頭の蒸れは菌を繁殖させ、フケやかゆみなどの原因になります


暑い夏、強い紫外線から頭を守るために帽子は欠かせないアイテムです。

しかし、気温が上がる中、帽子をかぶり続けると頭は蒸し風呂状態です。

はたして、この状態は髪にとって良いのでしょうか。

その答えは、「頭の蒸れも紫外線も、ともに髪にとって良くありません」。

実は、頭の蒸れは、フケやかゆみなどを引き起こす原因になるのです。

帽子やヘルメットなどで頭が蒸れると、頭皮では、汗や皮脂の分泌量が増えてしまいます。

それと同時に湿度も上がり、菌が繁殖しやすくなり、これが刺激となってフケやかゆみなどが発生するのです。

紫外線対策に帽子を使用するのは有効な手段ですが、通気性の良い素材にしたり、日傘を上手く利用したりと頭皮環境も考えましょう。

他にも、フケ予防に菌の繁殖を防ぐ対策があります。

例えばシャンプーのとき、洗い残しに気を付けることです。

汚れが残っているとそれが菌のエサとなり、頭皮環境を悪化させます。

正しいシャンプーをして、頭皮を清潔に保つことがフケの予防につながります。

フケは自然発生しますが、個人差があります

フケの正体は、皮膚の一番外側にある表皮に存在する「角質層」が古くなって剥がれ落ちたものです。

簡単にいうと頭皮のアカのようなもので、誰にでも自然発生します。

また、フケの量は季節の変化や体質などにより異なり、個人差があります。

基本的には正しいシャンプーを行い、頭皮を清潔にしていればフケは防げます。

通常よりフケを感じるときというのは一般的に、例えば、風邪を引いて数日シャンプーできていない場合や、シャンプーで汚れを落としきれなかった場合など、一時的なものです。

これらに心当たりがなく、それでもフケの量が多いと感じるなら、強いシャンプーによる洗い過ぎかもしれません。

あるいは、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れなどが原因で、頭皮の水分と皮脂のバランスが崩れている可能性があります。

このような場合は、シャンプーの方法や、生活習慣を再確認しましょう。

それでも直らないという場合は、悪化しないように皮膚科を受診して適切な治療を受けましょう。

蒸れが気になっても帽子による紫外線対策は、髪に有効です


日差しの強い時期に外出すると、体の中で最も太陽に近い髪の毛は、もろに紫外線を浴びてダメージを受けます。

紫外線は、髪を覆っているキューティクルを剥がし、枝毛、切れ毛、パサつきなどの原因になります。

また、肌が紫外線で日焼けするのと同じように、頭皮も、焼けると赤く炎症を起こし、頭皮環境を悪化させます。

そのため、帽子、日傘、紫外線止めスプレーなど、髪への紫外線対策が必要です。

では、どのような帽子を選べば良いのでしょうか。

ポイントは、通気性とゆったり感です。

汗をかいても蒸れ過ぎないように、布製の帽子、麦わら帽子などの素材にしてみましょう。

帽子のサイズや形は、ゆったりとしたものがベストです。

帽子が頭のまわりをきつく締め過ぎてしまうと、頭皮の血流を悪くしてしまいます。

自分にあった帽子を選びましょう。

どうしても仕事上、ヘルメットや帽子をしなくてはならない人は、休憩時間には帽子を脱いで、風を通すように心掛けて下さい。

汗をかいたら、固くしぼった濡れタオルで拭くと皮脂汚れも取り除け、嫌なニオイも予防できます。

フケ予防には、菌を繁殖させない頭皮環境をつくることです

頭皮は、皮脂の分泌量が多く、毛穴は大きく数もたくさんあるため、ベタつきが気になる方も多いはずです。

そのため1日に何度もシャンプーするという方もいるかもしれません。

しかし、洗い過ぎると必要な皮脂まで取り過ぎてしまい、乾燥してフケが出やすくなることもあります。

シャンプーをする目安は1日1回、夜に洗うことがおすすめです。

そして、シャンプーするときは、洗い残しに気を付けることが大切です。

汚れが残ってしまうと、汚れをエサに菌が繁殖してしまいます。

特に頭頂部や襟足は、汚れが残りやすいので注意して洗いましょう。

また、シャンプーの後、濡れた髪を放置すると菌が繁殖してしまいます。

しっかり、タオルドライをして、ドライヤーで乾かしましょう。

(まとめ)フケの発生と帽子などによる頭の蒸れは関係がありますか?

1. 頭の蒸れは菌を繁殖させ、フケやかゆみなどの原因になります

暑くても紫外線から頭皮や髪を守るためには、帽子が必要です。

しかし、帽子によって頭が蒸れると、頭皮は汗や皮脂を分泌します。

そして菌が繁殖しやすくなり、その刺激を受けてフケやかゆみなどが出ることがあります。

2. フケは自然発生しますが、個人差があります

フケは頭皮のアカのようなものです。

状況により一時的にフケの量が増えることもありますが、基本的にはシャンプーや生活習慣を見直すことで、フケを予防できます。

それでも、フケが治まらない場合は悪化しないように皮膚科へ行きましょう。

3. 蒸れが気になっても帽子による紫外線対策は、髪に有効です

紫外線は、切れ毛、枝毛、髪のパサつきなどダメージ髪の原因です。

帽子、日傘、紫外線止めスプレーなどを上手に使い、紫外線対策しましょう。

蒸れが気になる場合は、通気性の良い、ゆったりとしたサイズの帽子を選びましょう。

4. フケ予防には、菌を繁殖させない頭皮環境をつくることです

頭の蒸れやベタつきを気にして1日に何度もシャンプーをすると、乾燥して、フケの原因になります。

また、シャンプーの後、濡れた髪を放置した場合も菌が繁殖しやすくなり、フケを引き起こします。

正しいシャンプーを心掛け、フケ予防をしましょう。


スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの
注目ランキング
男性におすすめのスカルプD公式サイトの注目商品
男性におすすめの
スカルプD公式サイトの注目商品



頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!