正しい方法で毎日洗髪をすれば改善が期待できます


頭皮がベタついていると、周囲に不潔だと思われてしまいますし、実際にも不衛生なためヘアトラブルの原因となります。

それを防ぐには、毎日洗髪をして1日に溜まった余分な皮脂や汚れを洗い流すことが大切です。

しかし洗い方が十分でないと、余分な皮脂を落としきることができず、頭皮のベタつきは解消されません。

余分な頭皮脂をとり除くことができるのは、頭皮の汚れをしっかりと落とす洗い方で行う洗髪です。

それには、洗髪前のブラッシングや予洗いをとり入れることがポイントとなります。

ブラッシングは髪をぬらす前に行います。
そうすると絡んだ髪が解かれて、頭皮の汚れが落としやすくなるのです。

ブラッシングをした髪をぬらしていくのですが、そのときに予洗いを行います。

予洗いとは、シャンプー剤を使わずに、シャワーのお湯だけで頭皮の汚れを洗い流すというものです。

予洗いは2分ほど続け、大まかな汚れを落とすと同時に、髪や頭皮を十分にぬらしてシャンプー剤が行き届きやすい状態を作っておきます。

このブラッシングと予洗いを実践して、余分な頭皮脂をしっかりと洗い流すよう努めましょう。

頭皮脂をしっかりと落とす洗髪方法を実践しましょう

シャンプー剤で頭皮を洗う際のコツとは

頭皮脂をしっかりと洗い流す洗髪方法とは、髪をぬらす前のブラッシングと、お湯だけで汚れを洗い流す予洗いをとり入れることがポイントだと先に述べました。

その2つを終えたら今度は、シャンプー剤を使用して頭皮を洗っていきます。
シャンプー剤は頭につける前に、手のひらであらかじめ泡立てておくようにしましょう。

そうすることで、頭皮の皮脂や汚れを落としやすくなります。

頭皮を洗うときには、指の腹を使い優しくマッサージするように行うのがコツです。
力を入れすぎたり爪を立てたりすると、頭皮を傷つけてしまうので注意をしましょう。

髪の生え際から頭頂部に向かって、少しずつ指の位置を移動しながら、頭皮全体を洗ってください。

すすぎ残しにも注意が必要

シャンプー剤で頭皮を洗ったら、すすぎはしっかりと行ってください。
すすぎ残しがあると頭皮環境が乱れ、ヘアトラブルのもとになってしまいます。

髪を洗い終わったら、まずタオルで大まかな水分を拭ってください。

その際にゴシゴシとこすると髪を傷めてしまいますから、タオルで髪をはさみ押さえるように水気をとるとよいでしょう。

ぬれた髪は傷みやすく、ぬれた頭皮は雑菌が繁殖しやすくなるため、速やかにドライヤーで乾かしてください。

ドライヤーの熱で髪が傷むのを避けようと自然乾燥をするのは、髪を傷めたり頭皮環境を悪化させたりするので逆効果です。

ドライヤーは髪より15 cmほど離すことや、同じ個所に熱風をあて続けることを避ければ、髪を傷めずにヘアドライをすることができます。

頭皮の洗いすぎは皮脂過剰につながってしまいます

頭皮を洗いすぎると逆効果に

余分な皮脂を除去しようとして頭皮を洗いすぎてしまうと、余計に皮脂分泌を加速させてしまいます。

頭皮の乾燥を守るために、適量の皮脂が必要です。
必要な皮脂までとり除くと、乾燥を防ぐために皮脂分泌が活発になります。

そうなると頭皮の皮脂過剰が起こりやすくなります。

ですから日に何度も洗髪をし、頭皮のこすり洗いをしすぎていると、余分な皮脂をとり除くどころか、逆効果となってしまうのです。

洗髪は1日に一度を目安に行うとよいでしょう。

念入りに洗髪をしているのに頭皮のベタつきが改善されないという人は、頭皮を洗いすぎているのかもしれません。

心当たりのある人は、適切な洗髪の頻度や洗い方を守るよう努めてみてください。

頭皮の洗浄と血行を促すヘッドスパがおすすめ

自分で行う洗髪で余分な頭皮脂をきちんと洗い流せているのか心配な人や、頭皮の皮脂や汚れをすっきりと落としたいという人には、ヘッドスパがおすすめです。

ヘッドスパは、サロンで専門のスタッフにより施術を受けます。
頭皮の洗浄やマッサージによる血行促進を行い、頭皮環境を改善するというものです。

頭皮脂をしっかりと洗い流すことができるほか、頭皮の血行が良くなるため、施術後は首や頭が軽くなったと感じる人も多いようです。

良好な頭皮環境を保つには、1、2ヶ月に一度のペースでヘッドスパの施術を受けるとよいでしょう。

頭皮環境をリセットしてヘアトラブルの改善や予防をしたいという人は、ヘッドスパを試してみてはいかかでしょうか。

睡眠不足や運動不足を避け皮脂過剰を防ぎましょう

睡眠不足や夜更かしは厳禁

睡眠不足や運動不足が皮脂過剰を招くことがあります。
睡眠は7時間以上とり、夜更かしも避けるようにしましょう。

遅くとも、日付が変わるまでには寝つくようにしたいものです。
なかには早めに床についても、なかなか寝つけないという人もいるかもしれません。

そのような人は、食事や入浴は眠りにつく2時間前には済ませるように心がけ、さらに寝る前のスマホ操作は控えてください。

スマホの画面から放たれるブルーライトを見ると覚醒するため、寝つきが悪くなってしまいます。

また運動不足を防ぐために、適度な運動を習慣づけたいものです。

激しい運動ではなく、ストレッチやウォーキングなど、ムリなく続けられるものがおすすめです。

眠る前にストレッチをして、通勤や買い物の際にウォーキングをとり入れるなど、継続できるよう工夫をするとよいでしょう。

喫煙や過度な飲酒が皮脂過剰を招く

ストレスも皮脂過剰を招く要因となります。

仕事や人間関係などでストレスを抱えやすい環境にいる人は、上手にリフレッシュする工夫をしたいものです。

休日にはリラックスして過ごし、日頃の疲れをリセットできるような趣味を持つなど、ストレスを発散できるものをみつけるとよいでしょう。

喫煙も、皮脂の分泌量を増やす原因のひとつです。

喫煙をすると、皮脂分泌を抑える働きのあるビタミンCが壊されるほか、タバコに含まれる有害物質が皮脂量を増やしてしまうのです。

喫煙者で頭皮のベタつきが気になるという人は、喫煙を控えるとよいでしょう。

また過度な飲酒も頭皮環境を乱し、皮脂過剰を招くことがあります。
お酒は適量を守り、頭皮トラブルを起こさないように努めましょう。

栄養が偏った食生活で皮脂分泌が増えることがあります

頭皮環境の改善には外食を控え目に

食生活が偏っていると、皮脂量が増えてしまうことがあります。
たとえば糖質を多く摂取すると、皮脂分泌が加速しやすくなります。

糖質を多く含む食べ物は、砂糖を使った甘いお菓子や、ご飯・パン・麺類といった炭水化物などです。

主食のご飯をたくさん食べるという人や、パンや麺類が大好きという人、ケーキやクッキー・チョコレートなどの甘いお菓子を食べる機会が多いという人は、注意が必要です。

また肉類や油っこい料理も、皮脂の分泌量を増やす食べ物です。

外食が多く、コンビニ弁当やスーパーの総菜などテイクアウトをよく利用するという人は、炭水化物や油っこい料理に偏りがちです。

できるだけ、自宅で手づくりした食事をとるように努め、皮脂過剰を防ぎましょう。

栄養バランスのよい食生活が大切

インスタント食品やファストフード・スナック菓子も、皮脂量を増やす食べ物です。

どれも手軽に小腹を満たすことができる便利な食べ物ですが、食べすぎには注意をしましょう。

偏った食生活をしていると、糖質や油っこい料理など、皮脂過剰を招く食べ物のとりすぎにつながってしまいます。

日頃から、栄養バランスのよい食事を心がけ、野菜・海藻・大豆食品なども積極的に食べるようにしましょう。

また現代の日本の食卓は、肉が主菜となることが多い傾向にあるので、魚を食べる機会を増やしたいものです。

とくに青魚は、頭皮環境を整える働きをしてくれる栄養が含まれています。

頭皮脂のベタつきを解消したい、頭皮環境を改善したいという人は、魚を主菜にする頻度を多くしてみましょう。

過剰な頭皮脂はヘアトラブルのもとになります

皮脂過剰がヘアサイクルを乱す

頭皮の皮脂が過剰だと、不快な臭いが発生し頭皮のベタつきが気になるようになります。

さらにヘアサイクルが乱れ、健康な髪が育ちにくい頭皮になってしまいます。

髪の寿命は平均5年程度ですが、ヘアサイクルが乱れると髪が成長する期間が短くなり、早めに抜け落ちることになるのです。

通常でしたら髪が抜けた毛根からは、また新しい髪が生えてくるのですが、ヘアサイクルが乱れていると新しい髪も生えにくくなってしまいます。

また皮脂過剰がもとで脂漏性皮膚炎を患うこともあります。

脂漏性皮膚炎は、フケが増えたり、患部が赤くなったり痒くなったり、湿疹ができたりするものです。
ひどくなると、患部の髪が抜け落ちることもあります。

脂漏性皮膚炎になると、正しい方法で洗髪をしていても、頭皮のベタつきが改善しにくくなります。

フケが増えた、洗髪後も頭皮がベタついているなどの症状がでたら、脂漏性皮膚炎を疑い、早めの対処をしたいものです。

症状がひどくなるようなら、早いうちに病院へ行きましょう。

脂漏性皮膚炎を自分で直そうとしても、症状が長引きつらい思いをすることが多いので、専門医に診てもらうことをおすすめします。

余分な頭皮脂を洗い流すために、毎日正しい方法で洗髪をしていても、皮脂過剰を招く習慣を繰り返していては、頭皮環境を良好に保つことは難しくなります。

きちんとヘアケアを行うと同時に、食生活や生活習慣に気を配り、健康な髪と頭皮を育むよう努めたいものです。

(まとめ)毎日洗髪をすれば頭皮脂のベタつきは改善しますか?

1. 正しい方法で毎日洗髪をすれば改善が期待できます

頭皮のベタつきを解消するには、毎日の洗髪で余分な皮脂を洗い流す必要があります。
しかし洗い方が十分でないと、しっかりと洗い流すことができません。

効果的に頭皮脂を落とすには、洗髪の前のブラッシングや予洗いをとり入れるとよいでしょう。

2. 頭皮脂をしっかりと落とす洗髪方法を実践しましょう

洗髪前のブラッシングや予洗いを終え、シャンプー剤で頭皮を洗う際には、あらかじめ手のひらで泡立てておきましょう。

頭皮は、指の腹で優しくマッサージするように洗います。

またすすぎ残しのないように、念入りにすすぎを行うことも大切です。

3. 頭皮の洗いすぎは皮脂過剰につながってしまいます

余分な頭皮脂をとり除くために、頭皮を洗いすぎると、かえって皮脂量が増えてしまいます。

洗髪のしすぎにより、頭皮の乾燥を防ぐために必要な皮脂まで洗い流してしまうと、頭皮を乾燥から守ろうとして皮脂分泌が活発になるからです。

日に何度も洗髪をすることや、頭皮のこすり洗いのしすぎには注意をしましょう。

4. 睡眠不足や運動不足を避け、皮脂過剰を防ぎましょう

夜更かしをして、睡眠時間が不足していると、皮脂過剰を招くことがあります。
睡眠は7時間以上とり、0時までには眠りに就くようにしましょう。

また運動不足も皮脂分泌を過剰にするので、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を習慣づけたいものです。

5. 栄養が偏った食生活で皮脂分泌が増えることがあります

ご飯やパン・麺類などの炭水化物や、甘いお菓子など糖質を多く含む食べ物を食べすぎると、皮脂分泌が増えてしまいます。

また肉や油っこい食べ物や、インスタント食品・ファストフードなどの食べすぎも皮脂過剰につながります。

栄養バランス良く食べるように、心がけることが大切です。

6. 過剰な頭皮脂はヘアトラブルのもとになります

頭皮脂が多すぎると、ヘアサイクルが乱れやすくなります。
ヘアサイクルが乱れると、抜け毛が増え、新しい髪が生えにくくなってしまいます。

また過剰な頭皮脂が原因で脂漏性皮膚炎を患うことがあるので、皮脂過剰の予防や改善に努めたいものです。