髪の栄養補給は内と外の両側から!


女性の育毛にはさまざまなアプローチがありますが、基本中の基本は「髪を育てる栄養」をしっかり取ることです。

まずは内側から栄養補給

言うまでもなく、栄養補給の第一は食事です。
健康な髪を作る食事とは、ひとことで言えば栄養バランスが取れた食事のことです。

育毛に欠かせない栄養素は、「たんぱく質」「ビタミン類」「ミネラル(亜鉛)」の3つです。この3つの栄養素を、毎日の食事でバランスよく摂取するようにしましょう。

外側からも栄養補給

せっかく食物から摂取した栄養ですが、人体のメカニズム上、生命維持に必要な部分から優先的に使われてしまいます。
髪の成長に使われるのは「あまったもの」ですから、どうしても不足してしまいがちになるのです。

そこで、外側からの栄養補給も行いましょう。
薬用成分を配合した育毛剤には毛母細胞の働きに必要な有効成分が含まれていて、髪の栄養補給を補助します。

アミノ酸系の育毛シャンプーなども髪や頭皮に栄養を与えてくれます。

血行促進で栄養を頭皮に届ける

摂取した栄養を毛根まで運ぶのは血液の役目です。血流をよくすることも栄養補給のひとつと考え、頭皮マッサージや有酸素運動なども取り入れましょう。

現代女性の髪のトラブルは栄養不足が原因

現代人の約9割は栄養不足と言われています。これは食生活が変化して、コンビニ食やファストフードなどが増えたことが原因です。
外食中心の食生活ではカロリーや脂肪ばかりが過多になり、野菜やミネラルなど育毛に必要な栄養が不足してしまうのです。

肉や魚をいくら食べたところで、それを消化吸収して細胞に行き渡らせる役割を持つ栄養が不足していては意味がありません。
また、動物性たんぱく質などの食べすぎも栄養不足につながります。

取りすぎた栄養は脂肪として蓄積されてしまい、血管を圧迫します。

このため血流が悪くなり、育毛に必要な栄養素が逆に髪に届かなくなってしまうのです。
食べすぎによる肥満は頭皮の皮脂分泌を活発にしてしまうため、毛穴がふさがれて育毛を阻害するというリスクもあります。

髪の栄養補給におすすめの食べ物

たんぱく質(良質なアミノ酸を含む栄養素)

たんぱく質は髪の毛のもとになる栄養素です。
肉、乳製品、卵、大豆などに豊富に含まれています。

日ごろの食生活で特に意識しなくても摂取できる栄養ですが、問題は質です。
肉類ばかりで野菜類が不足していると、たんぱく質や脂質の過剰で肝臓に負担がかかるなど、むしろ髪の成長に悪影響を及ぼします。

育毛におすすめのたんぱく源は大豆です。

擬似女性ホルモンと言われる「大豆イソフラボン」で、年齢と共に減少する女性ホルモンを補うこともできます。

ビタミン群(髪の成長を促す栄養素)

  • ビタミンB2
    細胞の新陳代謝を促す一方で、皮脂の過剰分泌を抑制します。
  • ビタミンB6
    ケラチンの構成や摂取したたんぱく質の吸収を促進します。
  • ビタミンC
    たんぱく質やコラーゲンの構成を促進し頭皮環境を正常化します。
  • ビタミンE
    血流や髪の成長を促進し、頭皮や髪の老化防止などの効果があります。

亜鉛(たんぱく質を髪に変える栄養素)

亜鉛はたんぱく質の合成を促す働きや、新陳代謝を促進する働きがあり、髪の育成には欠かせない栄養素です。
食品から摂取しにくいため、亜鉛サプリなどで補うこともおすすめです。

外側からのアプローチで効果が増します

食事だけでは栄養が不足しがちな場合、体の外側からも栄養を補給してあげると効果的です。たとえば髪の栄養補給を手助けしてくれるのが育毛剤です。

女性用育毛剤には栄養を与えるだけでなく、血行促進効果があることも重要なポイントです。頭皮の血行がよくなることで体の内側からの栄養が毛根に行き届き、一石二鳥と言えます。

また、アミノ酸系シャンプーからも栄養を補給することができます。
毎日使うシャンプーにはアミノ酸だけでなくビタミン、ミネラルが配合されているものを選ぶとよいでしょう。

「加水分解コラーゲン」「加水分解シルク」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」などの品質表示が目安になります。

外側からも内側からも同時にケアを行えば、薄毛は少しずつ改善し、健やかな髪が成長する土台を作ることにつながります。

(まとめ)育毛によい栄養を効果的に取る方法はある?

1.髪の栄養補給は内と外の両側から!

内からの栄養補給はバランスの取れた食事を取ることです。毎日の食事で「たんぱく質」「ビタミン類」「ミネラル(亜鉛)」の三大栄養素を取りましょう。
同時に育毛剤やアミノ酸系シャンプーなどを利用して、外からも頭皮に栄養を与えると効果的です。

2.現代女性の髪のトラブルは栄養不足が原因

日本人の食生活が変化し、コンビニ食やファストフードなどが増えたことで、ビタミンやミネラルといった育毛に栄養素が不足してしまいます。
また、動物性たんぱく質などの食べすぎから、蓄積された脂肪が血行を阻害し、必要な栄養素が逆に髪に届かなくなる面もあります。

3.髪の栄養補給におすすめの食べ物
  • たんぱく質
    髪の毛のもとになる栄養素です。
  • ビタミン群
    細胞の新陳代謝を促すビタミンB2、たんぱく質の吸収を促進するB6、頭皮環境を正常化させるビタミンC、血流や毛髪の成長を促進するビタミンEなどです。
  • 亜鉛
    たんぱく質の合成や新陳代謝を促進する働きがあります。
4.外側からのアプローチで効果が増します

髪の栄養補給を手助けしてくれる女性用育毛剤には栄養を与えるだけでなく、血行促進効果があり、一石二鳥と言えます。また、シャンプーにはアミノ酸だけでなくビタミン、ミネラルが配合されているアミノ酸系のものを選ぶとよいでしょう。