女性のヘアサイクルを正常に保つためには、質の良い睡眠をとることが必要不可欠です


髪には「ヘアサイクル」という周期があり、「生える→成長する→抜ける」という過程を繰り返しています。

女性の髪の毛が成長する期間は4年~6年と言われていますが、「ヘアサイクル」が乱れることによって成長途中の髪が抜け落ちたり、成長が止まったりする症状を引き起こします。

これが育毛トラブルの代表格、抜け毛や薄毛です。
抜け毛や薄毛が気になる女性は、まずは「ヘアサイクル」の乱れを疑って改善していくことをおすすめします。

女性の場合、不規則な生活リズムや加齢によるホルモンバランスの変化、ストレス、肩こりや眼精疲労による血行不良、過度なダイエットなどが「ヘアサイクル」が乱れる原因と言われているようです。

「ヘアサイクル」の乱れを解消するためには、質のよい睡眠が必要不可欠と考えられています。

睡眠中は、成長ホルモンの働きが活発になるため、身体中の細胞の修復をしたり、発毛を活発に促したりするからです。

ただし、寝ている間中ずっと発毛しているわけではありません。
もっとも成長ホルモンの分泌が多い、入眠から3~4時間が髪の成長が著しいと言われています。

成長ホルモンは女性の育毛の味方です

成長ホルモンという言葉を聞くと、子どもが大人へ成長するその過程で分泌されるホルモンの一種ではないか、と思ってしまいがちです。

しかし実は大人の身体にも成長ホルモンは分泌されていると考えられています。

成長ホルモンの分泌は成人以降、年齢と共に減少していきますが、人間の健康管理や発毛や育毛、肌の生まれ変わりなどと非常に深い関係があると考えられており、注目されているのです。

つまり成長ホルモンは女性の育毛の味方であり、欠かせない存在と言っても過言ではありません。
「ヘアサイクル」の修復のためにも睡眠の重要性がご理解いただけたかと思います。

今一度ご自分の生活のリズムを振り返り、睡眠時間や睡眠環境を見直してみましょう。

成長ホルモンの考え方と女性の睡眠事情


これまで成長ホルモンは、俗に「お肌のゴールデンタイム」とも言われる22時~2時に最も分泌されると考えられてきました。

しかし昨今、この考え方が改められてきており、寝始めてから3~4時間の間に成長ホルモンが最も分泌されると言われています。

つまり就寝時間が重要なのではなく、ある程度まとまった時間しっかり睡眠をとることが重要であると考えられているのです。

たしかに現代の女性たちは、男性とほとんど変わらないシフト時間の仕事をこなしたり、育児や介護の都合で「お肌のゴールデンタイム」と言われる時間帯にしっかり睡眠をとることが難しかったりする場合があることも事実です。

ですから短時間睡眠であっても入眠から最低3~4時間は質のよい睡眠をとるように心掛けましょう。

質のよい睡眠をとるために知っておきたいこと

では、具体的に「質のよい」睡眠とはどのような睡眠なのでしょうか。
単に眠るだけではなく、十分な成長ホルモンの分泌を促進する深い眠りでなければ意味がありません。

以下に、「質のよい」睡眠をとるためのポイントをご紹介します。

一日の過ごし方

  • 朝起きたら必ず日光を浴びる。
  • 適度に身体を動かす。
  • 夕食は寝る3時間以上前に済ませるようにする。
  • 夕方以降にカフェイン飲料は飲まない。
  • 入浴は寝る1時間前に入り、しっかり身体を温める。
  • 就寝直前にスマホやパソコンの使用を避ける。

「質のよい睡眠」をとるための環境準備

  • 枕や布団は自分の身体に合ったものを選ぶ。
  • 室温を夏は26度前後、冬は18度前後に設定する。
  • 眠るときは、身体を絞めつけ過ぎないゆったりした服装を選ぶ。

(まとめ) 睡眠は女性のヘアサイクルにとってどのような役割がある?

1.女性のヘアサイクルを正常に保つためには、質のよい睡眠をとることが必要不可欠です

「生える→成長する→抜ける」という髪の「ヘアサイクル」に乱れが発生すると、抜け毛や薄毛になる可能性があります。

「ヘアサイクル」を修復するためには、質のよい睡眠をとって十分な成長ホルモンの分泌を促すことが必要です。

2.成長ホルモンは女性の育毛の味方です

成長ホルモンは年齢と共に減少していきますが、人間の健康管理や発毛や育毛、肌の生まれ変わりと非常に深い関係があります。

つまり成長ホルモンは、女性の「ヘアサイクル」の修復には欠かせない存在と言っても過言ではありません。

3.成長ホルモンの考え方と女性の睡眠事情

これまで成長ホルモンは、22時~2時に最も分泌されると考えられてきましたが、昨今は寝始めてから3~4時間の間に成長ホルモンが最も分泌されると言われています。

入眠から最低3~4時間は質の良い睡眠をとるように心掛けましょう。

4.質の良い睡眠をとるために知っておきたいこと

「質のよい」睡眠とは、十分な成長ホルモンの分泌を促進する深い眠りのことを言います。

朝起きてから、夜寝る前までの過ごし方(運動や食事・入浴方法)への配慮と同時に、衣服や室温などの睡眠環境を整えましょう。