フケが出る人は、頭皮のターンオーバーが乱れています


フケが出るか出ないかは、頭皮のターンオーバーが正常に機能しているかどうかで決まります。

頭皮のターンオーバーが働いていれば、フケは出にくくなります。

反対に、頭皮のターンオーバーの周期が乱れて早まってしまうと、フケが目立ちやすくなるのです。

このように、フケが出る人と出ない人とでは、頭皮のターンオーバーの機能に違いがあります。

そのため、フケが出やすい人は、頭皮のターンオーバーを改善させることができれば、改善できる可能性があるのです。

原因を特定するためには、まずフケの種類を見分けましょう

フケは不潔なものと決めつけて、頭皮をゴシゴシ洗ったり、強い洗浄力のシャンプーを使ったりしていませんか?

ターンオーバーを乱し、フケを発生させる原因は、たくさんあります。

その原因を知らずに、思い込みで対策をしてしまうと、かえって悪化させることがあるので注意が必要です。

まずは、フケの原因を知ることから始めましょう。

そのためには、自分のフケのタイプを見極める必要があります。

フケには、乾性フケと脂性フケの2つのタイプに分かれます。

それぞれの特徴を知り、自分がどのタイプのフケなのかを確認しましょう。

乾性フケの特徴

乾性フケとは、細かい白い粉のようなフケのことをいいます。

一般的に、フケというと乾性フケを表していることが多いでしょう。

脂性フケの特徴

脂性フケは、少しべたつきのあるフケのことを指します。

ベタベタしているので、パラパラ落ちることは少なく、頭皮や髪についたままになっているケースがあります。

色は、黄色みがかっていることがあり、乾性フケよりも大きいのが特徴です。

ただし、脂性フケの場合は、皮膚炎の症状の可能性もあるので、注意が必要です。

乾性フケと脂性フケは、原因が違います


フケは、乾性フケと脂性フケの2種類があります。

この2つは、同じフケと呼ばれますが、原因が異なる点に注意が必要です。

なぜなら、原因が違えば、フケ対策もまったく違ってくるからです。

では、それぞれのタイプの原因を見てみましょう。

乾性フケ

頭皮の乾燥により、発生するフケです。

頭皮を乾燥させる原因には、以下のものなどがあります。

  • シャンプーのしすぎ
  • シャンプーの洗浄力が強すぎる
  • 洗髪後の自然乾燥
  • 紫外線のダメージ
  • 外気の乾燥
  • 生活習慣の乱れ

脂性フケ

頭皮の皮脂分泌が過剰になっていることで発生するフケです。

皮脂分泌がたくさん分泌される原因には、以下のものなどがあります。

  • 頭皮の汚れ
  • 頭皮の乾燥
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • あぶらっこいものや甘いもののとり過ぎ

フケの種類に応じて、対策を立てましょう

自分のフケの種類が分かれば、必要な対策はおのずと見えてきます。

自分のフケのタイプに応じた対策をしましょう。

乾性フケの対策

乾性フケの対策の中心となるのは、頭皮の乾燥予防です。

頭皮の乾燥を防ぐためには、頭皮を洗いすぎないことが大切です。

フケは、不潔というイメージから、頻回なシャンプーや洗浄力の強いシャンプーを選びがちです。

これは、かえって乾燥を悪化させて、フケを増加させることにつながるのでやめましょう。

また、頭皮の乾燥には、アトピー性皮膚炎やアレルギーが隠れているケースもあるので、必要に応じて、治療を受けるようにしましょう。

脂性フケの対策

脂性フケを防ぐためには、頭皮の皮脂が適度に分泌されるように体調を整えることが大切です。

揚げ物などのあぶらっこいものや甘いものを食べすぎないようにし、十分な睡眠と適度な運動で、ホルモンバランスや自律神経を整えれば、皮脂の過剰分泌を避けることができるでしょう。

また、ストレスを溜めすぎないようにすることも大切です。

そして、頭皮のケアでは、きちんと汚れをシャンプーで落とし、すすぎ残しがないように丁寧に洗うことが重要です。

とはいえ、力任せにこすったり、洗浄力の強すぎるものを使ってしまうと、刺激が強すぎて、かえって皮脂がたくさん出やすくなるので注意しながら行いましょう。

(まとめ)フケが出る人と出ない人、頭皮に違いがあるの?

1. フケが出る人は、頭皮のターンオーバーが乱れています

フケが出る人と出ない人の違いは、頭皮のターンオーバー機能が正常に働いているかどうかです。

フケが出る人は、ターンオーバー機能がうまく働いていない可能性が高いでしょう。

フケが出ない人は、頭皮のターンオーバーが正常に行われていると考えられます。

2. 原因を特定するためには、まずフケの種類を見分けましょう

フケの原因を突き止めるためには、フケの種類を見分けることが大切です。

パサパサとした白くて小さなフケは、乾性フケです。

ベタベタして髪や頭皮に付着したままになっているフケは、脂性フケと呼ばれています。

2種類のフケは、原因が異なるので、改善するための方法も異なります。

3. 乾性フケと脂性フケは、原因が違います

乾性フケと脂性フケには原因が異なります。

乾性フケの主な原因は、頭皮の乾燥です。

脂性フケの主な原因は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることです。

それぞれの原因を理解して、自分のフケにあった対策をとりましょう。

4. フケの種類に応じて、対策を立てましょう

乾性フケを改善させるポイントは、頭皮の乾燥を防ぐことです。

洗い過ぎなどの過度なヘアケアは避けましょう。

脂性フケは、生活習慣の見直しを積極的に行いましょう。

そして、頭皮をシャンプーで優しく丁寧に洗い、清潔に保ちましょう。