髪のパサつきを改善するといわれる食べ物は、タンパク質を含んだ食べ物です


髪のパサつきを改善するために、必ず口にしてほしい食べ物は、タンパク質を含んだ食べ物です。

なぜならタンパク質は人間の身体を構成している主な成分で、髪や皮膚・血液・爪などをつくっているからです。

髪は「ケラチン」というタンパク質からつくられており、ケラチンを構成しているのが18種類のアミノ酸になります。

その中でもっとも多いのが「シスチン」というアミノ酸で、強くしなやかな髪を育ててくれています。

シスチンは体内で生成することができないため、タンパク質を含む食べ物から補ってあげる必要があります。

髪とタンパク質、アミノ酸の関係を理解しましょう

髪のパサつきを防ぐのにもっともおすすめしたいのは、タンパク質を含む食べ物です。

タンパク質の必要性について、アミノ酸との関係を含めてお伝えしていきます。

髪をつくっている主な成分のケラチンは、髪の9割を占めるといわれています。
つまり私達の髪はほぼケラチンからつくられているといえるのです。

タンパク質を構成しているのがアミノ酸で、アミノ酸がケラチンをつくることで、髪が成長します。

豊富なタンパク質を含んだ食べ物を口にするということは、髪をつくる素を体内に取り入れているのと同じことになるのです。

髪は毛母細胞が分裂を繰り返して、角質化した細胞を毛穴から押し上げて伸びています。

タンパク質を含む食べ物をあまり食べないでいると、体内のアミノ酸が不足して、髪の成長が阻害されて、弱い髪や抜け毛が多くなります。

育毛効果のあるシャンプーなどにアミノ酸が含まれているのは、アミノ酸が髪を成長させる働きを担っているからです。

アミノ酸の中には、体内でつくることのできない「必須アミノ酸」があるため、必ず食べ物から摂取し続けなければなりません。

必須アミノ酸の含有量を示す、「アミノ酸スコア」の高い食べ物を食べるのがおすすめです。
アミノ酸スコアの高い食べ物であれば、効率的にアミノ酸を摂取できるので、髪のパサつきの防止策になるでしょう。

牛肉・豚肉・鶏肉・マグロ・アジ・イワシ・ヨーグルト・牛乳などは、アミノ酸スコアが100の食べ物です。
食卓に取り入れて、髪のパサつきを予防しましょう。

亜鉛を含む食べ物も、髪によいといわれています


タンパク質を含む食べ物と並んで髪によいといわれる食べ物が、亜鉛を含む食べ物になります。

亜鉛にはタンパク質の代謝を促し、ケラチンをつくる働きがあるからです。

体内の亜鉛が不足するとケラチンがつくられなくなるため、髪のツヤが失われて、パサつきがちな髪へと変化してしまいます。

亜鉛には髪を増やす育毛効果があるという説がありますが、亜鉛だけを摂取すれば健康な髪が生えてくるというわけではないので注意しましょう。

タンパク質などの他の栄養素とあわせて摂ることで、亜鉛は力を発揮してくれます。
亜鉛は数ある栄養素の中でも、不足しがちな栄養素として知られています。

なぜなら汗や尿に混じって排出されやすく、また乱れた食生活が亜鉛の吸収を妨げるからです。

お酒やコーヒーなどを頻繁に飲む人は、利尿作用で亜鉛が体外に出ていきやすくなっています。

また食品添加物も亜鉛の吸収率を下げるといわれているのです。
たとえば食品添加物の多いインスタント食品やレトルト食品などには、さまざまな食品添加物が使われていることがあります。

手作りの食事を口にせず、加工食品ばかり食べていると、亜鉛は失われ続け新たに摂取する機会も少なくなります。
亜鉛は、カキや牛肉・卵・納豆などの食べ物に多く含まれています。

パサつきのない髪を目指すには、ビタミンを含む食べ物も食べましょう

ビタミンを含む食べ物も、髪のパサつきをケアするためには必要不可欠な食べ物です。

美容によいことで知られるビタミンは、パサつきのないきれいな髪を育てるサポートをしてくれるといいます。

ビタミンA

ビタミンAには、頭皮の新陳代謝を促進する働きがあります。
乾燥してパサつきがちな髪に潤いを取り戻す、美髪効果を期待することができます。

ビタミンAを豊富に含む食べ物は、にんじんです。
身近な食べ物という点と、料理に使いやすいメリットを生かして、積極的に食べましょう。

ビタミンB

ビタミンBの仲間の中でもとくにビタミンB1には、髪を育てる効果があるといわれています。
さらにビタミンBには疲労回復する効果もあるといわれており、髪の大敵となるストレスに対抗する手助けをしてくれるでしょう。

豚肉はビタミンB1を含むだけでなく、豊富なタンパク質も含んでいる食べ物なので、髪のパサつきが気になる方におすすめです。

ビタミンE

ゴマやナッツ類などの食べ物に含まれているビタミンEは、髪のツヤを守り、パサつきを防いでくれる働きを持っています。

とくにゴマには高い抗酸化作用があるので、活性酸素によるダメージから髪を守ってくれるといわれているのです。

ゴマはすりつぶして食べると吸収がよいといわれているので、できればすりつぶした状態で口にしましょう。

大豆製品も健康な髪の成長に必要な食べ物です


大豆製品が髪を育てるのに必要だといわれるのは、「イソフラボン」に秘密があります。パサつきのない美しい髪には、女性ホルモンの働きが必要になります。

イソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」と似た分子構造を持ち、エストロゲンと同じような働きをしてくれると考えられているのです。
エストロゲンは髪の成長を促し、髪のボリュームを保つといわれています。

乱れがちなヘアサイクルを調整し、髪が成長する期間を維持する働きも期待されています。
血流を改善する作用もあるため、頭皮の血行を促して髪が栄養素を吸収しやすい状態にしてくれるでしょう。

女性ホルモンが一生の間に分泌される量は、わずかティースプーン1杯程度と考えられています。

加齢で減少しがちな女性ホルモンを補うのがイソフラボンの役目であり、大豆製品を食べることは髪の成長に役立つでしょう。

大豆製品には、納豆・豆腐・豆乳・油揚げ・おからなど、さまざまな形に加工された食べ物があります。
料理に使いやすく、ヘルシーな食べ物なので、ダイエットが気になる女性にもおすすめです。

他の食べ物とのバランスを考えながら、大豆製品を使ったメニューを考えてみましょう。

髪のためには食べ過ぎに注意したい食べ物があります

髪のパサつきをケアするのにおすすめの食べ物をご紹介してきましたが、食べ物の中には食べ過ぎに注意したいものがいくつかあります。

絶対に食べてはいけないわけではありませんが、食べ過ぎると頭皮環境を悪化させ、髪のパサつきを招いてしまうことがあるので、注意しましょう。

糖分が多い食べ物

糖分が多い食べ物を食べ過ぎてしまうと、身体の中で糖分がタンパク質と結びついてしまい、頭皮や血管の状態を悪化させるといわれています。

また糖分を分解するには多くのビタミンを消費するので、同時にビタミン不足の状態に陥ります。

脂質が多い食べ物

唐揚げや肉汁たっぷりのステーキなどは、お酒のおつまみとして最高の食べ物ですが、食べ過ぎて身体によいことはひとつもありません。

肉類はタンパク質を含んでいるので、ぜひ口にしてほしい食べ物ですが、食べ過ぎは血流を悪くさせたり、動脈硬化を招いたりします。

頭皮の皮脂も増えやすくなるので、頭皮環境が悪化する原因にもなります。

アルコール

もちろん、お酒の飲み過ぎも頭皮と髪のためによいことではありません。
アルコールの分解で内臓に負担がかかるため、頭皮まで栄養素が行き届かなくなり、髪が栄養不足になってパサつきが出る可能性があります。

ストレス解消のための適度な飲酒であれば問題ありません。
しかし過度の飲酒は睡眠の質を下げ、髪の成長を遅らせてしまうので、ほどほどを心がけましょう。

ストレスや生活習慣の乱れも髪のパサつきの原因になります

普段どのような食べ物を口にしているかは、髪質や髪の成長に大きく影響します。

食べ物以外での髪のパサつきを招く原因としては、強いストレスや乱れた生活習慣が挙げられます。

普段のストレス度合いや生活習慣を振り返り、髪のパサつきの原因になっていないか確認をしましょう。

喫煙

タバコは「百害あって一利なし」といわれるように、髪のためを思えばあまりおすすめできません。
ニコチンには血管を収縮させる働きがあるため、頭皮の血行が悪くなって、髪が栄養不足になる恐れがあります。

また自分自身が喫煙者ではなくても、副流煙によってタバコの害を受けてしまうこともあるのです。

髪のパサつきが気になる方は、タバコを吸う量を減らすか、喫煙所の近くをなるべく避けるようにしましょう。

運動不足

運動不足が続くと全身の血流が悪くなり、髪が頭皮から栄養素を吸収しづらくなる可能性があります。

多少のストレスであれば運動で解消できることも多いですが、普段運動をする習慣がないと、ストレスを発散する機会が少なくなります。

ストレスも頭皮環境を悪化させ、髪のパサつきの原因になります。

睡眠不足

髪をつくる毛母細胞は睡眠中に活発になるので、睡眠不足になると髪が成長する時間が確保できなくなります。

自律神経の副交感神経が働く睡眠時間は、不要な老廃物を体外に排出し、必要な栄養素を体内に取り込む時間帯でもあります。

就寝直前のスマートフォンの操作などはなるべく控えて、ぐっすりと眠れる環境を整えましょう。

(まとめ)髪のパサつきが気になる時は、普段どのような食べ物を口にしているかを、振り返ってみるとよいでしょう。


食品添加物が含まれた食べ物や、糖分や脂質が多い食べ物は食べ過ぎると、頭皮環境を悪化させて、髪のパサつきの原因になります。

髪によいといわれる、タンパク質・亜鉛・ビタミン・イソフラボンなどを食べ物からバランス良く摂取し、身体の中から整えていきましょう。
過度のストレスや乱れた生活習慣も、髪のパサつきを招くことがあります。

規則正しい生活を心がけ、適度な運動や質のよい睡眠を生活の中に組み込みましょう。