食生活は髪の成長に大きな影響をおよぼします


高価な育毛剤を使用しても、シャンプーを替えても、なかなか効果があらわれない場合があります。

そんな時には、食生活を見直してみる必要があります。
たとえばジャンクフードなど高カロリーで脂肪分の多い食べ物ばかり食べていませんか?

がんばって頭皮ケアをしていても、こうした食事のせいで皮脂が過剰に分泌していたり、血行が悪くなっていたりしては意味がありません。

あるいは、好きなものばかり食べて栄養が偏っていませんか?

髪の素であるケラチンを合成するには、たんぱく質だけでなくビタミンやミネラル成分などの補助が必要です。

外食やお菓子で済ませていると、そういった必要な栄養素はほとんど取ることができません。

いくら血行を促進させる効果のある育毛剤を使っても、その血液の中に栄養が不足していては何の効果もないのです。

「食べ物」は育毛にとって非常に大切な要素です。
もちろん食べ物を変えたからと言って、直接髪の毛が増えるというわけではありません。

しかし髪を作るための栄養を取り入れ、その栄養を運ぶ血流をよくすることは「育毛の大前提」として重要なことです。

育毛を促す力のある食べ物を積極的に選び、「育毛力」を底上げしましょう。

育毛に悪影響をおよぼす食べ物

  • インスタント食品やファストフードなど

    カロリーが高く脂肪の多い食べ物は、皮脂の過剰分泌を招き、毛穴を塞いだり頭皮に炎症を起こしたりする原因となる場合があります。

  • 牛豚肉や乳製品

    動物性たんぱく質は脂肪になりやすく、取りすぎると内蔵に負担がかかり、血液の流れが悪くなってしまいます。

    また過剰な皮脂で毛穴が詰まり、毛根が弱る可能性があります。

  • 刺激の強いもの

    コーヒーやカレーの香辛料など、強い刺激のあるものは摂取しすぎると汗をかき、頭皮の毛穴詰まりを引き起こし、髪の成長を妨げます。

  • 甘い菓子類やジュースなど

    糖分を取りすぎると皮脂が過剰に分泌され、フケの原因になります。

  • アルコール

    アルコールの分解には亜鉛が使われます。

    お酒を大量に飲むと、毛髪にとって必須な栄養である亜鉛の不足につながります。

念のためこれらの食品を食べると育毛が阻害される、というわけではありません。

しかし過剰に摂取したり、偏って食べたりしていると頭皮環境に悪影響を与える可能性があるので注意する必要があります。

抜け毛が増えたり頭皮が弱ったりしている時期には控えめにした方がよいでしょう。

育毛に効果的な食べ物


反対に、育毛を促す効果がある食べ物は、積極的に食事に取り入れたいところです。

  • 大豆

    髪の原材料であるケラチンを作る材料としておすすめです。
    大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、抜け毛の減少も期待できます。

  • 唐辛子

    唐辛子に含まれるカプサイシンには血行や発毛を促進する効果があると言われています。

    また大豆イソフラボンと一緒に取ることでIGF-1という成長因子を増やし、毛母細胞を活性化します。

  • 牡蠣

    牡蠣に多く含まれる亜鉛は髪の毛の元となるケラチンの生成を助けます。

  • ナッツ類

    くるみやアーモンド・ピーナッツなどにはたんぱく質や亜鉛が豊富に含まれ、毛母細胞の働きを活発にします。

  • 海藻類

    ワカメ・海苔・昆布・メカブ・モズクなど海藻類に含まれるフコイダンには発毛促進効果があると言われています。

    IGF-1を増やすことで育毛効果も期待できます。

  • 生姜

    生姜には知覚神経を刺激しIGF-1を増やす作用があります。

    また血液をサラサラにする、身体を温め毒素を排出する解毒作用(デトックス効果)があるなど、育毛に役立つ効果があります。

  • レバー

    レバーには育毛に欠かせない鉄分、亜鉛・ビタミンA・ビタミンB2・B6といった栄養素が豊富に含まれています。

食の基本は育毛の基本

髪によくないとわかっていても、美味しいものはついつい食べてしまうのが人間というものです。

しかし繰り返しますが、これらの食品を食べること自体が悪いわけではありません。
どれも普通に食べている分には問題なく、健康に必要な要素でもあります。

あくまでも食べすぎてしまうことが問題なのです。
偏食・過食をなくし、栄養バランスのよい食事を取ることが大切です。

これは育毛だけでなく、健康のためにも生活に取り入れたい食生活の基本です。
またそのほかにも育毛のために取り入れたい食べ物に関する注意があります。

それは、食事はできるだけ1日3食きちんと取ることです。
朝食などを抜いてしまうと身体は脂肪を蓄えようとして、結果的に皮脂分泌が過剰になります。

そして寝る3時間前には食事をすませるようにしましょう。

髪の栄養補給が行われるのは睡眠中なので、就寝間近に食事をすると眠りが浅くなり、髪の育成が阻害されてしまいます。

(まとめ)毎日の食べ物で育毛効果に違いが出てくる?

1.食生活は髪の成長に大きな影響をおよぼします

育毛剤や育毛シャンプーの効果が見られないときは食生活を見直しましょう。

外食やジャンクフードなど、カロリーが高く脂肪の多い食事や、育毛を補助するビタミン・ミネラルが不足した状態では、健康な髪は育ちません。

2.育毛に悪影響をおよぼす食べ物
  • インスタント食品やファストフード
  • 動物性たんぱく質や乳製品
  • 刺激の強いもの
  • 甘い菓子類やジュースなど
  • アルコール

これらの食べ物を過剰に摂取したり、ほかの栄養を取らずにそればかり食べたりすると、頭皮環境を悪化させる可能性があります。

3.育毛に効果的な食べ物
  • 大豆
  • 唐辛子
  • 牡蠣
  • ナッツ類
  • 海藻類
  • 生姜
  • レバー

髪の元となるケラチンを作るための良質な大豆たんぱくや、ケラチンの合成を補助する亜鉛を含む牡蠣・アーモンド、血行や発毛を促進する唐辛子などです。

育毛を促す効果がある食べ物は、積極的に取り入れていきましょう。

4.食事の基本は育毛の基本

「髪によくない」といっても、食べてはいけないわけではありません。
問題は「大量に食べ過ぎる」「そればかり食べる」という点です。

  • 偏食や過食をしない
  • 1日3食きちんと食べる
  • 就寝前には食事をしない

正しい食生活を心がければ、それが育毛をサポートすることになります。