20代女性の「若年性脱毛症」に適切な育毛対策はあります


「抜け毛や薄毛の悩み」というと、中高年の方が抱えるものと思いがちですが、最近では20代女性でも、「髪が薄くなってヘアスタイルが決まらない」「髪が細くなってきた」などの症状を訴える方が増えています。

こうした20代の薄毛は、「若年性脱毛症」と呼ばれます。
若年性脱毛症の主な原因は、ヘアサイクルの乱れです。

女性の社会進出が活発になることに比例して、不規則な食生活や睡眠不足、お酒やたばこの量が増える、ストレスを抱える、などが20代女性にも見られるようになっています。

また20代はおしゃれが気になる年頃なので、ダイエットに励んで栄養不足になったり、パーマやカラーを繰り返して頭皮にダメージを与えたりすることも多いでしょう。

このような生活習慣が重なることでヘアサイクルが乱れてしまうのです。
その結果抜け毛が増えて薄毛が進行します。

ただし若年性脱毛症は、加齢によってやむを得ない女性ホルモンの減少が原因ではないため、生活習慣の見直しで薄毛の症状が改善する可能性は高くなります。

「若いから大丈夫」と無理をしないで、生活スタイルもヘアケアも見直していきましょう。

20代女性の薄毛の特徴

40代以降の中高年女性に多く見られるのが、「びまん性脱毛症」です。

びまん性脱毛症は、頭頂部や生え際が部分的に抜ける男性型脱毛症とは異なり、全体的に抜け毛が増えて髪全体が薄くなります。

びまん性脱毛症は女性ホルモンが大きく関係しているため、ホルモンバランスが崩れてくる40代以降に悩む人が増えるのが一般的です。

それに対して20代女性の薄毛は「若年性脱毛症」と呼ばれています。
若年性脱毛症は、加齢によるホルモンバランスの崩れではなくヘアサイクルの乱れが原因です。

髪が太く長く育つ成長期が短くなったり、新しい髪が生えるのを待つ休止期が長くなったりするため、若年性脱毛症の症状としては次のようなものが挙げられます。

  • 髪が痩せて細くなる
  • 髪のハリやコシが減って弱々しくなる
  • ひとつの毛穴から生えてくる本数が減り、ボリュームがなくなる

こうした症状が見られる場合は若年性脱毛症が考えられますので、早めに対策をして症状を改善していきましょう。

若年性脱毛症の主な原因


若年性脱毛症を引き起こすヘアサイクルの乱れの原因としては、次のようなものが考えられます。

  • 食生活の乱れ

    過度なダイエットによる栄養不足や、外食やコンビニのお弁当で済ませることによる栄養バランスの偏りなどが原因で、髪の成長に必要な栄養が取れなくなります。

  • 睡眠不足

    睡眠時間が短くなったり不規則になったりすると、髪の成長を促す「成長ホルモン」の分泌が減ってしまいます。

  • ストレス

    20代は仕事や環境の変化でストレスを感じやすい年代と言えます。
    ストレスを感じると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れたり、血行不良になったりします。

  • ヘアスタイル

    パーマやカラーのほか、いつも同じところで分ける、髪を引っ張る髪型にする、なども頭皮を傷つけてしまいます。

    またスタイリング剤や洗浄力の強いシャンプーも頭皮や髪にダメージを与えます。

  • お酒やたばこ

    お酒もたばこも、少量であればストレス解消になる場合もあるでしょう。

    しかしアルコールを分解するためには、育毛に重要と言われているアミノ酸が使われることや、喫煙には、血行不良やビタミンCの大量消費などの悪影響があることなどから、お酒もたばこも抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

若年性脱毛症の対処法

若年性脱毛症は、きちんと対処をすれば症状の改善が見込めますので、早めに実践することが大切です。
まずは、生活習慣を見直しましょう。

規則正しくバランスのよい食事を取ることが基本です。
とくにたんぱく質やビタミンB群、亜鉛を多く含むものは育毛に効果的です。

また炭酸飲料や清涼飲料水など糖分が多い飲み物は、血液がどろどろになり血流が悪くなりますので控えましょう。

そして質のよい睡眠を取るような心がけや適度な運動、ストレスを溜めないようにする工夫も大切です。
こうした生活全般の見直しに加え、ヘアケアも再考しましょう。

洗浄力の強い高級アルコールシャンプーではなく、アミノ酸系のシャンプーやノンシリコンシャンプーが薄毛対策としては効果的と言われています。

スタイリング剤は、できるだけ刺激の少ないものを選び、使用したときはしっかり落とすことがポイントです。
カラーやパーマは、2ヶ月程度は間隔を開けるようにしましょう。

そのほか、育毛剤も効果が期待できます。

20代女性には、頭皮に栄養を与えるものや、血行促進効果があるものがおすすめです。

(まとめ)20代女性の薄毛の悩み、年齢に合った育毛対策はあるの?

1.20代女性の「若年性脱毛症」に適切な育毛対策はあります

20代女性が抱える薄毛の悩みは、「若年性脱毛症」と呼ばれます。

若年性脱毛症は、ヘアサイクルの乱れが主な原因なので、食生活や睡眠などの生活習慣やヘアケアの見直しで、症状の改善が期待できます。

2.20代女性の薄毛の特徴

若年性脱毛症は、加齢によるホルモンバランスの崩れではなく、ヘアサイクルの乱れが原因で起こります。

そのため薄毛の特徴としては、髪が痩せて細くなり弱々しくなる、生えてくる本数が減りボリュームがなくなる、などが見られます。

3.若年性脱毛症の主な原因

若年性脱毛症の原因としては、食生活の乱れ・睡眠不足・ストレス・ヘアスタイルやヘアケア・お酒やたばこなどが挙げられます。

こうした要因が髪の成長や成長ホルモンの分泌、血流に悪影響を及ぼします。
その結果、ヘアサイクルが乱れて薄毛が進行します。

4.若年性脱毛症の対処法

若年性脱毛症は、生活習慣やヘアケアを見直すことで、症状の改善が見込めます。
バランスのよい食事を基本に、質のよい睡眠や適度な運動、ストレス解消も心がけましょう。

またシャンプー選びや、カラーやパーマの頻度を見直すことに加え、育毛剤も効果が期待できます。