洗髪の必要性は3日に1回で構わないという考え方もあります


洗髪を毎日行う人は少なくありませんが、健康な状態の頭皮であれば洗髪は3日に1回でも良いといわれています。

そのほうが洗いすぎを防いでスムーズな頭皮のターンオーバーを促せます。

しかし、頭皮が脂っぽかったり臭いが気になったりする場合は、タイプに合わせたヘアケア製品を使い毎日洗っても構いません。

洗いすぎが頭皮の健康を損なってしまうことがあります

正常な状態の頭皮には適度に皮脂が存在しており、その皮脂によって保護されています。

しかし、毎日シャンプーしていると必要な皮脂まで落としてしまい、肌のバリア機能を下げることもあるのです。

バリア機能の下がった皮膚はとてもデリケートな状態です。

頭皮の痒みや余分な皮脂の分泌を招きフケや炎症などを起こす原因になるだけでなく、痒いからと頭皮をかきむしることで毛髪の成長を妨げて薄毛の原因を作ってしまう可能性もあります。

また、シャンプーの頻度が1日2回以上であれば見直しをおすすめします。

毎日洗髪することは頭皮の状態や生活習慣、好みなどによって行っても構いませんが、1日2回以上では洗髪のし過ぎといえるでしょう。

1日にシャンプーする回数が増えている人の場合、髪や頭皮のベタつきや臭いが気になっていることも多いですが、髪や頭皮の洗いすぎが逆にそれらの症状を悪化させている可能性もあるのです。

頭皮や髪の状態に合わせて洗髪の頻度を決めましょう


健康な状態の頭皮や髪であれば、3日に1度の洗髪で構いません。

しかし、個人の生活習慣や好みなどによって毎日シャンプーすることが全く悪いわけではないので、自分の頭皮や髪に合わせて洗髪の頻度を決めましょう。

もし洗いすぎかどうかチェックしたい時には、シャンプーの泡立ちを確認してみましょう。

まず洗髪する前にお湯で予洗いしてからよく泡立てたシャンプーを頭皮や髪に付けて優しく洗います。

この時に少量のシャンプーでもよく泡立っていれば、頭皮や髪はそれほど汚れていないことになります。

そのような日が続くのであれば洗いすぎの可能性も出てくるため、2日の1回にしてみたり汚れが気にならない日だけ洗髪をやめてみたりすることも1つの方法です。

また、汚れや臭いが気にならない日はお湯で流すだけの洗髪を行っても良いでしょう。

もし頭皮の痒みや髪のパサつきが気になっているようなら、洗髪回数を減らして様子を見てみましょう。

タイプに合わないシャンプーは症状悪化の可能性もあります

洗髪の回数を減らしたとしても頭皮や髪のタイプに合わないヘアケア製品を使っていれば、なかなか症状の改善が見られないかもしれません。

そのため、普段使うシャンプーなどは自分の頭皮や髪の状態に合わせたものを選ぶことも大切なポイントになります。

全く髪に悩みがないという場合には、年齢による女性ホルモンの低下から起こる薄毛に備えたヘアケア製品を使ってみましょう。

しかし、ベタつき・パサつき・うねり・ボリュームについての悩みがある時には、それぞれの症状改善を目的としたヘアケア製品を使うことがおすすめです。

例えばベタつきが気になる時には、毛穴までクレンジングしたうえでボリュームアップ向けのシャンプーとコンディショナーでケアしましょう。

パサつきが気になるのなら、頭皮や髪を優しく保湿して乾燥から守るシャンプーとトリートメント、さらにプラスして洗い流さないトリートメントを使って保湿力をより高めるというヘアケア製品の選び方があります。

自分の頭皮や髪のタイプに合ったヘアケア製品がありますが、タイプを見誤ってしまうとケアの方法を間違えてしまうことになります。

その結果、症状が悪化する可能性もあるため、ヘアケア製品のサイトなどでタイプチェックを行ってから選ぶと安心でしょう。

(まとめ)健康な頭皮を保ちたい時の洗髪の必要性は?

1.洗髪の必要性は3日に1回で構わないという考え方もあります

毎日洗髪する必要性は低く、3日に1回程度の頻度で構いません。

しかし、頭皮のベタつきや臭いがに気になるような場合は、頭皮のタイプに合わせたシャンプーで毎日優しく洗っても良いでしょう。

2.洗いすぎが頭皮の健康を損なってしまうことがあります

適度な洗髪の必要性はありますが、洗いすぎると頭皮の健康を損なってしまうと考えられるので注意しましょう。

必要以上にシャンプーすると必要な皮脂などバリア機能を下げることになり、痒みや炎症などの症状を招く恐れがあります。

3.頭皮や髪の状態に合わせて洗髪の頻度を決めましょう

洗髪の頻度は個人の頭皮や髪の状態に合わせて決めると健康な頭皮環境を守ることに役立ちます。

洗髪の目安は3日に1回ですが、頭皮や髪の状態や好み、生活習慣などによって毎日行っても構いません。

4.タイプに合わないシャンプーは症状悪化の可能性もあります

普段使うシャンプーなどのヘアケア製品の選び方も大切で、自分の頭皮や髪に合わないものを使ってしまうと症状が悪化する恐れがあります。

頭皮や髪の悩みなどからタイプをチェックし、ぴったりのシャンプーで洗髪しましょう。