春になると髪のパサつきが起こるのは、気温の上昇や強風のためです


春になると髪のパサつきが気になるのは、暖かい日が増えて気温が上がったり、春特有の強い風が吹いたりするためです。

また冬よりも日照時間が長くなることで、紫外線が強くなるのも髪のパサつきが起こる原因となっています。

春はお肌の乾燥に悩む人が増える季節でもありますが、髪も同じように乾燥してパサつきが出やすくなります。

パサつきが起こらないための予防と、パサつきが起こってしまった後のケアをすることが、春のヘアケアには大切です。

春は気温が上昇し、髪のパサつきが起こりやすい季節になります

春は寒い冬からの季節の変わり目であるため、気候の変化から髪のパサつきを感じやすい季節だといえます。

冬から春へと季節が移り変わると気温が上昇して、日によっては少し汗ばむくらいの陽気になることもあります。

春になって気温が上がると、どうして髪のパサつきが起こるのでしょうか。
気温が上がれば汗をかく機会が増えるので、髪は潤いを保ちやすくなるのではという気がしますが、実はこの汗が髪のパサつきの原因になることがあるのです。

汗をかくと皮脂も増えるので、頭皮はベタつきが出てきたり、毛穴に汚れがたまりやすくなったりします。

頭皮を守る皮脂膜は汗と皮脂が混じり合ってできているので、汗も皮脂も頭皮には必要なものです。

しかし気温が上がって汗をかき過ぎたり、皮脂の分泌が過剰になったりすると、頭皮環境はどんどん悪くなり、頭皮の血行が阻害されて髪へ栄養が運ばれづらくなります。

頭皮から必要な栄養が送られなくなった髪はツヤを失い、パサつきのある髪へと変化してしまうのです。

手で髪を触った時にパサつきを感じるようであれば、髪が栄養不足になっている可能性があります。

頭皮のニオイやベタつき、かゆみが気になる時は、汗と皮脂の量が多くなり過ぎているので注意しましょう。

春は紫外線が急に強くなるので要注意です


紫外線といえば夏のイメージがありますが、春の紫外線にも気をつける必要があります。

季節を問わず、紫外線は一年中降り注いでいますが、春は急激に紫外線量が増える季節なので、気づかないうちに頭皮や髪はダメージを受けています。

頭皮や髪は、もっとも紫外線を浴びやすい場所です。
長い時間紫外線を浴び続けると髪のタンパク質が劣化したり、頭皮が日焼けをして乾燥したりします。

紫外線には、UVA(A波)・UVB(B波)・UVC(C波)の3種類があります。
このうちのUVCはオゾン層に吸収されるため、地表に届くことはありません。

髪のパサつきを防ぐために気をつけなければならないのは、UVAとUVBの2つです。
それぞれの特徴の違いを見ていきましょう。

UVA

太陽から届く紫外線のほとんどが、UVAだといわれています。
UVAを浴びても急激に頭皮に変化が現れることはありませんが、UVAのダメージは皮膚の奥に蓄積しやすいという特徴があります。

頭皮の奥にある真皮まで届いて頭皮のハリを失わせ、パサつきのない健康な髪が育つ環境を損ないます。

UVB

UVBは短時間で皮膚に強い刺激を与えるので、頭皮が日焼けをしたり、髪の色が抜けて退色したりすることがあります。
頭皮の炎症や色素沈着が起こるのも、UVBの影響によるものです。

太陽から届く紫外線のうち1割程度しか占めていませんが、頭皮や髪を急激に痛める原因になるので注意が必要です。
紫外線は真夏にもっとも量が多くなりますが、春頃から量が急増するといわれています。

春の強風が髪のパサつきの原因になるホコリを運んできます

春の風物詩である「春一番」に代表されるように、春は強風が吹く季節でもあります。

強風はせっかくセットしたヘアスタイルを、乱してしまうやっかいな存在ですが、髪のパサつきも春特有の強風と関係があるのです。

春の強風に乗って、さまざまな物質が飛んできては髪に付着するため、髪がパサつき始めたり、傷んだりすることがあります。

ただでさえ春は空気が乾燥していて、道端のホコリなどが舞いやすい状態です。
そこへ強風が吹くと一気にホコリが舞い上がり、髪にくっついてしまいます。
このホコリには、頭皮と髪にダメージを与える物質がたくさん含まれています。

土埃だけではなく花粉や虫の死骸などが細粒化していたり、偏西風によって運ばれた黄砂が混じっていたりします。

こうしたホコリが花粉症や鼻炎などを引き起こすことは知られていますが、実は頭皮や髪にも大きな負担となっているのです。

ホコリが頭皮の汗や皮脂に入り混じり、かゆみや炎症を起こすこともあります。

髪のキューティクルを守るケアをしましょう


髪のパサつきを改善するには、キューティクルを守るためのケアをしていきましょう。

キューティクルとは髪の表面にあたる部分のことで、毛小皮(もうしょうひ)などと呼ばれています。

外部の刺激から髪を保護し、水分やタンパク質が逃げていかないようにバリアをする働きを持っているのです。

髪のパサつきが気になる時は、このキューティクルが髪の表面からはがれ落ちて、髪の内部にあるタンパク質が失われている状態だと考えられます。

健康でツヤのある髪であれば、キューティクルは髪の根元から毛先に向かって、ウロコのように重なり合っています。

ムリなブラッシングやタオルドライなどによってはがれ落ちやすく、キューティクルがはがれると髪は傷んでパサつきが出てくるのです。

髪は表面から、キューティクル・コルテックス・メデュラの3層に分かれています。
このうち、コルテックスが髪の8割ほどを占めており、コルテックスの水分量や状態によって髪の質や手触りが変わってくるのです。

コルテックスから水分が失われると、髪のパサつきの原因になります。
パサつきをケアしていくには、髪を保護し、ダメージを修復してくれるコンディショナーやトリートメントを使うのが効果的です。

コルテックスに栄養を与え、髪の表面をコーティングして、キューティクルが傷つくのを防いでくれます。

髪がパサつきやすい春だけでなく、カラーやパーマなどで髪がパサつきがちな方も、コンディショナーやトリートメントを使ったケアを心がけましょう。

シャンプーは頭皮を洗うことを意識しましょう

シャンプーの本来の目的は、髪よりも頭皮を洗うことです。
髪を洗うつもりでシャンプーをすると、髪を洗い過ぎてしまい、髪のパサつきが起こる原因になることがあります。

また頭皮に意識が向いていないため、頭皮の汚れが充分に落とせない可能性もあるのです。
シャンプーは正しい手順に沿って行うからこそ、効果を発揮します。

間違ったやり方でシャンプーをしても、頭皮の汚れが落ちず、髪のパサつきも改善されません。
シャンプーをする際は、必ず38℃前後のぬるま湯を使うようにしましょう。

水の温度が冷た過ぎても暑過ぎても、頭皮と髪には逆効果です。
シャンプーを手に取る前にぬるま湯で頭皮全体をよく洗い、汚れをあらかた落とした後で、シャンプーを泡立てていきます。

シャンプーは頭皮の上で泡立てず、手のひらで泡立てた方が髪への負担が軽減されます。摩擦があると髪がパサつきやすくなるので、手のひらで泡立ててから頭皮に乗せるようにしましょう。

シャンプーは適量を使うようにするのも、重要なポイントです。
量が多過ぎたり、少な過ぎたりするとシャンプーの泡がしっかりと立ちません。

頭皮は指の腹を使って、泡で洗うことを意識しながらシャンプーをしましょう。
シャンプーが終わったらぬるま湯で入念にすすぎをし、ドライヤーで速やかに乾かします。

すすぎ残しは髪のパサつきの原因になりますし、自然乾燥は頭皮の雑菌を増やす行為になります。
最後に冷風で髪のキューティクルを引き締めて、仕上げとします。

ストレッチで身体を動かすのも効果的です

髪のパサつきを改善するには、ストレッチで身体を動かすのもおすすめです。
頭皮を触った時に硬い感触がするのであれば、頭皮が緊張して硬くなっている状態です。

首や肩などと同じように、頭皮もコリが生じて硬くなることがあります。
パサつきのない髪を育てるためには、カチカチに硬くなった頭皮は適した環境だとはいえません。

冬の間は寒さの影響で、身体が縮こまって硬くなりがちです。
ストレッチで身体をほぐして、頭皮の血行を良くしてパサつきのない健康な髪を育てましょう。

首回し

首のストレッチは、デスクワークが多い人にもおすすめです。
まず右回りにゆっくりと首を3回まわし、終わったら左回りに3回、ゆっくりと回します。

首回しの次は、首を曲げるストレッチです。
右側に首を傾けた状態で右手を左の側頭部に添えて、軽く押します。

同様に左側にも首を傾け、左手で右の側頭部を軽く押してください。
この簡単な動きで、首筋のストレッチになります。

肩回し

両手の指先を肩に添えた状態で、前方向へ肩をゆっくりと回しします。
目線は真っすぐにして下を向かないようにし、ひじが耳と同じ高さになるよう意識するのがコツです。

次は同じように肩をゆっくりと後ろ方向に回し、肩甲骨のストレッチをしましょう。
肩甲骨がきちんと動いていることを、確認しながら回してください。

(まとめ)春は冬に比べて気温が上がり、紫外線量も増加するため、髪のパサつきが起こりやすい季節です。


また春特有の強風が花粉や黄砂などの物質を運び、髪に付着させてパサつきの原因になることもあります。

パサつきを改善するためには、頭皮の汚れをきちんと落とし、清潔な頭皮環境を維持することが大切です。

コンディショナーやトリートメントで髪のキューティクルを守り、コルテックスに栄養を与えるのも有効といわれています。

寒い冬の間に身体は縮こまり、硬くなりがちです。
首や肩だけではなく、頭皮の筋肉にもコリが生じている時は、軽いストレッチをして頭皮と身体をほぐしてもよいでしょう。

首回しや肩回しといった単純な動きのストレッチでも、頭皮の血行を改善する効果が期待できます。
髪のパサつきを改善するケアとして、取り入れてみましょう。