眼精疲労の解消は、頭皮の血行改善に役立ちます


現代人は、スマホやパソコンの使用によって、目を使いすぎている傾向にあります。

そのため目の疲れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

単なる目の疲れだと思って放置していると、さらに深刻化し、眼精疲労になります。

少し目が疲れただけであれば、休憩や睡眠をとることで回復しますが、眼精疲労となるとなかなか改善しません。

ときには、肩こり・頭痛・吐き気・軽いうつ症状といった全身症状へとつながります。

これは目の疲れが蓄積されることで、目の周りの筋肉がこり、さらにそれが全身の筋肉にも影響を与え、血行不良を引き起こすためだと考えられています。

血行不良が起こると、頭皮への血流も妨げられ、育毛環境が悪くなっている可能性があるのです。

反対に眼精疲労を改善できれば、頭皮の血行も回復する可能性があるといえるでしょう。

もし目が疲れているなと感じたら、適切な対策をとり、眼精疲労を解消しましょう。

また普段から目の疲れを蓄積させないことも大切です。

眼精疲労により肩や首がこり、頭皮にも影響を与えます

眼精疲労は、目がショボショボする、かすむ、目の奥が痛くなるといった目の症状だけではありません。

肩こりや頭痛、吐き気やイライラといった全身症状も現れます。

これは、眼精疲労によって目の周りにある筋肉が硬く、こった状態になるためです。

たとえばパソコンの画面をじっと見続けていると、目の周りの筋肉は緊張した状態になります。

そんな状態が長く続くと、筋肉が疲れて硬くなってしまうのです。

眼精疲労により目の周りの筋肉が硬くなると、その影響から肩や首の筋肉も硬くなり、血行不良になると考えられています。

首や肩の血行が悪くなると、そこから続く頭皮への血流も阻害され、血行が悪くなる可能性があるので注意しなければなりません。

眼精疲労の解消方法


育毛環境を改善させるためにも、眼精疲労をしっかりケアしましょう。

目薬

眼精疲労には特効薬があるわけではありません。

しかしビタミンが配合された点眼薬が有効であると考えられています。

また眼精疲労が原因でドライアイになったり、反対にドライアイが原因で眼精疲労になったりするので、潤いを補給するという意味でも、大切なケアだといえるでしょう。

ホットアイマスクやツボ押し

眼精疲労になっているときは、目の周りの筋肉が緊張し、血行が悪くなっています。

そのため目の周りを温めたり、ツボを刺激したりして、緊張をほぐし、血行をよくしてあげましょう。

ツボを押すなら、目頭にあるくぼみにある「睛明(せいめい)」というツボを押すのがおすすめです。

眼科を受診する

改善策を試してみても回復が見られない場合は、目の病気や視力の問題などが原因で眼精疲労になっている可能性があります。

一度、眼科医に相談し、原因を特定するようにしましょう。

目の疲れを溜めないよう工夫しましょう

眼精疲労は、目を酷使すれば何度でも繰り返します。

眼精疲労を繰り返さないためにも、あらかじめ予防策を覚えておきましょう。

長時間、パソコンやスマホを見ない

完全にパソコンやスマホを使わないという生活は難しいでしょう。

しかし目を使いすぎないように適度に目を休ませることはできます。

1時間に1回程度、目を閉じたり、遠くを眺めたりして目を休めましょう。

十分な睡眠時間を確保する

目を完全に休めるためには、しっかりと睡眠をとることが大切です。

寝ている間は筋肉がリラックスし、目の周りの緊張を緩めます。

また寝ている間は、眼球が上を向き光の刺激を受けにくくなります。

すると眼球をリラックスさせることができるのです。

このようにしっかりと睡眠をとることは、眼精疲労の予防につながります。

(まとめ)眼精疲労を解消すれば、頭皮の血行改善につながりますか?

1. 眼精疲労の解消は、頭皮の血行改善に役立ちます

目の疲れを放っておくと、眼精疲労となり、なかなか改善しない場合があります。

眼精疲労になると、目の症状だけでなく、肩こり・頭痛・吐き気・ときには軽いうつ症状といった全身症状へとつながることも。

頭皮の血行も阻害する恐れもあるので、適切な対策で改善を目指しましょう。

2. 眼精疲労により肩や首がこり、頭皮にも影響を与えます

眼精疲労になると目の症状に加え、肩こり・頭痛・吐き気・イライラといった全身症状も現れます。

これは目の筋肉のこりが全身に影響を与え、血行不良になっているからだと考えられています。

首や肩、目の周りが血行不良だと、頭皮の血行にも悪影響を与える可能性が高いのです。

3. 眼精疲労の解消方法

眼精疲労には、ビタミン剤を配合した目薬が効果的だといわれています。

また眼精疲労によるドライアイの緩和にも一役買ってくれることでしょう。

さらにホットアイマスクやツボ押しなどで、目の周りの筋肉をほぐし、血行を促すことも眼精疲労解消に効果が期待できます。

4. 目の疲れを溜めないよう工夫しましょう

眼精疲労を繰り返さないためにも、普段から目の疲れを溜めないことが大切です。

長時間のパソコンやスマホの使用は控えましょう。

使用しなければならない場合は、1時間おきに休憩をとり、目を休ませるようにしてください。

十分な睡眠で目を完全に休ませることも重要です。