頭皮を温めると、血行促進につながります


育毛のためには、頭皮の血行をよくしておく必要があります。

とはいえ具体的にどうすればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、頭皮の血行を促進するのに効果的な方法を紹介します。

その方法とは、頭皮を温めるということです。

頭皮を温めると、血管が広がります。

すると血液がスムーズに流れるようになるのです。

頭皮の血行をよくすることができれば、育毛環境が整い、健康な髪が生えやすくなります。

今回紹介するのは簡単な方法ばかりなので、頭皮の血行をよくしたいと考えている方、育毛環境を整えたいと思っている方は、ぜひ今夜から実践してみてください。

蒸しタオルやシャワーで、簡単に頭皮を温められます

頭皮の血行を促進するには、頭皮を直接、温めるのが効果的です。

具体的には蒸しタオルやシャワーを使用して温めます。

蒸しタオルで頭を包み込んで温める

蒸しタオルは、温かいお湯に浸してから絞ったり、電子レンジを使用して1分ほど温めたりすれば、簡単に作ることができます。

そして作った蒸しタオルを頭に巻いて、頭皮を直接温めましょう。

蒸しタオルをつくるという手間はかかりますが、あとはただ巻いておくだけで、じんわりと頭皮を温めることができます。

シャワーをかけ流し、頭皮を温める

温かいシャワーを頭皮にあてれば、簡単に頭皮を温めることができます。

この方法なら、事前準備は必要ありませんし、入浴中に実践できるというメリットがあります。

少し時間はかかりますが、じっくりとお湯を流して、頭皮を温めましょう。

デスクワーク中心の方は、湯船に浸かって全身を温めて


運動習慣がない方、デスクワークなどで同じ姿勢のままでいることが多い方は、湯船に浸かって全身を温めましょう。

普段あまり体を動かさない生活を送っていると、頭皮だけでなく全身の血行が悪くなっている可能性があるからです。

全体的に血行が悪くなっていると、頭皮だけ温めても、効果が半減してしまいます。

血管は全身に張り巡らされているものなので、どこかで滞ってしまうと、他の部分にも血液が流れづらくなってしまうためです。

また長時間デスクワークをしていると肩や首が凝っていたり、腰回りが凝っていたりする可能性もあります。

筋肉が緊張状態になっていると、血管が収縮して血液が流れにくくなります。

とくに首は頭皮へと血管がつながっている部分で、ここが凝っていると、頭皮を温めるだけでは思ったほど血液が流れません。

デスクワーク中心の方や、運動をする機会が少ない方は、湯船に浸かって体全体を温め、筋肉をほぐして血行を改善するのが先決です。

温めるときは、高温になりすぎないように注意しましょう

頭皮を温めれば血行促進に効果的です。

しかしあまりにも高温で温めすぎると、頭皮にダメージを与える危険性があります。

やけどに注意しましょう

高温の蒸しタオルや熱すぎるお湯で頭皮を温めようとすると、頭皮を傷つける可能性があります。

ひどい場合には、やけどになり、髪の毛が生えなくなる恐れも。

温度が高くなりすぎないように注意してください。

必要な皮脂まで流してしまわないように気をつけましょう

とくにシャワーで頭皮を温める場合には、40度より高くならないように温度設定をしてください。

というのも40度以上のお湯を長時間かけ流すと、頭皮の潤いを保つのに必要な皮脂が流れ落ちてしまうことも。

皮脂がなくなってしまうと、頭皮の潤いが保てなくなり、乾燥を招きます。

せっかく血行がよくなっても、頭皮が乾燥すると頭皮トラブルにつながってしまうので、シャワーの温度が高くなりすぎないように気をつけましょう。

(まとめ)頭皮の血行を促進するには、温めるのが効果的?

1. 頭皮を温めると、血行促進につながります

育毛のためには、血行をよくすることが大切です。

血行を改善するのに効果的な方法の一つが、頭皮を温めることです。

頭皮を温めると、血管が広がり、血液の流れがよくなります。

今夜からできる簡単な方法なので、育毛環境を整えたいと思っている方は実践してみましょう。

2. 蒸しタオルやシャワーで、簡単に頭皮を温められます

頭皮を温めるには、蒸しタオルや温かいシャワーを使用すれば簡単です。

蒸しタオルは、お湯に浸して絞ったり、レンジで温めたりすればつくれます。

あとはつくった蒸しタオルを頭に巻くだけです。

また入浴中に温かいシャワーを頭皮にあてるのも効果的です。

3. デスクワーク中心の方は、湯船に浸かって全身を温めて

座りっぱなしのデスクワークが多い方や運動習慣のない方は、全身の血行が悪くなっている可能性があります。

また肩や首、腰などが凝り固まっていることも少なくありません。

全身の血行が悪いと頭皮だけのケアでは十分な効果を発揮できませんので、湯船に浸かって全身を温め、体全体の血行改善に努めましょう。

4. 温めるときは、高温になりすぎないように注意しましょう

頭皮を温めたいからといって、高温すぎると頭皮にダメージを与える恐れがあります。

やけどをしてしまうほど高い温度で温めないように気をつけましょう。

シャワーを使用して温める際、熱すぎるお湯を使うと、皮脂が流れて乾燥を招くこともあるので注意が必要です。