加齢による髪の変化に上手に向き合い、心と身体の健康を大切にすることが育毛につながります。


50代になると、髪の毛の悩みや不安を抱える方が増えてきます。
たとえば、髪の毛のボリュームがなくなったり、分け目や生え際が気になったりと、薄毛や抜け毛の悩みです。

その原因のひとつが「軟毛(なんもう)」の増加です。
やわらかく細い軟毛が増えると、髪全体が薄い印象になります。

特に、女性は30代後半から女性ホルモン低下を受け、髪の毛の質にも変化が起こります。
また、40代の2人に1人は白髪で悩んでいるというデータもあるほどです。

しかし、加齢とともに起こる髪の毛の変化は自然現象であり、生きている証拠です。深刻に悩む必要はありません。むしろ、気にし過ぎてストレスになる方が、良くありません。

それは、心の健康も育毛を考える上で重要な要素だからです。
まずは、できることからはじめて育毛力をつけましょう。

それには、暴飲暴食をしていないか、運動不足や睡眠不足になっていないか、など生活スタイルを見直すことが大切です。
そして、便利なものに頼り過ぎず、身近にある生活や暮らしを丁寧に繰り返すことが髪の毛を元気にします。

誰も避けることができない、髪の毛の老化現象

年齢を重ねると、髪の毛の老化現象がはじまります。
髪の毛の老化現象とは、新陳代謝が低下し髪の毛に十分な栄養が行き渡らず髪の毛の成長が悪くなることです。

さらに、繰り返されるカラーリングや間違ったヘアケアなどをしているうちに、髪の毛はさらにダメージを受けます。
すると髪の毛は、ツヤやハリを失い細くなっていくのです。

また、50代を過ぎると軟毛が増え始めます。軟毛とは、やわらかく弱々しい髪の毛です。

はじめて「軟毛(なんもう)」という言葉を聞く方もいるかもしれませんが、生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛が軟毛です。

50代で増える軟毛(なんもう)の特徴

  • 細くてやわらかい
  • キューティクルが少ない
  • メラニン色素が少なく、色が薄い
  • 抜け毛になりやすい

育毛には心の健康も大切です


50代になると、髪の毛に対して不安や心配を抱える方もいるかもしれません。
しかし、加齢とともに体力が落ちるように、身体の変化や髪の毛の変化は自然現象であり、生きている証拠です。

あまり、気にし過ぎないようにしましょう。深刻に悩むと、ストレスとなり育毛を妨げてしまいます。

髪の毛に対して意識が集中しないように趣味やスポーツなど自分なりのリラックス法を見つけましょう。

リラックスできる呼吸法

気分が落ち込んだときやイライラしたときに行いましょう。
これは、自分の呼吸に意識を集中させ、酸素が行き渡ることで自然と身体の緊張が和らぐ呼吸法です。

  1. 立ったままでも椅子に座った状態でも、寝た状態でも良いので、力を抜きます。
  2. お腹に手を当てます。
  3. 「1つ、2つ、3つ」と数を数えながら、口をつぼめてゆっくりと息を吐き切ります。
  4. お腹が引っ込んだら、今度はお腹を膨らませながら、息を吸います。
  5. これを1分程度続けます。

便利なものに頼り過ぎない、丁寧な暮らしが育毛につながります

料理をするのが面倒だからと、インスタント食品やコンビニのお弁当などを購入することはありませんか。
また、家事は便利な電化製品にお任せという生活ではありませんか。

世の中は便利なもので溢れていますが、実はそれは甘いワナです。料理は手作り、毎日の掃除や洗濯など、ひとつひとつの丁寧な生活が育毛につながります。

生活スタイルの見直し

  1. 快適な電化製品

    日々家電は進化していますが、便利になる一方で、昔と比較すると家事での運動量は激減しています。
    運動しないと、筋肉が使われず体温が下がり、血行が悪くなります。

    その結果、頭皮温度も下がり髪の毛に栄養が行き渡らず、薄毛や抜け毛の原因になります。

  2. インスタント食品やフォーストフードの食べ過ぎ

    低価格で美味しいインスタント食品やファーストフードですが、食べ過ぎると栄養が偏ります。
    バランスの良い食事を心がけましょう。

  3. 睡眠

    睡眠不足は、イライラや不安を感じやすくさせます。
    規則正しい生活を大切にして下さい。

(まとめ)50代からはじめる育毛、簡単にできるオススメ生活術とは?

1.加齢による髪の変化に上手に向き合い、心と身体の健康を大切にすることが育毛につながります。

加齢とともに起こる髪の毛の変化は、生きている証拠です。心配し過ぎて、ストレスになる方が良くありません。
育毛につながる意味でも、髪の毛の変化を受け入れ、心と身体の健康を大切にしましょう。

2.誰も避けることができない、髪の毛の老化現象

年齢を重ねると、抜け毛や白髪など髪の毛の悩みが増えます。特に50代になると軟毛が増え始め、薄毛の印象を与えてしまいます。
しかし、このような髪の老化現象は誰も避けることができません。

3.育毛には心の健康も大切です

髪の毛に対して、深刻に悩むのはストレスとなり育毛を妨げます。髪の毛に対して意識が集中しないように趣味やスポーツなど自分なりのリラックス法を見つけましょう。
リラックスできる呼吸法もおすすめです。

4便利なものに頼り過ぎない、丁寧な暮らしが育毛につながります。

インスタント食品や便利な家電は、栄養の偏りや運動不足を起こし髪の毛にも悪影響です。育毛につなげるためにも、バランスの良い食事作りや身体を使った家事は大切です。
できるところコツコツと丁寧な暮らしを心がけましょう。