日中の紫外線、頭皮の温度と湿度に気を付けましょう


頭皮脂を過剰に分泌させる原因、逆に分泌されずに乾燥させる原因は、日中の環境にあります。

それは、皮脂分泌量は温度や湿度に影響を受けるからです。
頭皮脂が適量分泌されると、頭皮はきちんと水分を保ち、育毛のためのよい土台になります。

頭皮脂を適量分泌させるため、日中気をつけるべきことが、いくつかあります。

まず毛髪や頭皮を乾燥させる紫外線対策を行いましょう。

日中に外出する時は、日傘や帽子・UV対策スプレーなどを上手に使いわけましょう。
紫外線は一年中降り注いでいるので、一年を通じて対策を怠らないようにしましょう。

頭皮は髪の毛に覆われているので、高温多湿になりやすく、常に蒸れやすい状態です。
すると皮脂分泌が増え、頭皮上の常在菌が繁殖しやすくなります。

臭いや皮膚炎のもとになるかもしれません。
日中に折を見てブラッシングし、毛髪と頭皮の蒸れや埃を取りましょう。

また冷えや乾燥は頭皮や毛髪を乾燥させます。
冬の外出には、帽子などで冷えや乾燥から守りましょう。

エアコンが効いた室内で日中を過ごす人は、乾燥しすぎにならないよう気を付けましょう。

育毛環境のために適量の頭皮脂をキープしよう

適量の頭皮脂が必要なのは、皮脂に大事な役割があるからです。
皮脂は、頭皮の表面で汗と混ざり皮脂膜を作ります。

その皮脂膜は、外部から紫外線・ゴミや埃・ウイルスや細菌などの有害物質が頭皮を傷つけて体内に入り込むことを防御するバリアとして働きます。

そして細胞間脂質と一緒になり、肌の内側から水分が過剰に蒸発して乾燥するのを防ぎます。

適量な頭皮脂は、頭皮に弾力と潤いがある状態を作り出します。

頭皮脂は皮膚の中で毛根の横にある皮脂腺から、毛髪と同じ毛穴より分泌されます。
毛穴が密集して存在している頭皮には、つまり皮脂腺も密集しています。

だから頭皮は脂っぽくなりやすいのです。

皮脂腺が活発になりすぎると、皮脂分泌が過剰になって頭皮が脂っぽくべとつきます。

温度や湿度など環境の影響もありますが、若い人や男性、ホルモンの働きが活発な女性は皮脂腺が活発になります。

反対に生活習慣や加齢によって皮脂分泌が少なくなり、頭皮を十分に保湿できるだけの皮脂が分泌されなくなることもあります。

頭皮脂分泌には、天候や洗髪方法、ヘアケア方法や日中の食事や運動、ストレスを始めとした多くの要素が複雑に関係しています。

頭皮脂分泌をコントロールし、育毛環境をよくするために、自分の年齢や体質および生活習慣を考慮して手立てを考えましょう。

通年同じやり方で頭皮脂コントロールを行うと、頭皮が予想外に乾燥したり脂っぽくなったりします。

季節の変化や体調の変化、ライフスタイルに応じてやり方も変化させましょう。

乾燥頭皮の人が日中気をつける4つのポイント


①頭皮用ローションを使おう

頭皮脂が少なく、乾燥した頭皮はバリア機能が不足してしまいます。
すると痒みや痛みが起こりやすくなり、感染もしやすい状態になってしまいます。

頭皮用ローションは洗髪時の乾燥直後に使うことが多いですが、頭皮が乾燥する人は日中も保湿し、外側から潤いを補いましょう。

頭皮の乾燥が酷すぎる場合は頭皮用のオイルを塗り、痒みには、対応したローションを使いましょう。

②加湿器を使おう

エアコンの効いた室内や冬季は、空気の乾燥が酷くなりやすい状態です。
加湿器を使い、湿度を上げると髪や頭皮の乾燥も防げます。

加湿器が使えないような外出先などでは、頭皮ローションなどで保湿しましょう。

③頭皮マッサージしよう

指の腹を使って頭皮を優しくもみほぐすと、頭皮の血流がよくなります。
血流は内側から頭皮を保湿するとともに、育毛に必要な栄養を毛根に送り込みます。

頭皮マッサージを行えば、そのうえリフレッシュもでき、ストレス解消になります。
頭皮マッサージ用のブラシや機械も市販されています。

また月に一度など、ヘッドスパで本格的な頭皮マッサージを受けるのもよいでしょう。

④優しくブラッシングしよう

プラスチック製のブラシは、髪との間に静電気が起こりやすく、切れ毛の原因になります。

頭皮を傷つけないように天然素材で先が丸いブラシを選びましょう。
ブラッシングは頭皮マッサージを兼ねることができ、頭皮の保湿にも役立ちます。

脂性頭皮の人が日中気をつける3つのポイント

①脂ものを避けよう

ランチを選ぶ時、元気を付けて午後も頑張りたいということで、揚げ物や肉を沢山食べたくなるでしょう。

揚げ物や肉などを食べ過ぎると頭皮脂の過剰分泌に繋がり、頭皮が脂っぽくなります。
それらはほどほどの量にして、その分、野菜や魚を沢山摂りましょう。

おやつの内容も吟味して、卵やバター・ショートニングという油脂が沢山入ったスイーツは取りすぎに繋がるので避けましょう。

その代わりに、ビタミンBやC、食物繊維やミネラルが多く含まれたフルーツやナッツ類を適量だけ食べるようにしましょう。

②運動しよう

運動すると新陳代謝が上がります。

すると体がより多くの脂を代謝することができ、頭皮脂の過剰分泌を抑えることに繋がります。

週1回の激しい運動よりも、週に2~3回、軽めの有酸素運動のほうが、頭皮と育毛環境のためにはよいです。

運動が続かないという人は、生活の中に歩くことを組み込みましょう。

たとえば昼休みに職場の近所を散歩するとか、通勤時に電車の代わりに徒歩や自転車を使うということです。

犬の散歩や友人と連れ立ってのウォーキングやハイキングも効果があります。

③実は乾燥頭皮かも

シャンプーした時はスッキリしても数時間でまた脂っぽくなる場合、それは頭皮が、乾燥しているのかもしれません。

というのは頭皮が乾燥していると、自分を守るために皮脂を沢山分泌するのです。
対策として、洗いすぎを止めましょう。

夏の育毛環境のために気をつけるポイント2点


①頭皮環境が高温多湿にならないように

ムシムシジメジメと暑い夏は頭皮環境が高温多湿になり、頭皮脂の分泌量が増えやすくなります。

すると頭皮が蒸れて臭くなり、常在菌が増殖しやすくなります。
常在菌は頭皮脂をもとにして増え、頭皮が痒く痛くなる酸を出します。

通気性のよい帽子や日傘などを使って影を作り、高温にならないようにしましょう。
まめなブラッシングで頭皮の蒸れを逃がし、頭皮に風を送りましょう。

また上から降り注ぐ直射日光対策だけでなく、アスファルトや砂(浜)など下からの照り返しにも注意が必要です。

夏は気温が高いので、洗髪後放っておいても自然に乾きそうです。
しかし濡れたまま放っておくことは、常在菌が増えやすくなる環境を作り出しています。

頭皮脂をコントロールするためにも、ドライヤーできちんと乾かしましょう。

②頭に触れるアイテムは清潔にしよう

枕カバーや帽子・タオルは、頭の汗や濡れた髪を吸い込み、頭が直接触れるので雑菌が増えやすい環境です。

まめに洗って干し、いつも清潔なアイテムを使いましょう。
洗い替え用に十分な枚数の枕カバーやタオルを用意しましょう。

ヘアブラシは抜けた毛髪、髪や頭皮からの埃や汚れが移ることで雑菌が増えやすくなります。

その状態でブラッシングすると、ブラシから髪に汚れや雑菌が戻ってしまいます。
ブラッシングの後にはブラシに残った汚れを捨ててキレイに使うようにしましょう。

冬の育毛環境のために気をつけるポイント3点

①冷えと乾燥に注意しよう

頭皮が冷えると血流が悪くなり、頭皮が潤いを失って、乾燥しやすくなります。
外出時には帽子などで頭部を冷やさないようにしましょう。

また冬は空気も冷たく乾燥しています。

暖房器だけでは空気が暖かくなっても乾燥してしまうので、加湿器も同時に使うようにしましょう。

加湿器がなくても、タオルを濡らして室内に干しておくだけで加湿することができます。
顔や手の皮膚が乾燥している時は、少なからず頭皮も乾燥しています。

クリームで顔や手を保湿するだけでなく、頭もローションなどで保湿してあげましょう。

②静電気対策

乾燥している時、帽子と毛髪や頭皮との間で、静電気が起きやすくなります。

静電気は、毛髪からキューティクルを剥がれやすくし、ゴミや埃を頭皮や毛髪にくっつけやすくし、ダメージを引き起こします。

頭皮脂とゴミや埃が混ざると、大きなフケになることもあります。

キューティクルが剥がれると、剥がれたところからタンパク質や水分が流れてしまい、切れ毛や枝毛・縮れ毛の原因になります。

よって静電気を起こしにくい天然素材の帽子やマフラー・ストールを選びましょう。

③清潔にしよう

帽子やマフラーなどの寒さ対策アイテムは、空気中の汚れに加え、毛髪や皮膚と直接触れるので皮脂や化粧品などで汚れます。

汚れたアイテムは雑菌が増えやすく、寒さ対策アイテムは不潔になりやすいといえるでしょう。

低温低湿な冬ですが、暖房・加湿の効いた室内は雑菌が増殖しやすく、育毛環境を悪化させるかもしれません。

きちんと手入れをし、洗って清潔なアイテムを使いましょう。

(まとめ)頭皮脂そして育毛環境のために日中気をつけることは何?

1. 日中の紫外線、頭皮の温度と湿度に気を付けましょう

頭皮脂を適量分泌させるために日中気をつけることは、通年の紫外線対策です。
頭皮や毛髪にとって、高温多湿は蒸れて脂っぽくなり、冷えて乾燥すると頭皮も乾燥します。

外気だけでなく、室内のエアコンによる乾燥にも気をつけましょう。

2. 育毛環境のために適量の頭皮脂をキープしよう

適量の頭皮脂が必要なのは、皮脂には大事な役割があるからです。
皮脂膜はバリアとして働き、内側から水分が蒸発して乾燥するのを防ぎます。

頭皮脂の分泌のコントロールには、年齢や性別・天候・洗髪方法・ヘアケアや生活習慣など多くの要素が複雑に関係しています。

3. 乾燥頭皮の人が日中気をつける4つのポイント

頭皮用ローションでの保湿でバリア機能を守り、加湿器で室内を保湿すると、頭皮も保湿することができます。

頭皮マッサージと優しいブラッシングをすると、血流アップし、保湿とリフレッシュで育毛環境もよくなります。

4. 脂性頭皮の人が日中気をつける3つのポイント

頭皮脂の過剰分泌に繋がる揚げ物やスイーツの代わりに、野菜や魚・フルーツなどを適量食べるようにしましょう。

運動して代謝を上げることも、頭皮脂の過剰分泌を抑えることに繋がります。

また頭皮脂の過剰分泌の原因が、乾燥頭皮だったという場合には洗いすぎを止めましょう。

5. 夏の育毛環境のために気をつけるポイント2点

帽子や日傘などで影を作り、高温にならないようにしましょう。
まめなブラッシングで頭皮の蒸れを逃がし、頭皮に風を送りましょう。

また夏でも自然乾燥させずドライヤーで乾かしましょう。
枕カバーや帽子・タオルやヘアブラシなど頭に触れるアイテムは清潔にしましょう。

6. 冬の育毛環境のために気をつけるポイント3点

頭皮が冷えると乾燥しやすくなるので、帽子などで頭部を冷やさないようにしましょう。
室内を加湿器で、頭皮もローションなどで保湿してあげましょう。

静電気を起こしにくい天然素材の帽子やマフラー・ストールを選び、清潔に使いましょう。