育毛にもっとも重要な栄養素はたんぱく質です。


それは、髪の毛の主成分がケラチンというたんぱく質からできているからです。
髪の80~90%はこのケラチンで構成されています。

残りのわずかな部分は、水分やメラニン(色素)、脂質などの成分です。
昔から育毛にはわかめや昆布、ヒジキなどの海藻類を食べれば良いと言われていますが、実際には根拠が乏しい話のようです。

きっと髪の色が黒く、髪につながるイメージからそう思われてきたのでしょう。
育毛には髪の主成分であるたんぱく質が何より重要となります。

しかしたんぱく質だけをたくさん取っていれば育毛につながるわけではありません。
髪が作られるときには、亜鉛や鉄分、ミネラルなども必要となります。

たんぱく質をしっかりと摂取し、なおかつ海藻類も一緒に取ることで育毛の効果が高まると言えるでしょう。
髪に必要な栄養素をバランスよく取ることで育毛が可能になるのです。

また髪を生やし育てていくためには、バランスの取れた食事を規則正しい時間帯に効率よく取ることが大切です。

たんぱく質を上手に摂取する方法

髪に必要なたんぱく質には、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。
動物性たんぱく質には必須アミノ酸というたんぱく質を作るために必要な成分がバランスよく含まれています。

たとえば、肉・魚・卵・乳製品(牛乳・チーズなど)などです。
一方、植物性たんぱく質は、大豆製品(枝豆・納豆・豆腐など)に多く含まれています。

植物性たんぱく質は一部のアミノ酸が不足しているため、動物性たんぱく質と合わせてバランスよく摂取することが大切です。

成人で一日のたんぱく質の摂取量は体重1キロにつき、1~1.2グラムと言われています。

1日の食事のトータルで摂取できるよう工夫しましょう。
いずれも人間の体に欠かせない大切なたんぱく質ですが、過剰に摂取するのは危険です。

取りすぎることで内臓脂肪がつきやすくなる、腎臓や肝臓への負担が増え病気になりやすくなるなどの弊害をもたらすので、注意しましょう。

育毛にはビタミンや亜鉛も必要


育毛にはたんぱく質だけでなく、ビタミンや亜鉛なども必要です。
これらは髪を伸ばすためには欠かせない成分なので、たんぱく質と合わせて摂取しましょう。

ビタミンは、人間の体で作り出すことはできません。

カボチャや人参、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に含まれているビタミンA、レモンやゆず、パプリカなどに多く含まれているビタミンC、アーモンドやオリーブ油、菜種油などの植物性油に多く含まれるビタミンEなどは頭皮の健康を保ち、疲労回復やストレス回復効果、血流改善などに役立ちます。

またビタミンB2やビタミンB6は毛母細胞の働きを活発にし、ビオチン(ビタミン7)は髪の寿命を延ばすと言われています。

これらはレバーに豊富に含まれているので、積極的に摂取しましょう。
いずれも取りすぎると健康を害することがあるので、バランスよく適量を摂取することが大切です。

育毛には頭皮のダメージケアも忘れずに

育毛にはたんぱく質やビタミン、亜鉛など育毛に必要な栄養素を取ることが大切なのはお分かりいただけたと思います。

しかし気をつけたいのは、いくら髪によい食事をとっていても頭皮がダメージを受け続けていれば効果が現れにくいということです。

頭皮がダメージを受けることで、髪が細くなったり、抜けやすくなったりするからです。
髪に必要な栄養素を摂取するのに合わせて、頭皮やケアもきちんとしていきましょう。

紫外線に長時間にあたらないようにする、禁煙する・頭皮を清潔にする・育毛剤を使用する・体を冷やさないようにするなど、さまざまな工夫により頭皮のダメージは防げます。

シャンプーは指の腹を使ってやさしく丁寧に、育毛剤を使用するときには頭皮のマッサージをするなど、自分でできるケアはたくさんあります。

育毛には睡眠も大きく関係しています。
質のよい睡眠を規則的にしっかりと取るようにしましょう。

(まとめ)育毛に最も重要な栄養素はたんぱく質ですか?

1.育毛に最も重要な栄養素はたんぱく質です。

それは髪の毛の主成分がケラチンというたんぱく質からできているからです。
育毛には髪の主成分であるたんぱく質が何より重要となります。

髪が作られるときには、亜鉛・鉄分・ミネラルなども必要です。

2.たんぱく質を上手に摂取する方法

肉・魚・卵・乳製品などの動物性たんぱく質と、大豆製品などの植物性たんぱく質をバランスよく摂取することが大切です。

成人で一日のたんぱく質の摂取量は体重1キロにつき、1~1.2グラムと言われています。
取りすぎには注意しましょう。

3.育毛にはビタミンや亜鉛も必要

育毛にはたんぱく質だけでなく、ビタミンや亜鉛なども必要です。
これらは髪を伸ばすためには欠かせない成分なので、たんぱく質と合わせて摂取しましょう。

いずれも取りすぎると健康を害することがあるので、バランスよく適量を摂取することが大切です。

4.育毛には頭皮のダメージケアも忘れずに

髪によい食事を取っていても頭皮がダメージを受け続けていれば効果が現れにくいため、髪に必要な栄養素を摂取することに合わせて、頭皮やケアもきちんとしていきましょう。

さまざまな工夫により頭皮のダメージは防げます。