貧血で髪が細くなるのを防ぐにはバランスの良い食事が大切です

gn091_l
女性は特に貧血の状態に陥りやすいといいます。

生理による出血や妊娠による鉄分不足などが主な原因です。

この貧血によってさまざまな症状が出ますが、髪が細くなるというのもそのひとつです。

貧血による髪の変化を放っておくと、細くなるだけではなく抜け毛にも発展しかねません。

バランスの良い食生活や適度な運動などが解決策となります。

貧血状態では動悸や頭痛、肩こり、髪のボリュームダウンなどさまざまな症状が出ます

女性が陥りやすい貧血の状態は、鉄欠乏性貧血と呼ばれるものです。

体内に鉄分が不足することによって血液が作られにくくなり、赤血球やヘモグロビンが減少するために全身に酸素や栄養素が届きにくくなります。

貧血になるとさまざまな症状が出ます。

めまいや動悸、頭痛、肩こりなどが主な症状です。

そして髪の状態が悪化し、細くなるのも貧血の症状のひとつです。

ヘモグロビン減少によって脳や筋肉が酸欠状態や栄養不足の状態になり、めまいや肩こりなどが引き起こされます。

特に頭皮は血液がいきわたりづらく、髪を生成している毛乳頭に酸素や栄養素が運ばれにくくなります。

酸素や栄養素の足りない髪は弱くなり、どんどんやせ細っていきます。

また、キューティクルがはがれやすい状態になっているため、パサついたように見えてしまうのです。

その結果、髪にハリやコシがなくなり、ボリュームも減っていきます。

貧血かどうかを判断するには、上記のような症状や髪が細くなる現象のほかにも方法があります。

例えば爪が外に反り返っていたり、下瞼の色が白っぽくなっていたりすると、貧血気味のサインです。

めまいや動悸、肩こりなどは日常的に起こるもので見過ごしがちですが、細くなった髪に悩んでいて爪や下瞼の色などの異変があれば、早急に対策を取ることをおすすめします。

髪が細くなるだけではなく脱毛を起こすこともあります


血中のヘモグロビンの減少によって起こる貧血は、髪が細くなる原因です。

この状態をそのままにしておくと、髪の状態のみならず発毛サイクルにも影響を及ぼすことがあります。

健康な状態の発毛サイクルは髪が元気に育つ成長期があり、そこから少しずつ髪が伸びなくなる退行期、そして休止期に入って髪が自然に抜けていきます。

このサイクルが正常に繰り返されることで健康な髪が維持されているのです。

しかし、貧血になって発毛サイクルに乱れがあると、成長期から少しずつ退行期に入るのではなく突然休止期が訪れてしまうことがあります。

その結果、髪が細くなるだけではなく急に抜け落ちてしまい、髪が薄くなるケースも見られるのです。

休止期の髪が多くなり、髪が生えてこない症状を休止期脱毛症と呼びます。

この症状は少しずつ進行し、髪全体がまばらになるびまん性脱毛症の特徴を持っています。

そのため、症状が進行していることに気づかず放置してしまうこともあるのです。

このような脱毛症に進行する前に、髪が細くなった段階で貧血について対処を行い、脱毛症を防ぐことが重要です。

食事のバランス改善や運動などを心がけましょう

貧血状態を改善するにはどのようにすればいいのでしょうか。

貧血は鉄分の欠乏によって起こりますから、鉄分を積極的に摂取することが前提です。

いくら鉄分が貧血に良いからといって鉄分ばかり摂っていても、あまり意味がありません。

鉄分を生かすために栄養バランスの取れた食事をすることが大切なのです。

鉄分を効率よく吸収したり、体内で有効に活用させたりするためには、さまざまな栄養素の力を借りる必要があります。

例えば、ビタミンCには鉄分の吸収を助ける働きがあります。

正常に血液が作られるようになると、髪に十分な酸素や栄養素がいきわたることになりますが、このときに髪の生成を助ける栄養素がなければ髪の健康につながりません。

髪の毛の主成分となるタンパク質やビタミンB12、葉酸や髪の生成を助ける亜鉛などの栄養素のバランスによって健康で強い髪が生まれるのです。

このように、多くの栄養素が貧血と髪の生成に関係しています。

そのため、栄養バランスの良い食事でたくさんの栄養素を摂ることが求められるのです。

その他、より血流を活発にするために適度な運動を行うのもおすすめです。

疲れるほどの激しい運動でなくても、軽く息が切れる程度の有酸素運動で十分です。

有酸素運動で酸素を取り入れれば、血流の改善が期待できます。

そしてその血流は頭皮にも届き、健康な髪の生成につながるでしょう。

(まとめ)貧血で髪が細くなる症状の対策法とは?

1.貧血で髪が細くなるのを防ぐにはバランスの良い食事が大切です

貧血が女性に多いのは生理や妊娠による鉄分不足などが理由です。

この貧血の症状のなかに、髪が細くなるというものがあります。

バランスの良い食生活や運動をすることで解決できます。

2.貧血状態では動悸や頭痛、肩こり、髪のボリュームダウンなどさまざまな症状が出ます

女性に起こりやすいのは鉄欠乏性貧血で、鉄分不足によって赤血球やヘモグロビンが減少することで起こります。

この貧血の症状として、髪が細くなることをはじめ動機や肩こりなどの症状が出るのです。

3.髪が細くなるだけではなく脱毛を起こすこともあります

貧血によって髪が細くなる状態をそのままにしておくと、脱毛に発展する可能性があります。

貧血で発毛サイクルに乱れが生じ、休止期の髪が多くなり髪が薄くなるのです。

脱毛症になる前に、髪が細くなった時点で貧血への対策を取るべきです。

4.食事のバランス改善や運動などを心がけましょう

貧血状態を改善するためには、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

摂取した鉄分を生かし、髪を健康にするためにも、多くの栄養素をまんべんなく摂りましょう。