寒い冬は乾燥しやすいため、頭皮脂が不足しやすくなります


冬になると、どうしても空気の乾燥した日が増えてしまいます。
また、気温が低くなるにつれて体の冷えから血行不良となり、頭皮へ必要な栄養や酸素が行き渡らなくなってしまうのです。

その結果、頭皮の脂が不足して乾燥しがちになってしまいます。
頭皮の乾燥がすすむと、フケやかゆみなどの症状が出やすくなるのはもちろんのこと、抜け毛も増えてしまいがちです。

頭皮環境が悪化してしまっている時は、バリア機能が低下してダメージを受けやすくなってしまいます。

そのため、洗浄力が高いシャンプーを使うと刺激が強すぎるので、アミノ酸系などの洗浄力が穏やかなシャンプーを使用するとよいでしょう。

また、頭皮の乾燥を防ぐためにも、普段から頭皮マッサージで血行をよくしたり、代謝を上げるために運動をするなどして体質改善をしたりしていくとよいです。
乾燥肌を改善するのに必要な栄養素もバランスよくしっかり摂取しましょう。

冬になると、頭皮が乾燥しやすくなってしまいます

健康な頭皮や髪を維持するためには適度な皮脂が必要です。
しかし、寒い季節になるとさまざまな要因で皮脂が減少してしまい、頭皮の乾燥が悪化しやすい状況になります。

頭皮が乾燥してしまうとバリア機能が低下してしまうため、ダメージを受けやすくなってしまうのです。

また、髪を育てるための土壌が悪くなってしまうので、毛が細くなってしまったり、抜け毛が増えてしまったりしがち。
健やかな頭皮や美しい髪を維持するためには、お肌のケアと同様に冬の乾燥対策をしていくことが大切です。

空気の乾燥

寒い冬が来ると、乾いた空気で乾燥するのは肌だけではありません。
同じように、頭皮や髪も乾燥します。

また、寒い季節は暖房のきいた暖かい部屋にいる時間も増えますよね。
暖房で空気が乾燥している上に、エアコンなどの風が頭皮に当たることも増えるので、さらに乾燥しやすくなってしまうのです。

そのため、肌と同様に保湿をしたり、風が直接当たらないように気を配ったりする必要があります。

シャワーの温度設定

寒くなると浴室が冷えていることもあって、どうしてもシャワーの設定温度を上げてしまう方が増えます。
体が温まることはよいことなのですが、熱いお湯で洗髪をすると、必要な皮脂まで一緒に洗い流されてしまうのはよくありません。

シャワーの温度は38度くらいが適温といわれています。

頭皮の冷えもよくありません


頭皮にとって乾燥だけでなく、「冷え」もよくありません。元々、女性は男性に比べると筋肉量が少ないために冷えを感じやすい傾向があります。

手足の冷えを訴える人が多いのも、それが理由です。
体や頭が冷えていると、頭皮や髪の状態を悪化させる原因になります。

血行が悪くなる

頭皮や髪が健康に育つために必要な栄養と酸素は、血液によって運ばれてきます。
しかし、体が冷えてしまうと、血管を収縮させてしまうので血流が悪くなってしまうのです。
その結果、必要な栄養素が届きにくくなり、頭皮が不健康になってしまいがち。
頭皮が不健康な状態になってしまうと、発毛や育毛を妨げる原因になります。

新陳代謝が悪くなる

健康な髪の成長は、頭皮の代謝がスムーズに行われていることによって促進されます。
しかし、頭皮が冷えていると代謝が悪くなってしまうため、頭皮の古い角質がスムーズに生まれ変わることができません。

その結果、抜け毛や切れ毛が増えるだけでなく、新しい髪が生えてこなくなる可能性もあるのです。

角質が厚くなると、トラブルが起こりやすくなります

強い紫外線や間違ったケア、不規則な生活などを繰り返していると、皮膚と同じように頭皮にも、角質層が厚くなってしまう「角質肥厚(かくしつひこう)」が起こります。

皮脂が不足すると頭皮は保護する機能が低下するので、ダメージを受けることが増えてしまい、皮膚は角質を厚くすることで頭皮を守ろうとします。

これが角質肥厚の原因です。
角質肥厚を放置していると、代謝が悪くなってしまい、古い細胞が蓄積して新しい細胞が生まれにくくなります。

その結果、ヘアサイクルの成長期が短くなってしまい、抜けやすくダメージを受けやすい、弱った髪しか生えてこなくなってしまうのです。

一度ダメージを受けてしまった髪の毛は、ケアをしても元に戻ることはありません。
そのため、頭皮の乾燥を防ぐことが、健康な髪を作ることにつながります。

なお、角質肥厚を改善するためには、毛穴のつまりや汚れを丁寧に除去する必要があります。

十分な予洗いによって水溶性の汚れを落とし、脂汚れを浮き上がらせてからシャンプー剤を使うこと。そして、シャンプー剤が頭皮に残らないようにしっかりとすすぐことを意識しましょう。

また、ダメージを受けた頭皮に、洗浄力の強いシャンプーはダメージを与えることになるので、洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーを使うことをおすすめします。

頭皮の乾燥対策をしましょう


皮脂が不足して乾燥してしまうと、頭皮がダメージを受けてしまいます。そのため、頭皮が乾燥しないようにケアしてあげることが大切です。

帽子で頭皮を守るといった対策はもちろん、冬の空気乾燥を防ぐために加湿器の利用などもよいですね。

また、頭皮に、保湿や血行促進などのケアを行うことで皮脂分泌の量を適正にして、バリア機能を回復させていくことも重要です。

保湿ケア

シャンプーやリンスを選ぶ際に「しっとりタイプ」など保湿効果をアップさせるようなものを使ってみるとよいかもしれません。
また、頭皮専用の保湿剤を使用すると効果的です。

ローションタイプやオイルタイプなど、さまざまなものがありますので自分にあったものを使用してみましょう。

頭皮マッサージで血行促進

頭皮にはたくさんの毛細血管が張り巡らされています。血行を促すためには、頭皮マッサージが最適。

市販の頭皮マッサージ用オイルや、ボディーマッサージでも使われる「ホホバオイル」などの添加物が含まれていない天然オイルを使用するとよいです。

オイルを頭皮になじませて皮脂を浮かせ、その後、ゆっくりと、指の腹を使って持ち上げるようなイメージで頭皮を動かしていきましょう。
強く揉んだり、こすったりするとダメージを与えてしまうので逆効果です。

体質改善で代謝アップ

代謝をアップさせるためには、体質改善をしていくとよいです。
冷えを防ぐためには、体内からの発熱を上げていくことが効果的。

ヨガやウォーキング、ストレッチなどのちょっとした運動を継続して行うことや、サウナ・半身浴などで発汗を促していくこともおすすめです。

乾燥肌に有効な6つの栄養素

乾燥しやすい肌を改善していくために重要な6つの栄養素があります。

①タンパク質
タンパク質は体を作るために一番、重要な栄養素です。
肌を作るための主成分となるため、不足するとハリやツヤなどが失われて乾燥しやすくなってしまいます。

卵、肉、大豆、マグロなどの赤身、乳製品などで摂取でき、とくにササミや赤身の肉などの脂質が少ないものが良質なタンパク質です。

②ビタミンB群
ビタミンB群はどれも体にとって大切な栄養素ですが、乾燥肌対策という意味ではとくに「ビタミンB2」と「ビタミンB6」が重要です。

どちらもタンパク質を分解したり合成したりする時に必要な栄養素なので、タンパク質と同じくらい重要な栄養素になります。
マグロやカツオのような赤身、レバー、にんにく、玄米、クルミなどに多く含まれており、なかでもカツオやレバーは、健康な肌を維持するために必要な「亜鉛」が多く含まれているのでおすすめです。

③オメガ3脂肪酸
オメガ3脂肪酸とは、DHAやEPAなどの多価不飽和脂肪酸の一種です。
肌のターンオーバーをサポートする働きがあるので、頭皮の発毛サイクルを整える助けをしてくれます。

サケ、マス、マグロのように脂肪の多い魚や青魚、アマニ油・エゴマ油などに多く含まれていますが、熱に弱いため、お刺身などの生の状態で食べた方が効率よく摂取できます。

④ビタミンA
ビタミンAは肌のターンオーバーをサポートする働きを持っています。
不足してしまうと皮膚を保護するためのバリア機能が低下しやすくなるので、炎症や乾燥などの原因に。

緑黄色野菜、レバー、うなぎ、卵黄などに多く含まれており、とくに人参に多く含まれるβカロチンは体内でビタミンAに変換されるのでおすすめです。

⑤ビタミンC
ビタミンCには肌の弾力や潤いの元となるコラーゲンを生成するサポートをする力があります。
レモン、キウイ、イチゴ、ゴーヤ、ブロッコリー、レンコンなどに多く含まれますが、ビタミンCは熱に弱く水溶性です。

そのため、できるだけ生で摂取するか、野菜は茹でるよりも蒸したものの方がビタミンCの流出を防げて効率がよいといわれています。

⑥ビタミンE
ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれていて、血行促進や皮膚のエイジングケアに役立ちます。

頭皮が老化するとトラブルの原因になりやすいので、エイジングケアは重要です。
ビタミンEが多く含まれる食材は、カボチャやクルミ、アーモンドなどのナッツ類。

ただし、ナッツ類には脂肪も多いので取り過ぎに注意しましょう。

(まとめ)寒い冬の季節はどうして頭皮脂が少なくなるの?

1. 寒い冬は乾燥しやすいため、頭皮脂が不足しやすくなります

冬になると、空気の乾燥や冷えで頭皮の環境が悪くなってしまいがちです。その結果、頭皮脂が少なくなり、バリア機能が低下してしまいます。
フケやかゆみ、炎症などの症状も出やすくなるので、乾燥を防ぐためのケアを行うとよいでしょう。

2. 冬になると、頭皮が乾燥しやすくなってしまいます

健康な頭皮を維持していくためには、適度な皮脂が必要です。
しかし、寒い季節になると空気の乾燥や熱いシャワーなどが原因で皮脂が減少してしまい、頭皮が乾燥してしまいます。

皮脂を守るために、乾燥対策をしていくことが大切です。

3. 頭皮の冷えもよくありません

乾燥だけでなく、冷えもよくありません。元々、女性は男性に比べると筋肉量が少ないため冷えやすい傾向があります。
体が冷えていると、頭皮も冷えてしまい、血行や代謝が悪くなって必要な栄養や酸素が行き渡りません。

4. 角質が厚くなると、トラブルが起こりやすくなります

頭皮が乾燥していると、保護するために、角質肥厚が起こります。しかし角質が厚くなると新しい細胞が生まれにくくなり、ダメージを受けやすい弱い髪しか生えてこなくなるのです。
一度ダメージを受けた髪は元には戻らないので、角質肥厚を防ぎましょう。

5. 頭皮の乾燥対策をしましょう

皮脂が不足していると、頭皮が乾燥してダメージを受けます。
そのため、頭皮マッサージ、保湿、代謝アップなどをすることで、頭皮が乾燥しにくい状況を作ってあげることが重要です。

皮脂分泌量が適正になれば、バリア機能も回復していきます。

6. 乾燥肌に有効な6つの栄養素

乾燥しやすい肌質を改善していくために必要な栄養素があります。とくに、タンパク質とビタミンB群は、肌を作るために必要な栄養素なのでしっかり摂取しましょう。

ただし偏らないようにバランスよく食べることが大切です。