健康な毛髪は外部の刺激から頭皮を守る機能や感覚器官としての働きを持っています


毛髪は容姿に大きく関係するもので、見る人に与える印象をガラッと変えてしまいます。

そのような美容に関する働きはもちろんですが、本来の機能として頭を熱や紫外線、衝撃などから守る他、有害物質の排出、感覚器官としての役割なども持っている部位です。

毛髪自体に自らを守る構造があります

毛髪は大切な頭部を守るなどの機能を持っていますが、髪自体にも自らを守る構造ができています。

頭皮から外に出ている部分の毛髪では、次のような3層構造になっています。

毛髄部

毛髪真の部分にあたり、髪の毛の太さは毛髄部の量によって決まるといわれている部分です。

色素や脂肪を持ち体温保持機能があります。

毛皮部

毛髄部を覆っている毛皮部の質によって髪の毛の毛質が決まり、繊維状になっている部分で髪の強度を保っています。

毛小皮

ブラッシングのような外部からの刺激を守っている毛髪の一番外側の部分です。

髪の毛は肌の角質が変化してできたものなので、爪と同じように死んだ細胞でできています。

頭皮から外に出ている部分には上記で紹介したような構造があるものの死んだ細胞のため、損傷してしまうと修復することはできずそのままになってしまうのです。

より強くしなやかな毛髪を育てるためには、地肌の中にある毛根を正しく機能させることが必要です。

頭皮や毛髪に合わないヘアケア製品は機能低下の恐れがあります


本来毛髪が持つ構造や機能は健康な状態で初めて保たれるものですが、頭皮や髪に合わないヘアケア製品を使っていると構造や機能が損なわれる恐れがあります。

製品によっては強すぎる洗浄成分を使って作られているものもあり、使い続けることで頭皮や髪がダメージを受けて機能低下してしまう可能性があるでしょう。

ヘアケア製品が肌に合わないだけでなく、シャンプーする頻度も機能に影響を及ぼすことがあるので、1日2回以上の洗髪は避けたほうが良いといわれています。

また、頭皮や毛髪の状態があまり良くないにも関わらずそれまでと同じヘアケア製品を使い続けていると症状が悪化し、より薄毛が進行してしまうかもしれません。

生活環境や生活習慣、ストレス、出産などの理由によって頭皮や毛髪の健康が損なわれている時にはより影響を受けやすいため、症状が深刻になる心配もあるので注意が必要です。

自分にあったヘアケア製品を使い機能を高めましょう

毛髪の機能を守り頭皮環境を正常に保つためにも、頭皮や毛髪のタイプに合ったヘアケア製品を選びましょう。

例えば髪のパサつきが気になる時には、頭皮の乾燥をケアするしっとり洗い上げるタイプのシャンプーやトリートメントを使い、さらに仕上げで洗い流さないトリートメントを使うケアの仕方があります。

髪のベタつきが気になる時には、頭皮用クレンジングで毛穴の汚れをきちんと落としてからボリュームアップのために髪のハリとコシをケアするタイプのシャンプーやトリートメントを使ったり、スタイリングでボリュームアップのためのミストを使ったりしましょう。

また、加齢や出産によって頭皮や毛髪の機能がどうしても下がって抜け毛のような症状が出てしまうことがあるでしょう。

そのような時にも乾燥などのケアと合わせて育毛剤を加えたり、女性ホルモンをサポートし育毛を手伝うサプリメントを加えたりする方法もあります。

普段の生活のなかで何気なく行っている洗髪やスタイリングは、頭皮や毛髪のタイプに合ったものを使い続けることが大切です。

それが健康な状態の頭皮や毛髪の構造や機能を維持することにつながるため、今使っているヘアケア製品を見直してみましょう。

(まとめ)健康な毛髪が持つ構造と機能とは?

1.健康な毛髪は外部の刺激から頭皮を守る機能や感覚器官としての働きを持っています

頭部を覆う毛髪はその人の印象に大きく関係するものですが、美容的な機能の他にも様々な働きがあります。

本来の機能として、頭を熱・紫外線・衝撃などから守ったり有害物質の排出したりといった役割などを持っているのです。

2.毛髪自体に自らを守る構造があります

毛髪はそれ自体を守る構造があり、髪の毛の量に関わる毛髄部、毛質に関わる毛皮部、一番外側で外部の刺激から守る毛小皮で構成されています。

そして髪の毛を正常に機能させるためには、地肌の中にある毛穴が重要です。

3.頭皮や毛髪に合わないヘアケア製品は機能低下の恐れがあります

たとえ健康な状態の頭皮や毛髪であっても、合わないヘアケア製品を使い続ければ機能を低下させる恐れがあるので注意しましょう。

それにヘアケア製品だけでなくシャンプーの頻度も気をつけたいポイントで、1日2回以上の洗髪は多すぎるといえます。

4.自分にあったヘアケア製品を使い機能を高めましょう

頭皮や毛髪の構造と機能を正常な状態に保つためには、タイプに合ったヘアケア製品を普段の洗髪やヘアスタイリングに使うことが大切です。

加齢や出産のような体にダメージのある時にはサプリメントでサポートする方法もあります。