女性ホルモンは髪の健康に作用するため減少してしまうとはげることがあります


女性ホルモンのエストロゲンには髪の毛の健康を維持する働きがあり、ホルモンバランスが崩れてしまうと、抜け毛が増えてはげるリスクがあります。

閉経を迎えたタイミングで抜け毛が増えたり白髪が目立ったりしていたら女性ホルモンによる影響を疑いましょう。

10代や20代でも生活習慣の乱れや過剰なダイエットで女性ホルモンが足りなくなると、はげてしまうリスクがあります。

エストロゲン減少の原因をおさえましょう

はげリスクを高めるエストロゲン減少は、こんな理由で起こりえます。

自律神経の乱れ

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があってバランスを取りながら分泌されていますが、自律神経が乱れると上手にコントロールできなくなります。

脳がホルモンバランスを調整する指令塔として働いていて、エストロゲンが足りないとがんばって分泌しようとして、過剰になるとお休みするよう促すためです。

加齢による自然減少

エストロゲンは赤ちゃんを育むために分泌されるものでもあるため、20代をピークにして自然に減少していきます。

30代で徐々に分泌量が減っていき40代で急減するのが通常で、閉経を迎えるあたりには量が大きく減少します。

栄養不足

エストロゲンの原料になるアミノ酸やコレステロールが足りないと、分泌しようとしてもできません。

体を維持するのに必要な最低限の量を把握し、3食に分けてバランス良く摂取していく必要があります。

食生活改善でホルモンバランスを整えます

gn091_l
ホルモンバランスを整えて健康な髪をサポートする食生活として、こんな食材を取り入れましょう。

イソフラボン

豆腐や味噌などに入っている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするといわれていて、女性の体調改善に効果的です。

冷や奴を夕食にプラスしたり味噌汁を飲む習慣をつけたりするだけで簡単に摂取できる栄養素なので、日々の食事に取り入れやすく、少し意識するだけでホルモンバランスを改善できます。

ビタミンB

女性ホルモンの代謝を促進してバランスを整える働きをします。

マグロやカツオなどお魚、アボカドなどにたくさん入っているので、焼き魚や海鮮サラダ、お刺身などで取り入れましょう。

お肉類にも入っていますが、脂質の摂り過ぎで皮脂分泌過剰になるリスクがあるため気をつけます。

ビタミンE

ホルモン分泌をコントロールするとともにアンチエイジングを促すビタミンで、健康な髪を育てるために欠かせません。

ナッツ類に豊富に入っているので、無塩ローストアーモンドをおやつに食べたりアーモンドミルクを飲んだりすると良いでしょう。

慢性的な体の不調もまねきます

ホルモンバランスが崩れることではげるだけでも大変ですが、体に様々な支障が出て心身の健康を損なうリスクがあります。

たとえば、下記のような症状が起こるリスクがあると考えてください。

更年期症状や不定愁訴

急に不安になって涙がとまらなくなったりイライラして気分が落ち着かなくなったり、不定愁訴の引き金になります。

寝付きが悪くなる、眠りが浅いなど睡眠に支障が出ることもあり、体のだるさが抜けません。

生理トラブル

生理不順になったり無月経になったり、生殖機能が低下して生理トラブルの引き金となります。

ひどくなると妊娠しにくい体質になる女性もいて、これから結婚、出産を控えているお年頃ならホルモンバランスを意識しましょう。

むくみやすく、すぐ太る

ホルモンバランスが崩れると上手にエネルギー変換できなくなって、食べ過ぎるとすぐ太る体になります。

30代、40代になったあたりからボディラインの崩れがひどくなって肥満気味という女性は、エストロゲン減少を疑いましょう。

(まとめ)女性ホルモンの減少がはげの原因?

1.女性ホルモンは髪の健康に作用するため減少してしまうとはげることがあります

女性ホルモンバランスが崩れると健康な髪が育ちにくくなり、薄毛が進行するリスクがあります。

更年期にさしかかった年代だけでなく、20代や30代でも症状が出る人がいます。

2.エストロゲン減少の原因をおさえましょう

エストロゲン減少が女性の薄毛の一因ですが、ストレスや加齢、栄養不足によって悪化します。

薄毛症状が目立ってきたらホルモンバランスを意識した生活をはじめて、内面からケアしましょう。

3.食生活改善でホルモンバランスを整えます

食生活改善でホルモンバランスの乱れに対処できることがあり、イソフラボンやビタミンBを日々の食事に取り入れます。

アンチエイジングに役立つビタミンEも重要で、ナッツ類などから取り入れましょう。

4.慢性的な体の不調もまねきます

ホルモンバランスの乱れを放置すると更年期障害や不定愁訴の原因となり、生活の質を損ないます。

ダイエットの妨げにもなるので、美と健康を考えるなら早めの対処が重要です。