アミノ酸が、髪の主成分であるケラチンを構成しているからです


人間の体の7割は、水分が占めているということは多くの人がご存知でしょう。
では水分の次に多いのは何でしょうか?

それはおよそ2割を占める「たんぱく質」です。
たんぱく質は、髪や爪だけではなく、筋肉や内臓も作っています。

そのたんぱく質は、食事などで摂取したたんぱく質がそのまま使われるのではなく、体内でアミノ酸に分解され、それが再合成されたものです。

つまりたんぱく質はアミノ酸で構成され、アミノ酸の繋がり方や割合によってさまざまな成分になるのです。

そして髪の主成分はケラチンというたんぱく質で、18種類のアミノ酸で構成されています。

この18種類のアミノ酸を、ケラチン本来の構成比率になるように保つことが、育毛には大切と考えられるのです。

そのために良質なたんぱく質が含まれる食材や、不足しがちなアミノ酸を補給するサプリメント、さらにアミノ酸系のシャンプーで内外からアミノ酸をバランスよく補うことが、育毛に重要となってくるのです。

アミノ酸が育毛に大切だと言われる理由

髪の主成分はケラチンというたんぱく質で、90%以上はケラチンでできています。
そのケラチンは、18種類のアミノ酸で構成されています。

食事などでたんぱく質を取り入れると、体内で20種類のアミノ酸に分解されます。
ケラチンは、そのうちの18種類のアミノ酸が再合成されたものです。

18種類のアミノ酸は、どれも均等に含まれているわけではなく割合が異なります。
ケラチンのアミノ酸比率で最も高いのはシスチンで、およそ15%を占めています。

次はグルタミン酸でおよそ14%、3番目はロイシンでおよそ10%です。

このように、18種類のアミノ酸にはそれぞれ比率があるため、18種類のうちどれかひとつでも不足すると、本来の構成とは異なる髪になってしまいます。

その結果、生えにくくなったり、細く弱々しい髪になったりするのです。

またアミノ酸はキューティクルを整える働きもするので、美しく健康な髪を育てるためにも必要と言えます。

こうしたことから、アミノ酸をバランスよく摂取することが育毛には大切になってくるのです。

アミノ酸を食事で補う


アミノ酸には、体内で合成できない必須アミノ酸と、合成できる非必須アミノ酸があります。
必須アミノ酸は、食事でバランスよく摂取することが大切です。

非必須アミノ酸は体内で合成できるため、必ずしも食事で補う必要はないと言えますが、構成比率に足りなくなる場合もありますので、やはり食事で摂取することを心がけるとよいでしょう。

ケラチンを構成しているアミノ酸のうち、構成比率の高いものを補える主な食材は、次のとおりです。

  • シスチン:大豆・のり・卵
  • グルタミン酸:昆布・椎茸・落花生・大豆
  • ロイシン:牛肉・大豆・ほうれん草

そのほか、必須アミノ酸をバランスよく取れるものとして、卵や小麦粉(全粒粉)・牛乳・魚(あじ・いわし・鮭)などがあります。

食事以外でアミノ酸を利用した育毛対策

サプリメント

アミノ酸は、良質なたんぱく質を含む食材を取ることで補えますが、忙しかったり外食が続いたりするとバランスの取れた食事をするのが難しくなる場合もあるでしょう。

そうした時には、サプリメントで補給することも効果的です。
サプリメントを活用する場合は、成分や摂取量をきちんと確認しましょう。

特定のアミノ酸ばかり摂取すると体内のアミノ酸バランスが崩れてしまいますし、過剰に摂取すると腎臓や肝臓に負担がかかってしまいます。
そうならないように、正しく活用することが重要です。

シャンプー

髪はアミノ酸で構成されていますので、アミノ酸系のシャンプーは頭皮や髪によいと考えられます。

具体的には、

  • 頭皮や髪への刺激が少ない
  • アミノ酸には、髪の傷みを修復する働きがある
  • 高級アルコール系のシャンプーに比べて洗浄力が弱いので、汚れは落としつつも必要な皮脂は残る

などの効果が期待できます。

そのため、食事やサプリメントで内側から補うことに加え、外側からもアミノ酸を補うことで、育毛効果は高まると言えるでしょう。

(まとめ)育毛対策において、アミノ酸が大切と言われる理由は?

1.アミノ酸が、髪の主成分であるケラチンを構成しているからです

髪の主成分はケラチンというたんぱく質で、18種類のアミノ酸で構成されています。

そのため、18種類のアミノ酸をケラチン本来のアミノ酸構成比率になるように保つことが育毛には大切と考えられるのです。

2.アミノ酸が育毛に大切だと言われる理由

ケラチンは18種類のアミノ酸で構成されています。
その18種類は構成比率があり、それが乱れると本来の髪の構成とは異なってしまいます。

その結果、薄毛になったり細く弱い髪になったりするので、アミノ酸をバランスよく摂取することが育毛には大切になるのです。

3.アミノ酸を食事で補う

アミノ酸には必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。

体内で合成できない必須アミノ酸はもちろん、合成できる非必須アミノ酸も食事でバランスよく摂取することが大切です。

アミノ酸を補える食材としては、大豆・卵・小麦粉・牛乳・乳肉・魚などがあります。

4.食事以外でアミノ酸を利用した育毛対策

アミノ酸は食事で補うことが理想的ですが、難しい場合はサプリメントを活用するとよいでしょう。
その際、成分や摂取量をきちんと確認することが大切です。

またアミノ酸系のシャンプーを使用して、外側から働きかけることも効果的と言えます。