ホルモンには全身に影響する様々な作用があり、頭髪には特に女性ホルモンが影響します


男性ホルモンや女性ホルモンという言葉をご存知でしょうか。

そもそもホルモンという物質は、身体の内部(甲状腺・すい臓・生殖腺・腎臓・骨髄など)で作られ、無色透明で血液を巡って全身に作用して調節する役割があります。

その中でも男性ホルモンと女性ホルモンは性ホルモンと呼ばれており、男女の身体的性差を作り出す性ホルモンです。

具体的に、男性ホルモンは身体の各所に作用して筋肉質な身体を作ったり体毛の発育を促したりしますが、一方の女性ホルモンは丸み帯びた体型を作るように働きかけたり自律神経を安定させたりする働きがあると考えられています。

人間の性差を作り出している2つの性ホルモンではありますが、男性の身体にも女性の身体にもどちらにも男性ホルモンと女性ホルモンがあるのです。

髪の毛は、両者に備わる女性ホルモンの働きによってコントロールされていることを覚えておきましょう。

またあくまでも男性ホルモンが作用するのは「体毛」であり、「頭髪」とは別であることも重要なポイントです。

「体毛」が濃いからといって「頭髪」も豊かであるかと言えば、必ずしもそうではないということもあるでしょう。

これはそれぞれの成長を司るホルモンが異なることを意味しています。

女性の育毛には「エストロゲン」が深く関わっている

女性ホルモンの中でも、エストロゲンというホルモンが毛髪に深く関わっていると言われています。

エストロゲンには髪の毛の成長を促したり髪の毛の成長期間を持続させたりする作用があり、女性だけではなく男性にも備わっているホルモンです。

女性の中には、出産後や閉経後に育毛トラブルが現れることがあるので注意しましょう。
出産後や閉経後の更年期を迎えた女性は、エストロゲンの分泌量が極端に減少するからです。

この影響により、抜け毛が増えたり髪が薄くなったりするというトラブルが起こる場合があるのです。

もちろんこの他にも、育毛トラブルには様々な原因が考えられますが、ホルモンが関係している場合はヘアサイクルの見直しをする以外にも、より具体的な対策が必要と考えられています。

育毛のためには女性ホルモンを増やせば良いのか


理屈から言えば、女性ホルモンを増やせば良いと考えることができます。
育毛剤など身体の外側から摂取するホルモンよりも内服薬の方が、即効性があってすぐ効果が表れるようです。

しかし人間の健康な身体は、何種類ものホルモンのバランスの上に存在しています。
髪に関してのホルモンバランスは、男性ホルモンと女性ホルモンがバランスよく分泌されている状態です。

エストロゲンの減少もホルモンバランスが崩れることによる育毛トラブルが起こる一例ですが、エストロゲンばかりを摂取することもホルモンバランスを崩すことになります。

抜け毛や薄毛になったとき、短絡的に原因を女性ホルモンの減少と決めつけず、まず身体全体の状態を見る必要があるのではないでしょうか。

育毛剤に女性用と男性用がある理由

女性ホルモンの減少による育毛トラブルには、先述した通り育毛剤のように身体の外側から育毛を促す方法とホルモン剤などの薬を服用して身体の中から改善する方法があります。

薬を服用する方法の方が効果をすぐに得られる可能性が高いですが、自分の育毛トラブルの原因に見合った育毛剤であれば、効果がわかるまで時間はかかりますが十分に得られるはずです。

しかし同じ女性ホルモンの分泌低下対策を講じている育毛剤であっても「女性用」と「男性用」がある点には注意しましょう。

男性と女性ではホルモンバランスの低下による抜け毛や薄毛の症状の現れ方に違いがあるため、育毛剤が区別されているのです。

育毛剤を購入する際は、しっかり内容を確認してから使用するようにしましょう。

(まとめ) 女性の育毛とホルモンはどのような関係があるの?

1.ホルモンには全身に影響するさまざまな作用があり、頭髪にはとくに女性ホルモンが影響します

身体の様々な部位へ影響するホルモンの中でも、性ホルモンの一つである女性ホルモンには髪の毛の成長をコントロールする作用があると言われています。

「体毛」は男性ホルモンがコントロールしているため、「体毛」が濃いからと言って「頭髪」も豊かであるとは限りません。

2.女性の育毛には「エストロゲン」が深く関わっている

女性ホルモンは男性にも女性にも備わっており、とくにエストロゲンというホルモンが髪の毛の成長に深く関わっています。

女性は出産後や閉経後にエストロゲンが減少し育毛トラブルを起こしやすくなるため、具体的な対策が必要となるでしょう。

3.育毛のためには女性ホルモンを増やせば良いのか

抜け毛や薄毛に悩み始めたら、その対応として女性ホルモンを摂取することは必要なことではあります。

しかしホルモンバランス全体を考えたとき、むやみに女性ホルモンばかりを摂取することは逆効果です。

4.育毛剤に女性用と男性用がある理由

同じ女性ホルモン対策を講じている育毛剤に男性用と女性用が存在します。

これはホルモンバランスが崩れた場合に生じる抜け毛や薄毛の症状の出方に差異があるからです。
しっかり内容を確認してから使用しましょう。