皮脂分泌の過剰が原因で、頭皮が炎症をおこしているのかもしれません


頭にピリピリとした痛みを感じることがありませんか?
もしかしたら、皮脂の分泌が多すぎるために、頭皮が炎症をおこしてしまっているのかもしれません。

本来、頭皮には適度な量の皮脂が分泌されています。
それは、頭皮や髪を保護したり、保湿したりする役割を持っているからです。

しかし、ホルモンバランスの乱れが生じていたり、脂質の多い食事を繰り返したりしていると、皮脂の分泌量が増えすぎてしまうことがあります。

その結果、毛穴が詰まり、カビ菌が繁殖するなどが原因になって、頭皮が炎症をおこしてしまうのです。

そして、頭皮にピリピリとした痛みが現れるようになってしまいます。
ただし、ピリピリとした痛みの原因は皮脂だけとは限りません。

シャンプー剤、パーマ液などによるかぶれ、紫外線による日焼け、怪我をして傷ができているといった可能性も考えられます。

痛みを感じる部位や症状、現れた時期などから総合的に判断をして対処したほうがよいです。

また、判断に悩む場合や、痛みが長引く場合は、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

頭皮にピリピリとした痛みを感じる4つの理由

①皮脂の過剰分泌

生活習慣が乱れていたり、睡眠不足や強いストレスを感じていたりすると、頭皮の皮脂が過剰分泌になる傾向があります。
皮脂分泌が多すぎると、毛穴が詰まってしまいアクネ菌が繁殖してニキビができる、カビ菌が増えすぎて炎症をおこすなど、痛みの原因となるのです。

②乾燥

頭皮が乾燥していると、パラパラと細かいフケが出やすくなるだけでなく、頭皮のかゆみや発赤などが出やすくなります。
また、かゆみを感じるからといってついつい掻いてしまうと、頭皮を傷つけてしまうため痛みを感じることも少なくありません。

皮脂が不足しているとバリア機能が低下するので、湿疹や肌荒れの症状も出やすくなります。

③紫外線による日焼け

頭皮は髪で覆われているので見えにくいのですが、実は、肌と同じように日焼けします。
そのため、日差しが強い時に帽子などをかぶらず外にいると、日焼けによってやけどのようなヒリヒリとした痛みを感じることがあるのです。

紫外線は皮膚の細胞を破壊し、老化を促進させるので注意が必要になります。

④外部刺激による炎症

パーマ液やカラー剤、ヘアケア製品などには、アレルギー物質が含まれていることがあります。そのため、頭皮に付着するとアレルギー反応で痛みやかゆみ、ただれなどがおきてしまうことも。

外部刺激による炎症は、普段から使っているシャンプーやヘアケア製品だから大丈夫というものでありません。
その日の体調や頭皮の状態によって、刺激になってしまうことがあるので要注意です。

頭皮の痛みは、症状によって改善方法が異なります


「皮脂の過剰分泌」と「頭皮の乾燥」が発生する理由は異なりますが、どちらも頭皮湿疹ができていることが痛みの原因です。
そのため、湿疹を治していかないと痛みが解消されません。

皮脂の過剰分泌と乾燥、なんとなく対極に思える2種類ですが、根本的な治療方法としては、実は同じ。

できるだけ早く、頭皮を健康な状態に戻してあげることが大切です。
なお、頭皮の日焼けに関しては肌の日焼けと対処法が同様で、冷やして安静にすることで症状が改善されていきます。

また、外部刺激による炎症は、その原因を取り除くことで症状が現れなくなります。

頭皮が不健康になってしまっている場合は、理由は問わず、まずシャンプーに気をつけたほうがよいでしょう。
シャンプーの洗浄力が強すぎると、それが刺激となって炎症を悪化させかねません。
そのため、頭皮に痛みある時は、洗浄力が穏やかなアミノ酸を洗浄成分としたシャンプーに切り替えることをおすすめします。

そして、洗い方も重要です。

頭皮を健康にしていくために、下記の点に注意してシャンプーをしてみてください。

・シャンプーは1日1回、寝る前に行いましょう(洗い過ぎは逆効果です)

・シャンプーをする時は、指の腹でマッサージをするように揉みほぐしましょう

・シャンプー剤を使って洗っている時間よりも、予洗いやすすぎにしっかり時間を取りましょう

・タオルドライで適度に乾かした後、しっかりとドライヤーで乾かしましょう

頭皮を健康にするために、食習慣に気をつけましょう

健康な頭皮を作るために、シャンプーを変えたり、洗い方を変えたりする以外にもできることがあります。
それは、食事の内容に気をつけることです。

頭皮に必要な栄養が行き渡るためには、血流が良いことと、必要な栄養素が十分に取れていることの両方が必要になってきます。
そのため、頭皮に痛みを感じている時は、頭皮や髪にあまり好ましくない内容の食事を避けるようにしてみましょう。

脂肪や糖質の多い食事は、皮脂の分泌を必要以上に増やしてしまうため、良くありません。そのため、ジャンクフードや、ファストフード、揚げ物、甘いものばかりに片寄った食事は避けるようにしてください。

余分な皮脂は、頭皮の毛穴を詰まらせたり、不健康な状態にしてしまったりする可能性が高いです。

また、冷たい食べ物や飲み物ばかり摂取していることもよくありません。
体は、冷たいものが体内に入ってくると、内臓を冷やさないようにするために全身の血液を胴体の部分へ集めようとします。

その結果、末端である手足や頭皮には十分な血液が行き届かなくなってしまいがちです。
頭皮に血流が不足してしまうと酸素や栄養が行き届かなくなるため、乾燥や炎症を引き起こす原因になります。

頭皮を健康にするために、必要な栄養素があります


人間の体は、食事から必要な栄養を取り入れて活動しています。
それは、体だけに限らず、頭皮や髪の毛も同様です。
頭皮を健康な状態にしたいなら、頭皮によいといわれている栄養素を意識的に摂取してみましょう。

不飽和脂肪酸

必須脂肪酸のひとつである「不飽和脂肪酸」は、頭皮の皮脂バリアを修復する効果を持っています。
また、菌の繁殖を抑える殺菌効果もあるのです。

昔から、やけどや肌荒れなどの皮膚疾患などに効果があるといわれており、不飽和脂肪酸を多く含む「馬油」は、患部に塗布する塗り薬のような使い方もされていました。

もちろん、不飽和脂肪酸は食事から体内に摂取することで、頭皮環境を整えるために有効な栄養素になります。
魚やナッツ、オリーブオイルなどの油などに多く含まれていますので、頭皮の乾燥やバリア機能の低下が気になっている場合は、意識的に摂取して、頭皮環境の改善を心がけてみてください。

ビタミンB群

頭皮を健やかにしていくために、ビタミンは欠かせません。
もちろんどのビタミンも体にとって大切なのですが、とくに頭皮や髪に重要なのがビタミンB群です。

細胞の代謝や血行を促進する、皮脂分泌のコントロールをする働きがあるなど、不健康になってしまった頭皮を改善するために必要な働きをしてくれます。

なかでも、頭皮環境を改善するのに効果的なビタミンBは下記の2種類です。

・ビタミンB2

「発育のビタミン」といわれており、皮脂の分泌を抑制したり、毛母細胞を活性化させたりする働きがあります。
ビタミンB2を多く含む食品は、レバー、うなぎ、鶏卵、納豆、チーズなどです。

・ビタミンB6

タンパク質と深い関わりがあるビタミンです。
タンパク質を毛髪に変える働きを助けているため、不足すると抜け毛や白髪の原因になりかねません。

ビタミンB6は免疫力を高め、皮膚の代謝を促す作用が高いとされています。
ビタミンB6を多く含む食品は、レバー、鶏肉、マグロ、カツオ、モロヘイヤなどです。

日常の生活を意識していくことも大切です

シャンプーの方法を変え、食事を見直したら終わりではありません。
最後に、頭皮を健康にしていくためには、生活習慣の見直しも必要です。

・ホルモンバランスを整えましょう
頭皮と皮脂の関係は、ホルモンバランスの乱れが大きく影響を及ぼします。
睡眠不足や過度のストレスを感じていると、体内では自律神経が乱れてホルモンバランスがおかしくなってしまうのです。

女性ホルモンの分泌量が低下してしまうと、皮脂の過剰分泌が起こる可能性が高まります。

・適度な運動をしましょう
頭皮へ栄養や酸素を運ぶためには、全身の血行が良いことが重要です。
そのため、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を定期的に行うことができれば理想的。

運動が苦手だと感じる、または時間がないなどの場合でも、ストレッチを毎日継続するだけでも効果があります。

とくに首・肩周りのコリがひどいと、頭皮への血流が低下してしまうので要注意です。

(まとめ)頭にピリピリと痛みを感じるのは、頭皮脂が原因ですか?

1. 皮脂分泌の過剰が原因で、頭皮が炎症をおこしているのかもしれません

頭にピリピリとした痛みを感じる場合、皮脂分泌過剰が原因で炎症をおこしたり、頭皮湿疹ができてしまったりしている可能性が考えられます。

ただし、必ずしも皮脂が原因とは限りません。
判断に悩む場合や、痛みが長引く場合は皮膚科を受診しましょう。

2. 頭皮にピリピリとした痛みを感じる4つの理由

頭皮に痛みを感じる主な原因は4つあります。
皮脂の過剰分泌、頭皮の乾燥、シャンプー剤などによるかぶれ、日焼けなどの可能性も考えられます。

痛みを感じる部位や現れた時期などから、原因を探ることが改善の近道です。

3. 頭皮の痛みは、症状によって改善方法が異なります

皮脂の過剰分泌や乾燥が原因の場合、まずはシャンプーを見直して頭皮環境の改善をしていくことが大切です。また、日焼けの場合は皮膚と同じで冷却と安静、かぶれの場合は原因を取り除くことがポイントになります。

4. 頭皮を健康にするために、食習慣に気をつけましょう

頭皮を健康にしていくためには、シャンプーだけでなく食事にも気を配る必要があります。脂肪や糖質の多い、片寄った食事や、冷たい食べ物・飲み物ばかり摂取していると、頭皮にとってよくありません。

頭皮にとって好ましくない食生活を改善していきましょう。

5. 頭皮を健康にするために、必要な栄養素があります

頭皮を健康な状態に戻していくために、効果的な栄養素があります。それは不飽和脂肪酸と、ビタミンB群です。
とくにビタミンB2とB6は、細胞の代謝や血行を促進したり、皮脂の分泌量をコントロールしたりする働きがあります。

6. 日常の生活を意識していくことも大切です

頭皮の健康状態を改善するには、生活習慣を見なおす必要があります。
頭皮と皮脂の関係には、ホルモンバランスが密接に関わっているのです。

そのため、睡眠不足や過度のストレスは禁物。
また血行を促進するために、適度な運動やストレッチを行うと効果的です。