髪のパサつきを改善するには食事の内容を見直すのが効果的です


気になる髪のパサつきを改善するには、食事の内容を見直すのもおすすめの方法です。

人間の身体は食べ物からつくられるともいわれているので、普段どのような食事を摂っているかは、頭皮環境や髪質に大きく影響してきます。

どんなに仕事やプライベートで忙しい日でも、なるべく手づくりの食事を摂り、栄養バランスを気遣うのも、髪のパサつきをケアするためには重要なポイントです。

栄養バランスが整った食事の積み重ねが、パサつきのない美しい髪を育ててくれるといわれています。

食事の面からも、髪のパサつきを改善する方法を見つけていきましょう。

髪のパサつきを改善するのに必要な栄養素があります

髪のパサつきを改善するためには、髪によいといわれる栄養素をバランス良く摂って、食事で身体の中からケアをしていく必要があります。

どれも身近な食材に含まれている栄養素ばかりなので、積極的に食事に取り入れてみましょう。

タンパク質

髪の90%は「ケラチン」というタンパク質でつくられているので、髪の主成分はタンパク質になります。

タンパク質は肉や魚、大豆製品などに豊富に含まれていて、摂取しやすい栄養素です。
もし不足した場合は、髪のパサつきだけでなく、抜け毛の原因にもなるといわれています。

ビタミン

ビタミンAとビタミンBには血行を促進する働きがあるので、頭皮の血行を改善して髪に栄養素を運んでくれます。

ビタミンAは頭皮の新陳代謝をサポートする働きも持っていますが、過剰に摂ると頭皮の乾燥を招いて、髪がパサつきを起こすことがあるのです。

ニンジンやホウレン草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

亜鉛

不足すると味覚障害や、成長障害が起こるといわれている亜鉛ですが、髪のパサつきの原因になることもあります。

亜鉛不足は他にも、頭皮の乾燥や抜け毛、白髪などを引き起こすといわれています。
亜鉛は、カキ・豚レバー・牛肉・チーズ・ナッツ類など、さまざまな食材に含まれています。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、イワシ・サバ・サケなどの魚や、エゴマ油・アマニ油・クルミなどに多く含まれツヤのある髪を育てる効果があるといわれています。

熱に弱いという特徴がありますが、アレルギー症状を抑えたり、善玉コレステロールを増やしたりする働きがあると考えられています。

人間が体内で生成できない必須脂肪酸なので、食事から摂る必要があるのです。

食事の面から髪のパサつきをケアしましょう


忙しい日々を送っていると食事がおざなりになってしまうことがあります。
食事から充分な栄養素が摂れない日が続くと、頭皮環境の悪化を招き、髪のパサつきが起こる原因になります。

食事の面から髪のパサつきを改善するには、規則正しく、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

・朝・昼・夜と3食きちんと食事をする
・肉や脂っぽいものばかり食べず、野菜中心の食事メニューにする
・どんなに食事がおいしくても食べ過ぎず、腹八分目を守る
・味つけが濃い、激辛などの食事は自律神経を乱すので控える

髪のパサつきを改善するのによいといわれる栄養素だけを摂取していても、髪のパサつきが改善されるわけではありません。

髪によい栄養素を含め、あらゆる栄養素をバランス良く食事から摂っていく必要があります。

1日あたり30品目を食べるのが理想だといわれていますが、1日の食事でそれだけの数の食品を口にするのは難しいこともあるでしょう。

そのような時は、みそ汁の具材を増やしてみたり、サラダに使う野菜の種類を増やしてみたりしましょう。

サラダは温野菜にして食べたり、ドレッシングを手づくりしてみたりと、工夫すると飽きのこない食事内容になります。

髪を育てる栄養素として「大豆イソフラボン」が関心を集めています

髪によいといわれる数々の栄養素の中で、関心が高まっているのが「大豆イソフラボン」です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするとされており、美容と健康の面で女性からの人気を集めています。

髪のパサつきが起こる原因はいろいろ考えられるのですが、女性ホルモンの減少も一因ではないかといわれているのです。

女性は加齢や更年期症状などの影響によって、年々女性ホルモンが減少していきます。
女性ホルモンの分泌が少なくなると頭皮の血行が悪くなり、髪が傷んでパサつきを起こしたり、細くなって抜け落ちたりするのです。

また髪の色素であるメラノサイトも減少するので、白髪が目立つようになります。

女性が一生の間に分泌できる女性ホルモンの量は決まっているので、大豆イソフラボンを摂取しても女性ホルモンを増やすことはできません。

しかし大豆イソフラボンが女性ホルモンの働きを助け、頭皮環境を改善して髪のパサつきをケアする効果が期待できます。

過度のストレスも女性ホルモンの分泌に悪影響を与えるので、疲れがたまってきたと感じた時は、心と身体を休ませてあげましょう。

大豆イソフラボンを食事で効率良く摂りましょう


大豆イソフラボンはその名の通り、大豆からつくられた食品の中に含まれています。
カロリーが低くてヘルシーなので、ダイエットが気になる女性の食事にもおすすめです。

体内に吸収された大豆イソフラボンは6~8時間ほどで半減するといわれているので、1度の食事でたくさん食べるよりも、3度の食事に分けて食べると効率がよいです。
髪のパサつきが気になる時は、食事メニューに大豆製品をプラスしましょう。

豆乳

大豆イソフラボンの量はそれほど多くありませんが、そのまま飲めるだけではなく、料理にも使えるので、食事に取り入れやすいというメリットがあります。

もし豆乳の風味があまり得意でないのなら、成分調整された豆乳や、フレーバーつきの豆乳を購入しましょう。

豆腐

豆腐はそのまま食べてもおいしく、夏は冷ややっこ、冬は湯豆腐といった具合に副菜として食事に出しやすいのでおすすめです。

豆乳より多い大豆イソフラボンを含み、とにかく食べやすいのがメリットです。

納豆

その独特の風味から苦手とする人が少なくないですが、納豆には豊富な大豆イソフラボンが含まれています。

納豆があまり好みでない人は、付属のタレと一緒にオリーブオイルを少し加えてみてください。

味がまろやかになり、ニオイが和らぎます。
オリーブオイルは血液をサラサラにする効果があるといわれているので、頭皮の血行改善も期待できます。

栄養バランスの悪い食事が髪のパサつきを招きます

髪がパサつきを起こす原因はいくつもありますが、栄養バランスの悪い偏った食事が頭皮環境を悪化させて、結果的に髪のパサつきに繋がってしまいます。

普段の食事を振り返ってみて、髪のパサつきを起こす原因がないかチェックしましょう。

糖分が多い食事

糖分が多い食事が続くと血糖値が上昇し、頭皮の血行が悪くなるといわれています。
ストレスがたまった時や疲れた時には甘いものが欲しくなりますが、食べ過ぎは頭皮環境を悪化させる原因です。

頭皮の毛穴を詰まらせて髪の生育を妨げたり、頭皮ニキビが増えて炎症が起きたりします。

カロリーが高い食事

カロリーが高い食事も、頭皮の血行を悪くする原因だと考えられています。
皮脂が増えて頭皮の毛穴がふさがってしまったり、髪に必要なビタミンやミネラルが失われたりして、パサつきが起こりやすくなります。

お酒の飲み過ぎ

お酒の飲み過ぎも、髪のパサつきを悪化させる原因だといわれています。
適度な飲酒量であればストレス解消になり、問題はありません。

しかしアルコールを大量に摂取すると、髪に必要なビタミンやアミノ酸がアルコール分解のために使われてしまうので、髪が栄養不足に陥り、パサつきの原因になります。

行き過ぎたダイエット

糖分や脂質、カロリーの高過ぎる食事は髪のパサつきを招きますが、行き過ぎたダイエットも髪のためには良くありません。

ムリなダイエットは全身が栄養不足になるので当然、頭皮や髪にまで栄養素が運ばれにくくなります。

過度なダイエットに走らなくてもよいように、普段からバランスの取れた食事を心がけましょう。

正しい頭皮ケアをして髪のパサつきを予防しましょう

髪のパサつきを治したい時は、普段の食事内容の見直しが大切ですが、もっとも理想的なのは、パサつきが起こらない髪になることです。

パサつきのないツヤのある髪は、健康な頭皮から育ちます。

日頃から正しい頭皮ケアに取り組んで、パサつきを予防していきましょう。
頭皮ケアをするには、自分の頭皮や髪に合ったシャンプーが必要です。

洗浄力が強いシャンプーは頭皮を傷めて髪のパサつきの原因になるので、洗浄力がやさしいシャンプーを使いましょう。

正しいシャンプー方法の手順は、「ブラッシング→ぬるま湯だけで洗う→シャンプーで洗う→ぬるま湯ですすぐ→ドライヤーで乾かす」です。

多くの方が濡らした髪にいきなりシャンプーをつけてしまいますが、このやり方では頭皮や髪への負担が大きくなります。

ブラッシングで浮かせた汚れをぬるま湯で洗い流してから、シャンプーを手のひらで良く泡立てて洗うのが正解です。
髪のパサつきが気になっている人は、頭皮が乾燥してフケが出ている場合があります。

フケを落とすために、頭皮を指でゴシゴシこすったり、爪を立てたりするのはやめましょう。
頭皮を洗う時は指の腹を使って、頭皮を傷つけないようにやさしく洗います。

洗い終わったらぬるま湯でしっかりすすぎ、タオルドライをしてドライヤーですぐ乾かしましょう。

(まとめ)髪のパサつきが気になってきた時は、普段の食事内容を見直してみましょう。


偏った食生活が頭皮環境を悪化させ、髪のパサつきの原因になっていることがあります。

タンパク質やビタミン、大豆イソフラボンなどの栄養素をバランス良く摂取して、パサつきのない髪を育てていきましょう。
自分の頭皮や髪質に合ったシャンプーを選び、正しい頭皮ケアを行うのも効果的です。

頭皮に負担をかけないケアを続けていくうちに、理想の髪に近づきます。