ミネラルは、育毛には欠かすことのできないものです。


育毛には、ミネラルが深く関わっています。
中でも亜鉛は、髪の毛を生成するのに欠かすことができません。

髪の毛は、たんぱく質である「ケラチン」が主成分です。
このケラチンは、アミノ酸で構成されています。

亜鉛はアミノ酸を合成し、ケラチンを作り出す役割があるのです。
つまり亜鉛が不足してしまうと、ケラチンが合成されず、髪の毛が育たなくなってしまうのです。

またヨウ素も育毛促進やホルモンの分泌を担っています。
どのミネラルも、不足してしまえば育毛を阻害するだけでなく、健康にも支障が出る可能性があるので注意しましょう。

ミネラルは、身体に必要不可欠な栄養素です。

ミネラルは、5大栄養素の一つです。
ミネラルの種類は、100種類以上あると言われています。

その中でも、とくに健康を維持するために必要なミネラルを必須ミネラルと言います。
必須ミネラルの種類は16種類です。

必須ミネラル

カルシウム・リン・カリウム・硫黄・塩素・ナトリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・マンガン・ヨウ素・セレン・モリブデン・コバルト・クロム

ミネラルの役割

ミネラルは、主に身体の組織を作ったり、身体の調子を整えたりする働きがあります。
ミネラル単体で働くのではなく、ビタミンやホルモンなどと一緒に作用しています。

育毛に深く関わっているミネラル

  • 亜鉛

    アミノ酸からたんぱく質を合成する働きがあり、髪の毛の生成に関与しています。

    またホルモンの分泌にも関わっているので、不足するとホルモンバランスの乱れや抜け毛、薄毛の原因になります。

  • ヨウ素

    細胞の成長に欠かせない栄養素で、育毛を促進する働きがあります。

    また栄養の吸収をサポートする働きがあり、食べ物から効率よく栄養を体内に取り込む働きもあります。

和食を中心とした食生活がおすすめです。


ミネラルは、身体の中で作り出すことができません。
健康維持のためには、食べ物から取り入れる必要があります。

しかし食文化が変わるとともに、日本人はミネラルが不足しがちになっています。
とくにファストフードやコンビニ弁当で簡単に食事を済ませている人は、要注意です。

意識的にミネラルを含んだ食材を食事に取り入れるようにしましょう。
そこで育毛に深い関わりのある亜鉛やヨウ素を含んだ食材を紹介します。

亜鉛は、牡蠣などの魚介類、牛肉やレバーなどの肉類、豆類などに多く含まれています。
ヨウ素は、昆布やわかめなどの海藻類、ししゃもや牡蠣などの魚介類に含まれているミネラルです。

これらの食材は、昔から和食に使われるものが多いという特徴があります。
そのため、ミネラルを摂取するのであれば、食事全体を見直し、和食中心の生活に切り替えるのがおすすめです。

またミネラルを効率よく吸収するためには、他のミネラルやビタミンなどとバランスよく摂取するようにするようにしましょう。

ミネラルの取りすぎは、副作用を引き起こします。

人の身体に必要なミネラルの摂取量は、ごくわずかです。
過剰に摂取してしまうと、かえって体調を崩す可能性があるので注意しましょう。

たとえば亜鉛を一度に大量に摂取すると、めまいや吐き気を引き起こしたり、過剰摂取が続くと貧血や免疫障害などが起こったりする可能性があります。

またヨウ素は多少取りすぎただけであれば、尿と一緒に排出されますが、過剰摂取により甲状腺機能の低下を招くことがあります。

このように、ミネラルの取りすぎには注意しましょう。

ミネラルの取りすぎを防ぎ、必要な量を摂取するのであれば、なるべく食品から摂取するのがおすすめです。
それでもミネラルが不足するのであれば、サプリメントを取り入れてもいいでしょう。

しかしサプリメントは過剰摂取になる可能性もあるので、使用量をしっかり確認してから飲むようにしましょう。

(まとめ) 育毛にミネラルが関わっているって本当ですか?

1.ミネラルは、育毛には欠かすことのできないものです。

ミネラルは育毛に深く関わっています。
とくに亜鉛やヨウ素は、髪の成長に直接関わっているミネラルです。

その他のミネラルも、健康維持に必要なので不足しないようにしましょう。

2.ミネラルは、身体に必要不可欠な栄養素です。

100種類以上あると言われているミネラルの中でも、人間が生きていく上で必要な16種類のミネラルを「必須ミネラル」と呼びます。

ミネラルには、身体の組織を作る働きや身体の調子を整える働きがあります。
育毛に深く関わっているミネラルには、亜鉛やヨウ素があります。

3.和食を中心とした食生活がおすすめです。

現代社会では、ミネラルは不足しがちだと言われています。
ミネラルは、和食によく使われる食材である魚介類や海藻類に多く含まれています。

ミネラル不足を解消するには、和食を取り入れるとよいでしょう。

4.ミネラルの取りすぎは、副作用を引き起こします。

ミネラルを過剰摂取すると、副作用により体調を崩すこともあります。

なるべく食事を中心にミネラルを摂取し、サプリメントを使用する場合は、使用量をしっかり確認しましょう。