髪の毛のざらつきは癖が原因のこともあります


髪の毛がざらつきを持っている時に最初に考えることは、髪の毛の痛みでしょう。
しかし、髪の毛は痛んでいないのに、ざらつくことがあるようです。

髪の毛がざらつきを持つ原因としては、癖が関係している可能性もあります。
くせ毛というと、天然パーマのようなイメージですが、髪の表面に癖がついてしまい、ゴワツキやざらつきなど感触に変化が出ることもあるようです。

こうしたざらつきを改善するためには、トリートメントで髪の毛自体を整えるだけでは足りないかもしれません。

髪の毛のざらつきは毛穴から始まっているかもしれません

髪の毛のざらつきは、髪のキューティクルが傷ついて始まるものと髪の毛の癖が原因のものがあるようです。
髪の毛に癖がついたことによるざらつきは、髪の毛の断面のゆがみによって起こります。

断面の形が丸くなくなることで、髪の毛一本一本がでこぼこしてしまい、触ると全体的にざらつきを感じるようになってしまうのです。
こうしたざらつきは、髪の毛の生える元がゆがんでいるために起こるといわれています。

生え始めである毛穴の部分がゆがんでいるから、そこから出てくる髪の毛もゆがんでしまうのです。

毛穴がゆがむ原因としては、継続的な毛穴への刺激が考えられます。
髪を同じ方向へと結い上げることが続いたり、毛穴が傷ついたりすることがあると、毛穴が変形してしまい、髪の毛がゆがんで生えてしまうようです。

もちろん、髪のキューティクルが剥がれてざらつきが出ることもあります。
しかし、髪の毛にダメージを与えるようなことをしていないのにざらつきを感じる場合には、毛穴のゆがみを疑ってみると良いでしょう。

髪の毛のざらつきが出た時の毛穴は傷ついている可能性があります


髪の毛のざらつきが出た時に、キューティクルが傷ついたのか、髪の毛のゆがみがあるのかを見分けるためには、毛穴にダメージを与えていないかを考えることが大切です。
また、髪の毛のケアを正しく行い、髪にダメージを与えていないかを考えることで原因を絞ることが可能です。

髪の毛のざらつきが毛穴のゆがみにある場合には、髪の毛自体がゆがんでしまうため、ヘアセットもまとまりにくくなり、毛先が絡むようになるかもしれません。
髪の毛のざらつきが出た時には、多くの場合、いつも以上にトリートメントをしたり、丁寧なヘアケアを行ったりなどの工夫をするでしょう。

しかし、キューティクルではなく毛穴に原因がある場合には、丁寧にケアを行ってもざらつきを直すことは難しくなります。
トリートメントの効果が感じられないざらつきには、毛穴の改善を目指したケアを行うことが必要です。

また、毛穴の状態を改善するには長期間かかることが一般的なため、根気よく続けることが求められます。

髪の毛がざらつきを持っている時はトリートメントや毛穴ケアで対処する必要があります

髪の毛がざらついている時は、ざらつきの原因に沿った方法で正しくケアを行うことが必要です。
毛穴が原因でざらつきが出ているのに、髪の毛のトリートメントを行っても改善されにくいものです。

また、反対にキューティクルが傷ついているのに、それをケアせずにいれば痛みはさらにひどくなるかもしれません。
毛穴が原因で髪の毛がざらつきを持っている場合、早急に直したいのであればくせ毛と同じような対策が必要かもしれません。

縮毛矯正は髪の毛の大きなうねりを直すだけでなく、ゴワツキやざらつきを持つ髪の改善にも役立つといわれています。
長期的に改善を目指すのであれば、髪の毛の結い方を同じにしないように注意して、毛穴のダメージを緩和することが大切です。

時間はかかりますが、毛穴から健康になることで髪の毛の美しさも改善されるかもしれません。

(まとめ)髪の毛にざらつきが出るのはなぜ?

1.髪の毛のざらつきは癖が原因のこともあります

髪の毛がざらつきを持っているのは、髪の毛の表面についた癖が原因かもしれません。髪の毛が痛んでいないのに、ざらつく場合にはトリートメントだけでは改善できないでしょう。

2.髪の毛のざらつきは毛穴から始まっているかもしれません

髪の毛のざらつきが感じられる時は、髪の毛がゆがんでいることが原因かもしれません。毛穴が何らかの原因によってゆがんでしまうと、そこから生える髪の毛の断面もゆがんでざらつきを感じることがあります。

3.髪の毛のざらつきが出た時の毛穴は傷ついている可能性があります

髪の毛のざらつきが出た場合には、キューティクルの問題か毛穴のゆがみが原因かを考えて改善を目指すことが必要です。毛穴のゆがみが原因の場合には、トリートメントをしても改善しないといわれています。

4.髪の毛がざらつきを持っている時はトリートメントや毛穴ケアで対処する必要があります

毛穴が原因で髪の毛がざらつきを持っている場合には、それに合った方法でケアをしてやることが大切です。早急に直すなら縮毛矯正をかけるのも良いでしょう。
じっくり直すのであれば、毛穴に負担をかけないようにすることが大切です。