生え際が薄くなる原因を知り、育毛ケアを行いましょう。


生え際が薄くなるのは、男性型脱毛症(AGA)にありがちな症状です。

しかし、最近では、女性でも生え際の薄毛に悩んでいる方が増えています。

生え際が薄くなってしまう原因は、びまん性脱毛症や女性特有のヘアスタイルやメイクなどが考えられます。

まずは、自分の生え際が薄くなってきた原因を突き止めるのが最優先です。

そして、原因を取り除きながら、必要な育毛対策を取り入れ、改善を目指しましょう。

生え際が薄くなるのは、びまん性脱毛症かもしれません。

「なんだか最近おでこが広くなったかも?」

実は、その悩みの正体は、「びまん性脱毛症」かもしれません。

女性の薄毛で、最も多いと言われているのが「びまん性脱毛症」です。

びまん性脱毛症は、部分的に薄毛になってしまうことはなく、全体的に髪のボリュームがなくなり、進行すると地肌が透けて見える脱毛症です。

ところが、びまん性脱毛症は、とてもゆっくり進行していくので、なかなか自覚症状が現れません。

そのため、生え際や分け目が目立つようになって初めて、薄毛に気づくケースがあります。

すると、「生え際が薄くなってきた」と部分的に薄毛になってしまったような気になってしまうのです。

もし、前髪が少なくなった、生え際の薄毛が気になってきたといった自覚症状がある場合は、サイドの髪の毛や後頭部の髪を確認してみてください。

そして、全体的な髪のボリュームや髪質をチェックしてみると、全体的な薄毛なのか、びまん性脱毛症以外の原因が考えられるのかを判断しやすくなります。

女性ならではの原因によって、生え際が薄毛になることがあります。


生え際が薄くなってしまう原因は、びまん性脱毛症だけでなく、女性特有の原因も考えられます。

髪の毛を引っ張るようなヘアスタイル

ポニーテールのような髪を引っ張るヘアスタイルを毎日続けていると、頭皮がダメージを受け、薄毛になることがあります。

ポニーテール以外にも、前髪をまとめるポンパドールや前髪を編み込んだスタイルにも注意が必要です。

生え際に残った汚れ

生え際には、ファンデーションやクレンジング剤、洗顔料やシャンプーなどが残りやすく、それが蓄積されていくと毛穴が詰まって髪の成長を妨げる可能性があります。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンが乱れてしまうと、髪の成長が妨げられ、育毛を阻害する可能性があります。

産後に見られる抜け毛の増加や薄毛も、女性ホルモンが関係しており、生え際の髪が抜けてしまうことがあります。

原因に合わせて、育毛ケアを行いましょう。

生え際が薄くなってきたら、原因を探して対策をしましょう。

ヘアスタイルや分け目を変えましょう

いつも同じ髪型や分け目にしていると、その部分に負担がかかります。

ヘアスタイルや分け目は、できるだけ毎日変えるのが理想的です。

変えるのが難しい場合は、きっちり髪の毛をまとめるのではなく、髪をひっぱりすぎないようなゆるふわなヘアスタイルにするのがおすすめです。

しっかり汚れを洗い流しましょう

シャンプーや洗顔のときに、汚れが残りやすいのが生え際です。

ファンデーションを塗る場合には、生え際まできっちり塗らないようにしましょう。

また、メイクを落とすときには、クレンジング剤や洗顔料が落ちるように、十分な水やぬるま湯ですすぎましょう。

そして、シャンプーをする際は、シャワーを当ててしっかりすすぎます。

コンディショナーやトリートメントは、生え際や地肌につかないように気をつけましょう。

女性ホルモンを整えましょう

女性ホルモンは、ちょっとした睡眠不足や食生活の乱れによって、分泌量が減少してしまいます。

女性ホルモンを減らさないためには、規則正しい生活を心がけましょう。

また、ストレスも女性ホルモンの大敵です。

上手に発散して、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

(まとめ) 薄くなった生え際、どうすれば育毛できるの?

1.生え際が薄くなる原因を知り、育毛ケアを行いましょう。

女性でも、生え際が薄くなってしまうことがあります。

その原因には、びまん性脱毛症や女性特有の原因などが考えられます。

原因を把握し、必要な対策を取るようにしましょう。

2.生え際が薄くなるのは、びまん性脱毛症かもしれません。

生え際や分け目は、薄毛になると気づきやすいところです。

しかし、実は生え際だけでなく、全体的に薄毛が進行しているケースがあります。

生え際が薄くなってきたら、サイドや分け目、後頭部などの髪の毛もチェックしましょう。

3.女性ならではの原因によって、生え際が薄毛になることがあります。

びまん性脱毛症以外にも、女性のヘアスタイルや汚れの洗い残しによって、生え際はダメージを受けやすい部分です。

また、女性ホルモンの減少も、薄毛に深く関わっています。

4.原因に合わせて、育毛ケアを行いましょう。

生え際が薄毛になる原因に合わせて、ヘアスタイルやメイク方法を工夫したり、汚れが溜まらないように十分にすすぐことを心がけたりしましょう。

また、規則正しい生活で女性ホルモンの分泌を正常化させて、育毛を促進しましょう。