実際に産後に髪質が変わることがあります


出産をした後は、体に様々な変化が現れますが、その中には「髪質の変化」もあります。

急に髪の様子が変わって驚く方もいるかもしれませんが、これはよくあることなので、心配し過ぎる必要はありません。

とはいえ、髪質が悪くなってしまうと、毎朝のセットも大変ですから、このような変化の対策方法について知っておくようにしましょう。

女性ホルモンのバランスが崩れることで髪質に変化が起こります

出産前後は、体に大きな負担がかかりますし、なかなか自分のケアが十分に行えない時間が続きます。

そんな慌ただしい日々を過ごした後に、ふと気が付いたら、髪の毛の状態が今までと違っていることに気付く……、そんなママたちがたくさんいます。

出産後に起こる髪質の変化の原因には、次のようなものが挙げられます。

  • 髪のパサつき
  • 髪がゴワゴワする
  • くせ毛がひどくなった
  • うねってしまってまとまらない

このような髪質の変化は、女性ホルモンの分泌量の変化によって起こります。

妊娠中の女性の体内では、たくさんの女性ホルモンが分泌されています。

しかし、出産をすることで、この女性ホルモンの分泌量が通常の状態に戻ってしまいます。

すると結果的に、女性ホルモンの分泌量が急激に減少してしまうことになるのです。

女性ホルモンには、女性の皮膚や髪の毛を美しく健康に保たせる働きがあるため、これが崩れると、頭皮や髪の毛に異常が起こります。

これが、産後に髪質が変わってしまう原因なのです。

シャンプーの仕方を見直してみましょう


出産後に髪質が変化してしまった場合、シャンプーに原因があることもあるので、一度見直してみてください。

女性ホルモンの減少による体質の変化

女性ホルモンが急激に減少してバランスが崩れることによって、体質が変化している可能性があります。

これまでは問題なく使えていたシャンプーが頭皮に合わなくなり、それまでと同じケアでは頭皮の保湿が十分でなくなることがあるのです。

出産後に髪質が変化したら、まず、シャンプーを低刺激で高保湿のものに見直してみてください。

忙しさによるケア不足

産後の女性は非常に多忙で、なかなか自分の時間が取れない場合が多くあります。

シャンプーも時間をかけずにささっと洗って適当にタオルで拭いておしまい、という方も少なくないでしょう。

しかし、これでは頭皮ケアとしては不十分です。

きちんとシャンプー剤を十分に洗い流したり、ドライヤーで完全に髪の毛を乾かしたりするの時間を取れるようにしてください。

30代、40代ママは特に注意が必要です

妊娠と出産を経た後の女性ホルモンの分泌量の変化は、どんな女性にも起こることです。

しかし、30代、40代のママに髪質の変化が訪れた場合は、特に注意が必要です。

加齢による髪質の変化

女性の髪質の変化は、妊娠や出産だけで起こるものではありません。

加齢によってこういった髪質の変化が起こることもあります。

年齢が上がると、皮膚がたるんで毛穴の形が変わってしまうことがあります。

すると、髪の毛のうねりやくせ毛が起こりがちになってしまうのです。

また、皮脂の分泌量が低下することによって、頭皮が乾燥しがちになったり、荒れてしまったりして髪質が悪くなることもあります。

30代、40代ママが出産後に髪質が変わったと感じる場合は、これらの加齢による髪質の変化が女性ホルモンのバランスの崩れによって顕在化して、目立つようになったということもあります。

エイジングケアを行いましょう

年齢に応じた頭皮ケアを行うことで、髪質の変化を食い止めるようにしましょう。

保湿をこれまで以上に大切にして、オイルやローションなどを使ったり、頭皮パックをしたりするのがお勧めです。

頭皮を労わって、いつまでも艶のある髪の毛を維持していきましょう。

(まとめ)産後、髪質が変わってしまうこともあるの?

1.実際に産後に髪質が変わることがあります

出産後の女性の体には様々な変化が起こります。

そのため、髪質が変わること自体は珍しいことではありません。

毎朝のセットのためにも対策方法について知っておくようにしましょう。

2.女性ホルモンのバランスが崩れることで髪質に変化が起こります

出産後の女性の中には、髪の毛のパサつきやごわつき、くせ毛などに悩まされる女性も少なくありません。

こうした髪質の変化は、出産によって女性ホルモンのバランスが崩れることで起こります。

3.シャンプーの仕方を見直してみましょう

出産後の髪質の変化は、体質が変わって、これまでと同じシャンプーでは頭皮に合わなくなってしまった、または、忙しくて十分なシャンプー時間を確保出来ていないといったことから起こります。

髪の健康のためにも、シャンプーの仕方を見直してみましょう。

4.30代、40代ママは特に注意が必要です

妊娠、出産後の女性ホルモンの乱れは誰にでも起こることですが、30代、40代ママの場合は、それに加齢による変化が加わっている可能性があります。

エイジングケアを行って髪質の維持を目指しましょう。