適度なお酒は頭皮の血行促進にも効果がありそうです


お酒には血行を促進し、体を温める効果があるとされています。

アルコールが分解される過程でできるアセトアルデヒドの働きにより、血管が拡張するためです。

血管が拡張することで血流がよくなり、体全体や頭皮の血行も促進されるということです。

体の冷えや血行不良を感じやすい女性にとっては、即効性のある「温活」として効果が期待できます。

最近では、そのような女性のニーズに応えるアルコール飲料もさまざま登場しているようです。

しかし注意しなければならないのは過度の飲酒です。

女性は男性に比べてアルコールを分解する力が相対的に弱いとされています。

また生活習慣病や妊娠出産における、女性特有の飲酒のリスクもあります。

アルコール度数の高いお酒を飲んだ時は、血管の拡張も急激な分、反動による血管収縮によって逆に体が冷えてしまうこともあるようです。

「百薬の長」といわれるお酒の利点をしっかり享受するためにも、適量の飲酒を心がけ、健康を維持していきたいものです。

お酒には体を温める効果が期待できます

お酒を飲むと体が温かく感じるのは、多くの人が体験していることだと思います。

適度な量のアルコールを摂取すれば、頭皮も含めた体全体の血行促進に効果があるといえるでしょう。

頭皮の血行がよくなることで栄養が行き届き、健康な頭皮や髪を維持する助けにもなります。

最近では、女性にも飲みやすい軽めのアルコール度数で、さまざまなハーブや漢方を使ったお酒も登場しているようです。

ただアルコールの過剰摂取は逆に健康を損ねるもととなりかねません。

男性に比べて女性は、相対的にアルコールを分解する力が弱いといわれています。

個人差はあるとは思いますが、生活習慣病や妊娠出産へのリスクを減らすためにも、過度な飲酒は控え、ほどよく体が温まる程度にお酒を楽しみましょう。

ハーブや麹の力で心身ともにリラックスしましょう


一般的なお酒でも血行促進の効果はありますが、おすすめは各種ハーブを使ったリキュールなどです。

冷え改善や美肌、アンチエイジングなど、さまざまな効能があるとされる各種ハーブを使った、女性向けのお酒も登場しているようです。

女性向けに、アルコール度数を低めに作られているものもあり、ふだんあまりお酒を飲む習慣のない人にも試しやすいかもしれません。

また期待する効果や好みでハーブや果実を選び、手作りするのも楽しみの1つです。

果実酒用のホワイトリカーやブランデーなどを使う、簡単なレシピも出回っています。

ハーブや果実の香りで、血行促進とともにリラックス効果も期待できそうです。

栄養の宝庫とされる麹を使って作られる日本酒も、体を温める効果が高いとされています。

適量を守ってお酒を楽しみましょう

血行促進のためには効果的とされる飲酒ですが、適量を守ることもたいへん重要です。

厚生労働省では、節度ある適度な飲酒は1日平均純アルコールで20グラム程度とされています。

純アルコール20gとは、たとえばビール中ビン1本、日本酒1合、チュウハイ(7%)350 mL缶1本などに相当します。

さらに女性は男性に比べて、血中アルコール濃度が高くなりやすく、乳がんや胎児性アルコール症候群などを増大させる、といった特有の飲酒リスクがあるといわれています。

そのため飲酒量は一般的に男性の半分から2/3くらいにするのが安全とされており、リスクの少ない飲酒量としては、純アルコール10g程度を目安にするのが望ましいといえるでしょう。

少ないお酒でも、体を温め、頭皮の血行を改善するには十分な効果が期待できます。

量や内容を工夫しながら、お酒を楽しみましょう。

(まとめ)お酒を飲むと頭皮の血行がよくなりますか?

1. 適度なお酒は頭皮の血行促進にも効果がありそうです

血管が拡張することで血流がよくなり、体全体や頭皮の血行も促進されるようです。

しかし注意しなければならないのは過度の飲酒です。

「百薬の長」といわれるお酒の利点をしっかり享受するためにも、適量の飲酒を心がけ、健康を維持していきたいものです。

2. お酒には体を温める効果が期待できます

適度な量のアルコールを摂取すれば、頭皮も含めた体全体の血行促進に効果があるといえるでしょう。

頭皮の血行がよくなることで栄養が行き届き、健康な頭皮や髪を維持する助けにもなります。

最近では、さまざまなハーブや漢方を使ったお酒も登場しているようです。

3. ハーブや麹の力で心身ともにリラックスしましょう

冷え改善や美肌、アンチエイジングなど、さまざまな効能があるとされる各種ハーブを使った、女性向けのお酒も登場しているようです。

ハーブや果実の香りで、血行促進とともにリラックス効果も期待できそうです。

栄養の宝庫とされる麹を使って作られる日本酒も、体を温める効果が高いとされています。

4. 適量を守ってお酒を楽しみましょう

飲酒の適量を守ることもたいへん需要です。

女性は男性に比べて、血中アルコール濃度が高くなりやすい、乳がんや胎児性アルコール症候群などを増大させる、といった特有の飲酒リスクがあるといわれています。

リスクの少ない飲酒量としては、純アルコール10g程度を目安にするのが望ましいといえるでしょう。