。

1つは、タオルドライを怠らないこと、もう1つは、ドライヤーを正しく使うことです。

タオルドライを怠らないようにしましょう

お風呂上がりの髪は、水分をたっぷり含んでいます。

そのまま乾かしてしまうと、効率よく髪を乾かすことができないので、あらかじめタオルで水気を拭き取ることが大切です。

ゴシゴシ拭くと、髪のキューティクルがはがれたり、頭皮が傷ついたりする原因になるので注意しましょう。

優しくおさえるように、頭皮と髪の水気をタオルに吸い取らせるようにすれば、ダメージを最小限におさえることができます。

ドライヤーを正しく使いましょう

タオルドライができたら、ドライヤーで乾かします。

はじめは頭皮に直角に風が当たるようにしながら、頭皮と髪の根元に風を当てていきましょう。

少しずつ場所をずらしながら、頭皮全体を乾かしていきます。

後頭部は、髪の毛が密集している場所なので、念入りに乾かしていきましょう。

根元の次は、髪の中間部、毛先にドライヤーの風を当てます。

髪の毛を乾かすときは、毛先に向かって風が当たるようにするのがおすすめです。

そうすることで、キューティクルを整え、髪の艶がアップします。

手ぐしを通して、水気がなくなったら終了のサインです。

最後にドライヤーの冷風で仕上げると、頭皮や髪の過乾燥を防ぎ、艶のある美しい髪に仕上がります。

寝具は清潔なものを使いましょう

お風呂でしっかり頭皮と髪を洗い、ドライヤーで乾かしたら、寝具にも気を配りたいものです。

シーツやまくらカバーが汚れていると、せっかくきれいになった頭皮に雑菌がついてしまい、頭皮や髪のケアが台無しになってしまうからです。

シーツなどの寝具のお手入れは、大変かもしれませんが、なるべく毎日交換するのが理想です。

難しい場合は、直接頭が当たるところに部分的なカバーやタオルなどで覆い、交換や洗濯の負担を軽減するなど、工夫して対応するのもおすすめです。

また、フケだけでなく髪のダメージが気になる人は、寝具を選ぶときには、シルクのような摩擦が起きにくい素材のものを選ぶと、髪のダメージを減らすことができます。

フケの問題では、ヘアケアに力を入れがちで、寝具に関しては、油断していることもあるでしょう。

ここで一度、フケ予防や美髪のためにも、寝具を見直してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)お風呂上がりのケアで、フケが出やすくなるって本当ですか?

1. 入浴後のケアを怠ると、フケの原因になります

お風呂上がりの濡れた状態の頭皮は、非常にデリケートな状態です。

きれいに洗髪していても、その後のケアがしっかりできていないと、雑菌が増殖して、フケやかゆみ、炎症などの頭皮トラブルにつながることがあります。

また、ヘアダメージも受けやすくなるので、美髪のためにはケアを怠らないようにしましょう。

2. 髪や頭皮の自然乾燥は絶対にやめましょう

お風呂上がりの髪や頭皮の自然乾燥は危険です。

  • 頭皮の乾燥
  • 雑菌増殖
  • 臭い
  • フケの発生
  • キューティクルがはがれる
  • 髪のパサつき

上記のような危険が潜んでいます。

面倒でも、しっかり乾かす習慣をつけるようにしましょう。

3. ドライヤーを正しく使って、髪を乾かしましょう

お風呂上りのケアで大切なのは、ドライヤーを使って素早く髪を乾かすことです。

そのためのポイントは2つあります。

  • タオルドライを怠らないこと
  • ドライヤーを正しく使用すること

ポイントをおさえて、正しいドライヤー方法で髪を乾かしましょう。

4. 寝具は清潔なものを使いましょう

洗髪をしっかり行い、頭皮や髪をドライヤーで乾かして清潔に保てていても、シーツやまくらカバーが汚れていては台無しになります。

寝具は常に清潔なものを使用するようにしましょう。

また、摩擦の起きにくい素材のものを選ぶと、髪のダメージも軽減できます。