育毛のためには、ゴールデンタイムに睡眠をとるのが理想です。


健康な髪を育てるために、睡眠は欠かすことができません。なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長するからです。

特に成長ホルモンがたくさん分泌されるゴールデンタイムに睡眠をとるのが、育毛のためには理想的です。
しかし、忙しくてゴールデンタイムに睡眠をとるのが難しいこともあるでしょう。

そんなときは、睡眠の質を上げることで、短時間の睡眠しかとれなくても成長ホルモンの分泌を助けることができます。

育毛のゴールデンタイム

女性なら、「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。「お肌のゴールデンタイム」とは、22時から2時までの時間帯のことで、美肌のためにはこの時間帯に睡眠をとることが大切だと言われています。

その理由は、22時から2時までの時間帯に、成長ホルモンの分泌が活発になるからです。そして、「お肌のゴールデンタイム」は、育毛のゴールデンタイムでもあります。

なぜなら、頭皮も肌の一部であり、成長ホルモンによって髪は夜に成長するからです。
また、日々の疲れをリセットしたり、ストレスの解消や身体を休めて修復したりする作業も、成長ホルモンによって行われます。

そのため、ゴールデンタイムに睡眠をとることは、肌のためだけでなく、髪のためにも、全身の健康のためにも大切なことなのです。

ゴールデンタイムに寝ないと、育毛できない?

睡眠不足は、育毛を阻害し、抜け毛や薄毛の原因になります。というのも、睡眠時間が足りないと成長ホルモンが十分に分泌されず、髪が弱くなり、そして成長が止まってしまうからです。
そうは言っても、ゴールデンタイムである22時に寝ようと思っても、忙しい現代女性にとってはなかなか難しいのが現実ではないでしょうか。

しかし、ゴールデンタイムに睡眠がとれないからといって、育毛を諦める必要はありません。なぜなら、さまざまな研究によって、ゴールデンタイムは必ずしも22~2時ではないことが分かってきたからです。

最近の研究では、睡眠をとる時間帯よりも、寝入ってから3時間程度が成長ホルモンの分泌が盛んになることが分かってきました。
そのため、たとえ寝るのが遅くなってしまっても、入眠からの3時間にしっかり質の良い睡眠をとることができれば、育毛を促進すると考えられています。

睡眠の質を高めて、育毛を促進しましょう。


育毛のためには、ゴールデンタイムに眠ること、そして睡眠の質を高めることが大切です。ここでは、睡眠の質を良くするためのポイントをご紹介します。

ぬるめのお湯で半身浴

ぬるめのお湯でゆったり半身浴を行うと、身体を芯から温めることができます。
また、お湯につかるのはリラックス効果もあり、気持ちを落ち着けてくれます。

パジャマは、身体を締め付けすぎないものを

寝ている間は、成長ホルモンや栄養素は血液によって全身に運ばれます。
そのため、身体を締め付けるようなものを着ていると、血流が止まってしまい、身体の組織に栄養や酸素が運ばれなくなってしまいます。

なるべく身体を締め付けないパジャマを着て、睡眠中の身体に負担をかけないようにしましょう。

寝る直前のテレビやスマホの使用はやめましょう

寝る直前にテレビやスマホ、パソコンなどを使っていると、強い光を浴びて興奮状態になってしまい、寝つきが悪くなります。
なるべく寝る1時間前からは、ちょっと薄暗くした部屋で、読書などで穏やかに過ごしましょう。

(まとめ) 育毛のためには、ゴールデンタイムに寝るべき?

1.育毛のためには、ゴールデンタイムに睡眠をとるのが理想です。

育毛のためには、睡眠は欠かすことのできない存在です。健康な髪を育てるためには、なるべくゴールデンタイムに質の良い睡眠をとるようにしましょう。

2.育毛のゴールデンタイム

育毛のゴールデンタイムは、お肌のゴールデンタイムと同じ22時~2時の間です。この時間帯に睡眠をとると、成長ホルモンが活発に分泌されるので、美肌効果や育毛効果、さらに健康効果が期待できます。

3.ゴールデンタイムに寝ないと、育毛できない?

ゴールデンタイムに睡眠をとることが難しくても、育毛を諦める必要はありません。ゴールデンタイムでなくても、入眠から3時間程度は成長ホルモンの分泌が活発になることが研究で分かってきています。

4.睡眠の質を高めて、育毛を促進しましょう。

ゴールデンタイムに寝ていても、睡眠の質が悪ければ、育毛の効果は薄れてしまいます。入浴のしかたや、寝る直前までの過ごし方を工夫して、睡眠の質を高めるようにしましょう。