ドライヤーを適切に使うと、育毛環境は改善されます。


ドライヤーはただの毛髪を乾かすツールではありません。
シャンプーで濡れて傷つきやすい状態になった毛髪をきちんとした状態に戻し、よい育毛を行うために大事な道具です。

またドライヤーを使ってきちんと乾かすことにより、頭皮が濡れて雑菌が繁殖しやすい環境から早く回復させることができます。

しかし間違ったドライヤーの使い方をすると、熱で毛髪が傷んだり、頭皮が乾燥しすぎたりします。

ドライヤーを正しく使うことで、毛髪を乾燥させる時間は、育毛のために毛髪と頭皮の環境を整えたり、問題を解決したりする貴重なヘアケアタイムになるのです。

忙しいとか暑いという理由で、ドライヤーを使わずに自然乾燥だけで毛髪を乾かそうとすることは、育毛環境を悪化させ、抜け毛や切れ毛の原因になります。

ところで、最近はドライヤーの機能が向上して、熱風を送り出してただ乾かすだけでなく、頭皮や毛髪をより健康にしてくれる様々な機能を持ったものがどんどん発売されています。

シャンプーや育毛剤だけでなく、このような最先端ツールにも注目すると、楽しく育毛できるかもしれません。

毛髪を早く乾かさないと育毛環境が悪化

ドライヤーを使わずに自然乾燥だけで乾かすことは、頭皮と毛髪に悪影響です。
なぜなら頭皮の常在菌は、シャンプー後のような温かく湿った状態だと繁殖してしまいやすいからです。

ドライヤーを使って乾かすということで、この繁殖しやすい危険な状態を早く終わらせられるのです。

また濡れた毛髪はキューティクルが開いたままで、剥がれ落ちやすく弱い状態になっています。
ドライヤーを適切に使い、開いたキューティクルを閉じさせると毛髪を傷みや乾燥から守ることができます。

そして自然乾燥させるということは、頭皮から水分を蒸発させることです。
この時に頭皮が冷えてしまい、血行が悪くなってしまいます。

結果、頭皮の育毛環境が悪化してしまいます。
したがってドライヤーを上手に使うことが育毛環境のためによいのです。

間違った毛髪の乾かし方

  • びしょ濡れのままいきなりドライヤーをかける

    ヘアサロンでも、いきなりドライヤーをかけず、必ずタイルドライしてからドライヤーで乾かしています。

    タオルを使って余計な水分を取った方が、ドライヤーの高熱に毛髪を晒す時間を減らせられるので、毛髪を傷めずに済みます。

  • 毛髪から熱風を当てたり、じっと同じ場所に当てる

    先に頭皮を乾かし、次に毛髪を乾かしていきましょう。
    毛髪が密集している頭皮は乾きにくいからです。

    また一か所にじっと熱風を当てて、その部分を集中的に乾かしてから次に別の一か所を同じ方法で乾かすということは止めましょう。

    熱風の当てすぎで毛髪の温度が上がり、パサパサに乾燥する原因になります。

  • スタイリングも一緒にする

    最初に乾かし、次にスタイリングした方が、より短時間で済むとともに、健康な毛髪・育毛環境を守れます。

ドライヤーを使った正しい乾かし方

  • 十分で丁寧なタオルドライ

    吸水性の高いタオルで丁寧に拭くと、毛髪を傷めずにドライヤーを使う時間をできるだけ短くできます。

    弱い状態のキューティクルを守るために毛髪をこすらないように、タオルで毛髪を挟んでたたくようにして、余計な水分を取っていきましょう。

    ヘアケア剤はこのタオルドライの後につけます。

  • 温度はなるべく低く

    高温の熱風を当てると毛髪を傷めます。
    60℃くらいの熱で乾かすと、毛髪が傷みません。

  • 同じところに当て続けない

    最初に頭部を動かしながら、髪の根元に熱風を送り込み、頭皮を乾かします。
    後頭部から先に乾かし、それから前の方を乾かします。

    次にドライヤーをこまめに動かしながら、毛先に向けて熱風を出して乾かします。
    8割程度乾いたところで、ドライヤーを冷風に切り替えて、毛髪の根元から毛先に向けて冷風を当てます。

    これは開いたキューティクルを閉じさせるためです。

(まとめ)ドライヤーで育毛環境が良くなるって本当ですか?

1.ドライヤーを適切に使うと、育毛環境は改善されます。

ドライヤーは傷つきやすい状態の毛髪を改善し、頭皮を冷えや雑菌の繁殖から守るために役立つツールです。

きちんとドライヤーを使うことで毛髪を乾かすだけでなく、よいヘアケアや育毛を促すこともできるのです。

2.毛髪を早く乾かさないと育毛環境が悪化

自然乾燥は、濡れて開いたキューティクルが閉じにくくなり、傷つきやすい状態が続きます。
また温かく湿った状態の頭皮は菌が繁殖しやすいです。

その上、濡れた水分が乾燥する時に熱を奪うので頭皮が冷えてしまいます。
したがってドライヤーで乾かすことで状態が改善されます。

3.間違った毛髪の乾かし方

びしょ濡れのままいきなりドライヤーをかけるのは、余計に時間がかかり、熱風を当てることになって毛髪を傷めます。

熱風を一か所に当て続けることも、毛髪を傷めてしまいます。乾かしてからスタイリングしましょう。

4.ドライヤーを使った正しい乾かし方

最初に毛髪をタオルでくるみ、こすらずにたたくようにタオルドライして余計な水分を吸い取ります。

次にドライヤーを常に動かしながら頭皮、毛髪を毛根から毛先に向けて乾かします。

最後に冷風を当ててキューティクルを閉じさせましょう。