フケは、頭皮が不健康になっているサインです


フケが出ると、頭皮が汚れているのではないかと不安になる人が多いのではないでしょうか。

しかし、フケの原因は、頭皮が汚れていることだけではありません。

目に見えるフケは、頭皮のターンオーバーが乱れて、不健康な状態であることを示しているにすぎないのです。

なぜ頭皮が不健康な状態になってしまったかについては、さまざまな要因が考えられます。

たくさんある原因の中には、頭皮の汚れや乾燥、血行不良、栄養不足などがあります。

つまり、フケ=不潔と安易に考えてしまうと、十分な対策をとることができず、間違ったケアをしてしまっている可能性もあるので注意しなければなりません。

フケの種類とその原因について知りましょう

どうすればフケの本当の原因を探ることができるのでしょうか。

その原因を探るための手掛かりとなるのは、フケそのものです。

実はフケは、大きく分けると2種類に分類できます。

1つは、乾性フケ、もう1つは、脂性フケです。

この2つは、原因が異なるので、対策もまったく違います。

頭皮を健康に保ち、フケ改善するためには、まずは自分のフケが乾性フケなのか、脂性フケなのかを見極めることが大切です。

そこで、2つのフケの特徴とその原因を見てみましょう。

乾性フケ

乾性フケとは、小さな白い粉のようなフケのことで、パラパラ落ちてくるのが特徴です。

肩などについているフケは、乾性フケである可能性が高いでしょう。

乾性フケの主な原因は、頭皮の乾燥だといわれています。

頭皮が乾燥すると、ターンオーバーが乱れ、未熟な角質まではがれてしまい、さらに乾燥を悪化させる可能性があります。

脂性フケ

脂性フケは、乾性フケに比べて、大きく、べたつきを感じることがあります。

また、パラパラと落ちるというよりは、髪の根元や髪に付着していることが多いのが特徴です。

脂性フケの主な原因は、頭皮の皮脂の過剰分泌です。

頭皮が不健康だと、育毛にも影響を与えます


フケは頭皮が不健康であるサインであり、頭皮トラブルが起こっていることを表しています。

フケが出ているのに、そのまま何も対処せずにいると、さらにフケの症状が悪化し、皮膚炎などの治療が必要なものに進行することもあります。

また、抜け毛や薄毛といった毛髪のトラブルを引き起こすことも少なくありません。

フケは、頭皮からのSOSです。

見過ごしてしまわないように注意しましょう。

そして、フケが出ていることに気がついたら、フケの種類や原因をチェックし、症状が軽いうちに適切な対策をとるようにしてください。

健康で美しい髪を育てるためには、土台である頭皮が健康でなければなりません。

しっかりと対策をして、フケ症状を長引かせないようにしましょう。

適切な対処法で、フケ対策をしましょう

フケに気がついたら、早めの対策をとりましょう。

とはいえ、やみくもに対策をしてはいけません。

前述したように、フケの種類によって対策は異なります。

自分の症状に合わせて、適切な改善策をとるようにしましょう。

乾性フケの改善策

乾燥が原因で起こる乾性フケの対策は、乾燥を防ぐことです。

そのためには、洗いすぎは禁物です。

また、洗浄力の強いシャンプーの使用も避けましょう。

頭皮が乾燥しているときは、肌のバリア機能が弱まり、とてもデリケートな状態なので、あまり頭皮に刺激を与えないように心がけましょう。

脂性フケの改善策

頭皮の皮脂が過剰に分泌することで起こる脂性フケは、皮脂の分泌量を正常に保つ必要があります。

皮脂がたくさん出ているからと、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシこすって洗うのは、やめましょう。

かえって皮脂分泌が過剰になる可能性があるからです。

また、あぶらっこいものの食べ過ぎは避け、生活習慣も整えましょう。

(まとめ)フケは、頭皮が不健康なサイン?

1. フケは、頭皮が不健康になっているサインです

フケは、頭皮のターンオーバーが乱れて、古くなった角質がはがれてしまったものです。

正常なターンオーバーであれば、目に見えるほどの角質ははがれません。

つまり、フケが出ているというのは、頭皮のターンオーバーが乱れて健康状態が悪いということです。

2. フケの種類とその原因について知りましょう

フケは、2種類に分類することができます。

1つは、乾性フケで、パラパラと落ちる粉のようなもので、頭皮の乾燥が原因です。

もう1つは、脂性フケといい、乾性フケに比べて大きく、べたつきのあるフケです。

その原因は、頭皮の皮脂分泌が過剰になっていることが考えられます。

3. 頭皮が不健康だと、育毛にも影響を与えます

育毛のためには、頭皮が健康でなければなりません。

フケが出ている場合は、適切な対処をしなければ、症状が悪化し、重篤な皮膚炎や抜け毛などの毛髪トラブルにつながることもあります。

フケが出ていたら、早めに対処するようにしましょう。

4. 適切な対処法で、フケ対策をしましょう

乾性フケの場合は、洗浄力の強いシャンプーの使用は避け、洗いすぎないようにしましょう。

脂性フケの場合は、頭皮を清潔にすることを心がけると良いでしょう。

しかし、ゴシゴシ強い力でシャンプーするのは、皮脂分泌をさらに活発にしてしまうことがあるので注意が必要です。

また食事などの生活の見直しも大切です。