更年期が髪のパサつきに関係すると考えられています


更年期の影響で、髪にパサつきが出ることがあるといわれています。
髪の成長には、女性ホルモンが関係しています。

更年期を迎えると、女性ホルモンが減少してしまい、髪のパサつきが起こりやすくなるとされているのです。

さらに更年期をすぎて閉経を迎えた後は、髪の質が低下しやすくなるので、薄毛などの症状が現れることもあります。

女性にとって更年期は、いつか必ず訪れるものです。
早いうちから更年期に備えた頭皮ケアをして、髪が育つ環境を維持していきましょう。

髪のパサつきには、更年期による女性ホルモンの減少が関係しています

更年期の影響で女性ホルモンが減少すると、髪のパサつきが気になることがあります。

人によって更年期が訪れる年齢には違いがありますが、一般的には45~55歳くらいの間に更年期を迎える人が多いといわれています。

年を重ねれば身体は次第に老化し、皮膚にはシミやシワが増えてきます。

髪も同じように少しずつ老化が進むため、パサつきが出たり、髪が細くなってボリュームが少なくなったりすることがあるのです。

更年期と呼ばれる年齢に差しかかると、髪のパサつき以外にもさまざまな体調の変化を感じることがあります。

精神神経の症状

頭痛・めまい・耳鳴り・気分の落ち込み・不安感・物忘れ・不眠・判断力や集中力の低下など。

運動器官の症状

肩コリ・腰痛・関節痛・背筋痛など。

生殖器や泌尿器の症状

月経不順・頻尿・残尿感など。

血管運動神経の症状

のぼせ・ほてり・発汗・冷え性・動悸・息切れなど。

消化器官の症状

吐き気・食欲不振・腹部膨満感・便秘・下痢など。

症状の表れ方には個人差がありますが、日本人女性に多い更年期症状は肩コリや疲労感、のぼせ、頭痛だといわれています。

更年期を迎えると、髪のパサつき以外の髪トラブルが発生しやすくなります


更年期になると身体のあちこちに不調を感じることがありますが、髪も更年期の影響による症状が出やすい場所だと考えられています。
更年期による髪のトラブルには、次のようなものがあります。

薄毛

女性ホルモンが減少する影響で、髪が細くなり、全体的にボリュームダウンしてしまいます。

頭皮の血行も悪くなるので髪が栄養を補給できなくなり、髪のツヤが失われてパサつきがちな髪となり、抜け毛も増えてきます。

白髪

髪に触れた時に表面がデコボコしている時は、髪が老化している兆しだと考えられています。

この老化現象が現れた時に適切なケアを怠ると、老化が進んで白髪になるリスクが高くなりやすいのです。

黒々とした髪の色は「メラノサイト」という細胞によってつくられています。
老化の影響でメラノサイトが減少したり、働きが弱まったりすることで、白髪になりやすくなるといわれています。

うねり

更年期になると頭皮が乾燥しやすくなるので、髪の脂質が不足することがあります。
髪の脂質が足りなくなると髪の水分バランスが崩れ、髪のうねりが出やすくなるのです。

また首や肩のコリが頭皮の血行不良を招き、髪のうねりの原因になることがあるといわれています。

女性ホルモンが女性の美と健康を司っています

女性ホルモンはすべての女性にとって、欠かせないものです。

女性の美と健康を司る存在である女性ホルモンですが、年齢を重ねて更年期が近づくにつれて、少しずつ減少していきます。

この女性ホルモンの減少が、髪のパサつきなどのトラブルを招くのです。

40歳を迎えたあたりから女性ホルモンの減少によって、体調の変化が気になり始めるといわれています。
女性ホルモンには次に挙げる、2つの種類があります。

プロゲステロン

プロゲステロンは妊娠や出産に関わる、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンです。
基礎体温が上がったり、受精卵が着床する準備を整えたりする働きを持っています。

月経前の身体の変化も、プロゲステロンの働きによるものです。

エストロゲン

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれており、女性らしい身体をつくる働きをしています。
髪や肌の潤いを守ったり、全身の健康を維持したりする役割も持っています。

自律神経に働きかけて精神の安定をはかるのも、エストロゲンの大切な仕事です。
2つの女性ホルモンのうち、髪の美しさに関わるのがエストロゲンになります。

女性が一生の間に分泌するエストロゲンの量は、わずかティースプーン1杯分ですが、どのような方法であってもエストロゲンの量を増やすことはできません。

20~30歳代にもっとも分泌量が多くなり、30歳後半から徐々に減少していくといわれています。

年齢が高くなるにつれて卵巣内の卵胞が減っていくので、女性ホルモンの分泌も減少していきます。

正しい生活習慣が女性ホルモンの減少を緩やかにするといわれています


加齢を止めることができない以上、女性ホルモンの減少を完全に食い止めることはできません。

とはいえ規則正しい生活習慣を身につければ、女性ホルモンの減少を緩やかにすることは可能です。

バランスのよい食事

栄養バランスの取れた食事は、美と健康の基本です。

髪の成分にもなるタンパク質を意識しながら、いろいろな食材をバランス良く食べましょう。

肉・魚・卵などから、動物性タンパク質・大豆製品から植物性タンパク質を摂取することができます。

よく眠る

夜更かしや浅い眠りが続くと、自律神経が乱れる原因になります。
女性ホルモンにとって睡眠不足は大敵なので、睡眠はしっかりと取るようにしましょう。

就寝直前のスマートフォンやパソコンの操作は寝つきを悪くするので、寝る前に電子機器を触るのは極力控えた方がよいです。

趣味を楽しむ

気分が高揚すると、ドーパミンという物質が分泌されます。
ドーパミンとエストロゲンには相互関係があるので、楽しい気持ちになるとエストロゲンによい影響を与えるといわれています。

これまで続けてきた趣味に没頭したり、新しいことにチャレンジしてみたりするとよいでしょう。

身体を動かす

更年期になると血行が悪くなりやすいので、身体を動かす機会をつくりましょう。
激しい運動よりも、身体をじっくりとほぐすことができるストレッチやヨガなどがおすすめです。

身体を動かすとストレスの解消にもなるので、更年期の症状が気になる方は身体を動かして気分転換をはかりましょう。

大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをします

直接的に女性ホルモンを増やす食べ物はありませんが、大豆製品に含まれる「イソフラボン」には、女性ホルモンと似た働きがあることがわかっています。

抗酸化物質のひとつで、細胞の老化を進める活性酸素を抑える働きをします。

更年期で減少する女性ホルモンの代わりになる存在として、イソフラボンは関心を集めています。
イソフラボンには、次のような効果が期待されています。

・髪のパサつきを抑え、ツヤのある髪を育てる
・頭皮や肌の新陳代謝を促進する
・月経周期を正常にする
・卵子を育てて、排卵のサポートをする
・コレステロールの増加を抑える
・自律神経のバランスを整える
・骨を強化させる

大豆製品は、納豆・豆腐・豆乳・油揚げ・がんもどきなど、種類はさまざまです。
加工方法によって何種類もの食品があるので、食べ飽きず、食卓に取り入れやすいという長所があります。

更年期に差しかかる年代の女性は、「髪の曲がり角」を迎えています。
身体の内側と外側からケアをして、髪のパサつきなどの症状に対処しましょう。

パサつきが気になる髪は、丁寧にケアしてあげましょう

髪のパサつきが気になる時は、丁寧なケアを心がけましょう。

日頃のケアの積み重ねが、パサつき知らずの髪を育てることに繋がります。

シャンプーをする前のブラッシング

シャンプーをする前に、ブラッシングをするのを習慣づけましょう。

いきなり頭皮と髪をシャンプーしても、すべての汚れを完全に落とすことはできません。

ブラッシングで髪の指通りを良くすることで、シャンプーをした時に汚れが落ちやすくなります。

丁寧なブラッシングは髪のツヤを生み、パサつきを防止してくれます。
逆にムリな力を入れたブラッシングは、髪のパサつきの原因になるので、注意しましょう。

ぬるま湯で頭皮をしっかり洗う

シャンプーを手に取る前に、ぬるま湯で頭皮をしっかりと洗うと、毛穴に詰まった汚れが洗い流されます。

頭皮と髪が充分に濡れているとシャンプーの泡立ちが良くなるので、シャンプー前の予洗いは効果的です。

たっぷりの泡でシャンプーをする

シャンプーは手のひらでしっかりと泡立ててから、頭皮に乗せましょう。
指の腹でマッサージをするように頭皮を洗い、汚れを落としながら血行を促進します。

洗いすぎは髪のパサつきの原因になるので、シャンプーは洗浄力が強すぎないものを選びましょう。

頭皮の隅々まですすぐ

すすぎ残しは頭皮トラブルを招くことがあるので、シャンプーの洗浄成分を残さないようにしっかりとすすぎます。

ぬるま湯を使って、3分くらいを目安に丁寧にすすぎをしましょう。

ドライヤーできちんと乾かす

すすぎが終わった後は、ドライヤーで頭皮と髪を速やかに乾かしていきます。

頭皮や髪を濡れたまま放置していると、髪のバリア機能が弱まって、パサつきなどのトラブルが起こりやすくなるのです。
髪を乾かす時は髪の根元から乾かしていくと、乾きが早くなります。

(まとめ)髪のパサつきが起こる原因は更年期症状の影響で、女性ホルモンが減少するためだと考えられています。


個人差はありますが、45~55歳くらいの間で更年期を迎えるといわれています。
更年期になると髪のパサつきの他に、白髪や薄毛などの髪トラブルが発生することがあるのです。

さまざまな体調の変化を感じやすくなり、頭痛やほてりなどの症状に悩む方が増えてきます。

普段から頭皮と髪を丁寧にケアし、生活習慣を整えて、更年期による髪のパサつきを防ぎましょう。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持つので、大豆製品を食べるのも効果的です。